FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

印象…

  1. 2014/07/31(木) 08:26:26_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
「…同じ40代後半。私には家族がいる。弘美にも、そういう生活を味あわせてあげたい…。」

実際、女性が男性に一瞬でも会い、
その時の一瞬でも感じた印象で、出会いに繋がり、
恋に、愛に進むと言う事は道理である。

運命的な出会いとでも言うべきか…。
それが今、弘美にも起っている。

この5年間に、一度も男性との接触を持つこともなく、
それどころか、男性との接触すら、
向こうから訪れた事もなかったのだ。

それが不運にも、5年ともいうべき、
女性としては…女を装いたくとも、
それを…淫ら…と言う表現で片付けてしまうと言う、
影の印象も植えつけるには相応しい年齢に近い。

だからこそ、弘美は、そんな年齢を…、意識をしながらも、
敢えて、凛として「負けない女」として、
異性を寄せ付けないと言う振る舞いに徹してしたのである。

ある側面では、そんな弘美に、訪れるはずの…、
運命的な異性との出会いすらなかったのである。

そして…決定的なのは、哲也に近い男性に巡り合う事が…。


※※※※※※※※※※※※※

   




スポンサーサイト




記憶とは…

  1. 2014/07/30(水) 18:41:14_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
既に忘れてしまった過去の記憶…。
そんなものなど、人として有り得るはずのない事…、
そんな事は弘美にしろ、裕子にしろ、
分かり切った事なのであった。

過去が最愛の人の思い出で満ちているからこそ、
それが逆に、自分にとっては掛け替えのない記録として、
残っているものなのである。
そして、残って行くものなのである。

ただ…、その記憶としての思いでも…、
いつしか、訪れる男と女の様々な出来事によって、
塗り替えられると言う事は、事実あるのだと、
弘美と裕子、それぞれが、承知していたことなのだった。

だからこそ、弘美にしても、裕子にしても、
あの時の偶然の出会いと言うものを、
単なるエピソードとしては、終わらせたくない。
と言う、思いが二人の素直な感情になっているのだった。

「杏子ちゃん…ランドセル…どうだった…???」
「弘美…!」


裕子は考えている様子だった。
確かに…歳の差はあるかも知れない…。


※※※※※※※※※※※※※

   





思ったとおり…

  1. 2014/07/29(火) 18:51:54_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
 「やっぱり…そうだったか…。」
「実はね…。」

「家に入ってきて、台所に来たあんたの匂いに…アレ…???って思ったもの…。」
「さすがお姉ェ、気付いてた???」

「あんたと何年付き合ってると思ってんのよ~!」
「でもね…分かんない…正直。何をどうすれば良いのか…???たった2回よ、逢ったの…。しかも、名前を知ったの、ついこの間…。」

裕子と弘美の行きつけのお店で裕子はカクテルを、
弘美はサワーを飲みながら、
裕子は弘美に先日の事を訪ねていた。

酒が飲めない弘美だが、
軽めのものならば付き合い程度には受け入れていた。

「歳の差…か…???あんまり関係のない話だわね。」
「…ん…???」

「場合によっては、その時の印象次第で…、自分の親とも同じくらいの異性と…、な~んて事も有り得る…。そんな世の中だからさ…。でもさ…何とも…哲也さんに似てたよね…彼…。」
「…ん…???…うん。」


※※※※※※※※※※※※※

   





誕生日プレゼント

  1. 2014/07/28(月) 06:06:15_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
けれどもどこかで…「あの人…どこか哲也さんに…。」
と言う印象を、裕子自身も受けたのは確かだった。

リビングでは誕生日プレゼントの玩具で、
杏子と友達の静香ちゃんが遊んでいる。
その脇で徹と静香ちゃんの両親が楽しく会話している。

やがて会もお開きとなり、友達が帰った途端に、
杏子は玩具を抱えながら父親の徹に、
寄り添うように眠るのであった。

裕子と弘美は台所で後片付けをしながら、
杏子の事をあれこれと冗談も含めて談笑し、
杏子の寝顔を見た後に、裕子の家を後にするのであった。
次に裕子と会う日を約束した上で…。

今年から小学校に入る杏子に、
新しいランドセルを買ってあげた弘美。
裕子の両親が可愛い孫にランドセルでも…。
と、言ってくれたのだが、弘美の方から願っての、
ランドセルを贈る事になったのである。

それは、実に…自分のためでもあったのだ。


※※※※※※※※※※※※※

   





誕生日プレゼント…

  1. 2014/07/27(日) 18:28:35_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
…って、結構…選ぶ…のは良いんだけど…、
何処のお店で、何を選ぶ…???
となると、意外と時間が掛かるんだわよね~!
「アレにしようか…、これにしようか…???」

その癖…、結局…探しそびれて…時間だけが…、
「えっ…もうこんな時間…うそでしょ…。だめ、この次にしよ…。」
な~んて事にもなり兼ねないのが…商品選び…。

そこへ…、コチラなぞは如何でしょう???
と、今回…ほれほれワンワン…“誕生日プレゼント

如何かしら~!
ドド~ンと、誕生日の嬉しい品揃え~が、
どのページにも目白押しですわよ~!

