FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

明るく振る舞う流歌。

  1. 2019/11/17(日) 06:16:46_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そして、巽、
「んじゃ…。ここからは俺…。」

翠、
「うん。私も…。私…こっちみたい…。」

…と、ふたりともに、離れると…。

翠から先に、
「あ~~。」

そして巽も、
「あっお~~、みど…。」

お互いがお互いに振り返って、そして、お互いがお互いに、スマホを前に…。

翠、
「ユウマ、忘れて…。」

巽、
「あのさ。みどの…???」

そしてふたりともに、
「えっ…???」

巽、
「かかかか。」

翠、
「ぷっ。」

そして、巽、
「うん、ありがと。」

翠、
「サンキュ~~。」




数分後、事務の女性から総合デパート、ロンドの企画開発室主任の草島流歌(くさじまるか)に案内される翠。

「初めまして~~。お待ちしておりました~~。企画開発室主任を任されている、草島流歌と申します。」
丁寧に翠に挨拶する流歌。翠より早く名刺を差し出して。

翠、
「こちらこそ、初めまして~。株式会社アンジェリーナ、ジェシカの逢坂翠と申します。よろしくお願いします。」
流歌に応えるように名刺を差し出す翠。

流歌、
「ありがとうございます。嬉しいです。や~~っと、お目に掛かれました~~。今後とも、よろしくお願いします~~。」
明るく振る舞う流歌。
「ん~~。想像してた通り、素敵な方~~。」

翠、流歌のあまりにも気さくで明るい雰囲気に、
「あ…は…。…ありがとうございます。こちらこそ、今後もよろしくお願いします。」

そして周囲の社員にも翠を紹介する流歌。
20数名いる社員が、一斉に椅子から立ち上がり、翠に一礼をして、
あちらこちらから、「いらっしゃいませ~~。」の声。

その瞬間、翠、頭の中で、
「…わお。凄い。さすがだわ~~。」
そしてすぐさま翠の頭の中に甦る数分前。
ロンドに入ったときから、会う人会う人、とにかく丁寧に挨拶をして…。
しかも、途中で通ってきた部署の社員すら、机に向かっているにしても、
笑顔でお辞儀をするか、元気に、「いらっしゃいませ~。」の挨拶だったのだ。

そして企画開発室の社員たちから歓迎された瞬間に、幾らか鼓動が高鳴ったと同時に、
ある種の感謝の気持ちが、目に表れて、人には気づかれないようにも、
僅かに目を潤ませた翠。
「…私たちなんて、まだまだだよ。これ見ちゃったら…。」

「逢坂さん。それじゃ、こちら。どうぞ。」
流歌、嬉しそうに翠に声をかけて右手を差し出す。
「室長に…ご案内します。」

翠、
「はい。ありがとうございます。」
そして社員たちにお辞儀をしながら歩き出す翠。

フロアの端の方にガラス張りの部屋がある。
その部屋に向かって歩く流歌と翠。…ではあるが、そのガラス張りの部屋の中…。
机と椅子は見えるのだが…。

その瞬間、流歌、
「…???」
頭を傾げながら急ぎ足で、そして、ドアをコンコン。
「室長…失礼します。」
と、ドアを開けた瞬間。目の前に飛び込んできた光景に…、流歌、
「室…長~~。な~にをやってるんですか~~。」

流歌の後ろで翠、
「…???」

机の傍で、フロアに四つん這いになって、ティッシュペーパーで、カーペットを拭いている格好。
「あ~~。流歌。ははははは。ごめん、すまんすまん。コーヒー、ぶちまけちゃって…。かかかか。」

流歌、
「ま~~ったく、もう~~。」

翠、
「…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




コーデュロイ ジャケット レディース トップス シャツ オーバーシャツ ビッグシャツ コーデュロイシャツ ドロップショルダー オーバーサイズ 大きめ カジュアル アウター 秋冬 シャツジャケット 秋 冬 グレー ネイビー アイボリー clf-157【P】≪11月下旬予約≫


コーデュロイ ジャケット レディース トップス シャツ オーバーシャツ コーデュロイシャツ ドロップショルダー オーバーサイズ 大きめ カジュアル アウター 秋冬 シャツジャケット 秋 冬 ベージュ ピンク おしゃれ clf-147【P】



楽天ブログ



スポンサーサイト




「…って言うか、焼き鳥…食べて行かなかったの…???」

  1. 2019/11/16(土) 11:22:53_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「だから…、絃が起こしてくれたんだ。」
思い出して翠。

「お店の人に…、女の人に…。」
巽。

翠、
「ありがとうございました。」
お腹の前に両手を据えて、丁寧にお辞儀。
「…って言うか、焼き鳥…食べて行かなかったの…???」

その翠の声に巽、
「食べれる訳ないでしょ。なんで、玄関にみどを…???…なんて聞かれちゃ、ちょっと…。説明…しにくいよ。そんないきなり。」

その巽の声に、少し照れたように翠、
「まっ、かかかか…。そう…なるか…。」

「…けど、良い匂い、させてたね~。お店の中…。」
「へへ。でしょう~~。」

「うん。結構…お客さんも…入ってたし。」
「お~~。さすが…見るところは…見てますね~~。」

「いやいやいやいや。…お陰…様で…。」
「…で…???今日、名古屋って、ユウマ…???」

「あ~~、うん。接遇のセミナーでね。」
「接遇…。」

「ふん。ほら、仕事柄、相手はお客様。接待業でしょ。」

翠、
「あ~~うん。な~るほど…。」

「…っと…。どこでだっけ…???」
バッグからクリアファイルを出して…。
「名古屋…マリオネット、アソシエホテル…。」

翠、
「ふ~~ん。」

巽、
「駅のすぐそば…。」

「ふ~~ん。駅の…すぐ…そば…。ふんふん。…。ふん…???」

巽…、
「ふん…???どしたの…???」

翠、
「ちょ…、ちょっ…それ…見せて。」

巽、
「うん。」
翠に接遇セミナーの案内の書面が入ったクリアファイルを渡して…。

翠、
「愛知県…名古屋市…**区、*駅…1-1-4…。」
そこまで、開催場所の住所を見て、読んで、
「えっ…???1-1-4…???ここって…。ねぇ、ユウマ…。ここって確か、名古屋駅の駅ビル、セントラルタワーズだよね…???」

その声に巽、
「うん。店長から駅ビルの中にあるホテルだからって…言われてる。だから、敢えて調べてないけど…。セミナーは、そのホテルのレストランで…なんだ。」

翠、
「おっとっと~~。え~え~え~。」
今度は自分のバッグから一枚の書面を出して。
薫郎から渡されたロンドの企画開発室長の寺崎、そして主任の草島の名刺のコピーを見て、
「え~~~。同じ…住所。」

その声に巽、
「えっ!!!」

翠、すかさずスマホの電源を入れて、
「すんごい偶然…。ユウマ…、ほら。ユウマの行くとこ、そして私の行くとこ…、同じ住所。」
そしてスマホで検索すると…。
「わお。ほらほら。ここが私の行く、ロンド。そしてここがユウマの行くマリオネット、アソシエホテル。」

翠のスマホの画面を見て巽、
「え~~~。おんなじ場所じゃん。」

翠、笑顔で、
「うんうん。そうそう。」

「かかかか。不思議なもんだよな~~。」

翠、
「ん~~~。ははは。」




そして、名古屋駅の構内を歩きながら…。

「へぇ~~。ここが…、ロンド…かぁ。ふ~~ん。素敵なとこ。うん。」
翠。

「うんうん。俺も初めて。凄ぇよ。ここ。」
巽。


「東京の場合は…、まぁ…、結構見慣れてるから…。…でも、違う場所だと…、また、スケール違うよね~~。」
歩きながら翠。

店内に入って、必然的にふたり歩きながら…。
そして、エレベーターで、次のフロア、次のフロアへと…。

翠、そして巽、ふたり共に、目を見合わせて、
「いいじゃん、いいじゃん。ねぇ~~。」

そして、ふたり同時に、
「かかかかかか。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。





【メール便限定!送料無料】あぜ編みタートルネックワンピース 秋 冬服 秋冬 ミディアム リブニット ワンピース ゆったり レディース フリーサイズ M L


送料無料 裏起毛 タートルネック ワンピース レディース 秋冬 ブラック グレー カーキ ネイビ M L ≪ゆうメール便配送30・代引不可≫



楽天ブログ




「こないだ、ありがと。私…眠ってて…。」

  1. 2019/11/15(金) 06:02:02_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
巽、
「ふ~~ん。名古屋のロンドに…。うん。ゆずから聞いてる。そっか。…んで…、ゆずが、仙台のフレバー担当に…。」

翠、
「うん。ゆず、大出世だよ。まだ、入社して浅いのに…。」

「うん。勉強しているみたい…。」
「あっ、ユウマ…。」

「うん…???」
「こないだ、ありがと。私…眠ってて…。」

「…???…あぁ~~。」

「家まで…。」
少し赤くなって。

巽、
「ふん。無事に…送り届けさせて頂きました~~。」

翠、体を右に向いて、丁寧にお辞儀をして、
「ありがとう。」

巽、いきなり左手をひらひらとさせて、
「いやいやいや。」
そして、
「それにしても…。」

翠、
「ふん…???」

「みどって、凄いね…。」
「凄い…???」

「まさか…、あの状態で…、眠れる…とは…。」

その声に翠、思わず顔を赤くして、目の前で両手を合わせて、
「ほん~~と、ごめん。」

巽、
「かかかか。」

「私…、玄関で、店の子に起こされて、初めて家に着いたって分かったの。」
「うんうん、分かる分かる。タクシーの中でも全然起きなかったから。」

「へっ…???あそこから…タクシーで…???ごめ~~ん。ねね、幾らだった、タクシー代…???」
すぐにバッグから財布を…。

けれども、その手を制して巽、
「いいよ。」

翠、
「えっ…???…でも…???」

巽、
「いいって。」

「ユウマ…。」
「久しぶりに…みどだって、分かって、みどと話しできた。そして、みどの傍にいられた。」

「ユウマ…。」
「なんだか…、懐かしくってねぇ~~。」

「ユウマ…。」
「…だから、あんな気分に浸らせてくれて、ありがとう代。はははは。」
「ありがとう…代…???」

「うん。…そして、あのみどが、今、しっかりとバリバリに仕事してる、嬉しくってさ。」
「ユウマ…。」

「あ~~~。それと~~。」

翠、
「へっ…???」

「ご心配なく、よだれ…、垂れてなかったから…。」

その途端、目を細めて巽を睨みつける翠、そして肘掛に置いてある巽の左手をまたペン。
「今…、なんか…言った~~???」

巽、いきなり窓際に、
「いえいえいえいえ。別に…。」

翠、顔をツ~~ンと、左側に。

「はい。はいはいはい。俺が悪かった。はい。反省する。」
左肘掛けを両手で握って。

翠、体をのけ反らせ、左手の平に左頬を載せたように。
その時、体が少し、右に流れた意識…。
翠、
「あっ、動いた…。」
その途端、シートに落ち着き直して…。
「…という事は…。今日のウチへのデリバリー。ユウマがここにいるって事は…。…ん…???」
隣の巽に向いて翠。

「…多分…。蓼科(たてしな)君…、かな…???」
「蓼科君…???」

「…って事は、もしかして…みど…、まだ、見た事ないか…???」

「…う~~。うん。ない…かも…。…って言うか…。デリバリーで知っているのは…、ユウマか…。あの…、ウェイトレスの女性の人…???」
「あ~~。柴乃さん。一番のベテラン店員。」

その声に翠、
「へぇ~~。そうなんだ。ふんふん。」

「そういえば、焼き鳥雅楽、初めて入ったよ。」
「へっ…???」

「いや。だって、みどを玄関に…。…で、そのまま帰れる訳、ないじゃん。家の人に…、何かあったかって…思われちゃう。」

翠、
「あ~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。





ワイドパンツ レディース 大きいサイズ きれいめ 秋 レディース ボトムス パンツ ボトムス ウエストゴム ハイウエスト ストレッチ センタープレス 体型カバー ロング丈 ボタン オフィス フレアパンツ 軽量 コーデ ガウチョ かわいい タウン 秋 冬 春 夏 ゆったり 30代 40代


バックウエストゴム★ハイウエストベルト付きワイドパンツ レディース ボトムス ワイドパンツ 秋冬 きれいめ ハイウエスト ガウチョパンツ スカーチョ スカンツ ベルト付き センタープレス おしゃれ 大人 白 グレー 起毛 [M2288]【入荷済】



楽天ブログ




橙、「でも…、あの時は…ありがと。重かったでしょ。」

  1. 2019/11/14(木) 17:47:47_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
薫郎、
「はは。ゆず、なんだか…田島川社長と専務に、気に入られたみたいだからね~~。」

橙、そんな薫郎の声に赤くなって…。

「でも…、もう…あんなに緊張する事も…ないかも…な。」

他の営業スタッフは電話をしている。

橙、薫郎の声に、思わず、顔をクシャリとして、
「ぶ~~。」

薫郎、
「ははは。」

橙、
「でも…、あの時は…ありがと。重かったでしょ。」

そんな橙に薫郎、目を真ん丸にして首を傾げ、口を真一文字に、
「ん~~???」

「もう~~、杉浦先輩っ!!!」
「かかかかか。」





そして…。
「…んじゃ、行ってくる。ロンドのみなさんによろしく。」
ドアの傍で靴を履きながら薫郎。

「う~~ん、行ってらっしゃい、私も…もうすぐで…出掛ける~~。」



大凡20分後、翠、
「雅樂じぃ、じゃ、行ってくるね~~。」

歯磨きをしながら雅樂、
「おぅ~~。あれ…???いつもより…遅いんじゃ…???」

「うん。今日は出張、名古屋まで~~。」

「おぅ~~。そっか…。かかか。」
頷きながら、
「行っといで~~。」
うがいをして雅樂、
「あいつ、この前…どうしたんでぃ。」

絃から裏の玄関で柱に凭れて眠っていたと聞いていた。

「全く分からねぇ。」




時計を見ながら翠、
「9時…47分…。のぞみ…315号…。はいはい。」
新幹線に乗り込みながら…。チケットを見て…、
「え…と…。」

まばらに席は空いている。

チケットの座席番号を見ながら、荷棚の座席番号を…。
「8E…、8E…。…と、ここだ…。あの…、すみま…。」
手前に座っている男性を見て、
「えっ!!!」

男性も雑誌を見ている目を左上に向けて、
「えっ!!!」

翠、いきなり自分の目に飛び込んできたひとりの男性の顔を見て、
いきなり目を閉じて、胸に手をやり、言葉を詰まらす。

男性、目をまん丸く、いきなり、
「え~~~~~!!!」

翠、いきなりストンと、腰を落とす。そのまま顔を伏せて。

男性、そのまま口を閉じたままで、左で体を丸くして顔を伏せている女性を見て、体を震わす、
それも可笑しがって。
「ぷぷぷぷ。くくくくく。」

翠も次第に体を震わせて、
「ぷぷぷぷ。くくくく。」

男性、今度は雑誌に顔を渦ませて、
「かかかかかかかか。」

翠、ようやく、座席の肘掛に左手をトン。
「ちょっと~~~。」

男性今度は雑誌を顔に埋めたままで、シートの背もたれに、ドン。
「かかかかかか。」

翠、ようやく立ち上がって、
「ん…もぅ~~~。び~~っくり~~。何、この偶然…。」

男性、ようやく雑誌から顔を出して、
「かかかか。それはこっちのセリフ~~。いやいやいや。びっくり。何…、仕事…???」

翠、
「うん。名古屋…出張~~。」

その声に男性、また目をパチクリ、
「はい…???」

翠、口を尖らせて、
「ふん…???」

男性、
「マジで…???…って言うか…。」
いきなり右肘掛を上に、体を窓際にずらせて、
「あっ、窓際の方が…???」

翠、
「ううん…。別に…2時間弱だもん。」
座席に収まって。左肘を左肘掛に…。そして左手を額に、
「もぅ~~。びっくりした~~。」

男性、
「ねぇ~~。」

翠、右肘掛に載せている男性の左手をペン、
「ユウマ~~。もぅ~~。」

巽、
「かかかかか。おはよう~~何々、こっちがびっくりだよ。まさかみどが乗ってるなんて…。」

「ねぇ~~。思わないよね~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【50%OFF】ニットロングカーディガン【anap mimpi アナップ ロングカーディガン 薄手 レディース ニットカーディガン ロングカーデ ロングガウン カーディガン ニット カーデ ガウン ライトアウター 羽織 青 グリーン ブルー ベージュ 秋物 秋冬 アナップミンピ】


リバーシブルポンチョ フリンジ ストール レディース ニット カーディガン 羽織り 膝掛け 大判ストール ポンチョ 大判 ストール 授乳ケープ 出産祝 マタニティ プレゼント ギフト 【宅配便発送】



楽天ブログ




「…ユウマに…聞かなきゃ、夕べの事…。」

  1. 2019/11/13(水) 06:19:33_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
尋音、
「あ~~ん。私も行きたかった~~。凄かったでしょ、今人気だから~~。」

翠、意外とタンパクに、
「うん。良かった。」

万美、
「ランウェイ。結婚式場のガーデン。完璧なるライトアップ。そして、新作尽くし。いいよね~~。」

翠、
「万…、あんた、昨日…コレクションに…来てた…???良く知ってるね~~。」

万美、
「いやいやいや。コバちゃんにちょっと…ね~~。聞いちゃった~~。」

「ふんふんふん。」
そして、頭の中で…、
「…ユウマに…聞かなきゃ、夕べの事…。」

飛香、
「それにしても、凄いですよね、ゆずさん。」
いきなり。

橙、
「へっ…???」

「だって、ゆずさんのデザイン…商品化するって…。」

尋音、
「うんうんうん。そうなの、そうなの、凄いよ~~この子~~。いつかしら…、私らに追いつくね~~。キャッハハハハ。」

「お~~い。尋~~。それ言ったら、コバちゃん、泣くよ~~。」
翠。

万美、
「かかかか。泣いた顔が想像つくよ。」

橙、照れながら、
「ありがと。」
語尾を強調して…。
そして自分のデザインの事が話題となり、橙、何かしら、ますます赤くなって。

万美、
「はぁ…???ゆず、何、そんなに照れてる…???」

そんな万美の声に橙、
「えっ…、えへへへへ…。そんな…私、照れてる…???」

4人が4人共に、頭をコクリ、
「うん。」

橙、
「あはははは。やだ、私…。」

翠、万美、変顔をして、
「何が…どうした…???おぃ。」

つまりは、仙台からの帰りの薫郎の背中に負ぶさった事を思い出していた。

そして、翠は翠で、頭の中で、
「…はて…、どうする…???ユウマに…連絡したい…けど…。」
ルッポラの電話番号は分かる。けれども、巽の連絡先が…分からない。





店の裏側のドアを開けて巽、
「今戻りました~~。」

柴乃、
「お帰り~~。お疲れ~~。」

バッグを所定に位置に戻す巽。

柴乃、
「巽~~。帰ったら、店長、話あるから部屋までお願いって。」

巽、
「あ~~。はい、分かりました~~。」


そして巽、部屋のドアをノックして…。

珂帆、
「はい、お疲れ、巽。」

巽、
「お疲れ様です。何か…???」

「うん。別に大した事でもないんだけど…。」
「はい。」

「来週の火曜日、名古屋に行ってくれない…???」

巽、
「はい…???名古屋…???」

「うん。名古屋で開かれる接遇マナーセミナーに参加して欲しいのよ。本店からの指示、各店1名ずつ。その日、巽、休みなんだけど…。しかも…、制限にマッチングするの…巽しか…いないのよ…。」
「あ~~、はい…。わかり…ました…。接遇マナー…ですか…。」

「あなたの場合…、逆に指導する…側で、申し訳ないんだけど…。うちの店舗で、スタッフいません。なんて言えないから…。」
「はははは。はい。大丈夫です。いいですよ、僕。分かりました。」

「ありがとう~~。た~すかった~~。」




そして、こちらでは…。

「杉浦先輩。」
橙。いきなり薫郎の席に。

薫郎、
「はい…???ぷっ。どしたの、ゆず~~。」

橙、何かしら、緊張して、
「あ…、あの…、フレバーの時は…お世話になりました。」

薫郎、可笑しがって、
「あ…、あぁ…。うん。」

「…で、その…、フレバーの担当…。」
「うん。企画開発から、ゆず…担当だって。」

「はい。よろしくお願いします。」
「かかかか。な~~に、そんなに硬くなってんだよ~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




ドルマンスリーブ ニット プルオーバー【メール便送料無料】レディース トップス カットソー ニットソー


ドルマンスリーブ  ニットプルオーバー カットソー ニットソー  モコモコ レディース



楽天ブログ




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30