まず一つ。誕生日の贈り物…となると、
デパートに行って、アッチ行ったり、コッチ行ったりで、
時間がなんぼあっても足りないのに…、
コチラなら…、コト子供の誕生日あり~の、
一般の誕生日あり~の、それ以上の誕生日…、以外にも…。

要するに、贈り物たる商品、製品は、
ぜ~んぶ、コチラのサイトで全てが揃っちゃう~と言うのだから、
嬉しいではございませんか~!

プレゼント総合通販サイトのバースデープレス。
ここは、チョット、デパートで何時間も費やして品定めするより…、
ず~っと…楽ですわよ~♪♪

ドリームニュース・ブログメディア参加記事




予感…

  1. 2014/07/27(日) 05:27:51_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
徹と杏子の手前、
そして何よりも可愛い杏子の誕生会の最中で、
弘美に「ねぇ、弘美…。」と尋ねる訳にも行かない。
ましてや徹と杏子が寝た後と言うのも気が控える。
改めて日を考えて訪ねる事に…。

それにしても、そんな弘美のいつもとは違う雰囲気を感じながらも、
裕子の予感…としても「こら…あんた…結局はあの男性…か…???」と言う、
裕子の思い浮かんだ男性も、
以前杏子と三人で赴いたあの喫茶店での、
あのハプニングを思い起こしていた。

ただ、余りにも偶然過ぎて、
それが曲りなりにも現実に結びつくものだとは、
正直、裕子自身も予想だにしないこと。

あの時は咄嗟に、
男性が弘美の事を懸命に視線を送っている事に、
裕子にしても「まさか、あんな若い人が弘美を…???」
とまで感じたのが正直な印象だったのである。


※※※※※※※※※※※※※

   





着るエステ

  1. 2014/07/26(土) 16:22:38_
  2. 医薬品、化粧品、美容、エステ他
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「…って、一体…どういう事…???」…と、
思われる方々もいらっしゃるかと…。

実はハイこちら“着るエステ(R)”からじっくりとご覧あれ!
ちょっとここからは…殿方…しばし…ご遠慮下さいませ…。

実は奥様…、奥様が今、身に付けてらっしゃる…ブラ…なんですけど…。
コチラ『Diana』ではただ今、プロのカウンセリングが、
奥様自身の正確なサイズを測定して、商品を体験して戴ける…、
真実の「着るエステ®」体験」を実施中なんですね~!

如何かしら…???
普通なら、単にブラを手に…、
サイズだけでお求めになる場合もありますわよね~!

中には、しっかりと試着…なされる方々もいらっしゃると思うのですが…、
中々そこまでは…、自身の肌に直に…ねぇ~!

でも…どう~???
ブラ一つとってもエステになれる。

自分の正確なサイズ測定してもらって“補整下着”を着る。
これだけでも凄い嬉しさって、あると思いません~!

いや…私だって経験…ありますもの…。
思いっ切り、ブラの跡が残っちゃって…。
しかも、バストの形も違ってくるんですものね~!

そういう事がないの…コチラは!
ホ~ラ“わたしのダイアナ体験”なんて拝見してますと…、
やっぱり~いらっしゃるんですね~「やっていて良かった…」と…。

如何でしょう、1,620円(税込)で、
この夏…体験出来ます。
着るエステ」自分磨きにはヨロシイかと…♪♪





※レビューブログからの情報でございます



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



可愛くて食べられない!

  1. 2014/07/26(土) 15:51:01_
  2. 料理、グルメ、パーティ、飲食全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そういうのがあるんですよね~ホラ~!
如何かしら…コチラ…。



もう…「何々、これって…。どこで食べられるの~お願~い、教えて~」
な~んて言う声があちらこちらから…。

…と言う事で、ハイ~コチラ“うさぎシュークリーム
正に、うさちゃんシュークリームと言う感じで…。
もう…人気があるんですよ~!

女性には打って付け…。
いえいえ、こういうモノには子供さんでもお兄さんでも、
ニュースを知っただけで…「オイこれっ…俺たちも行こうぜ!」
なんて感じで引っ張りだこって感じですよね~!

お店の名前…それこそが“ニコラシャール
コチラはフランス生まれ、フランス育ちのパティシエがお届けするお店なんですね~!



何とも…このシュークリーム、一般のものとは製造時間すらも何と、
「3倍以上」の時間…掛けているんですって~!

それだけにその食感たるもの…。
もう…言葉にならない…「ンフ…♪」状態の美味しさ請け合い。

…でね、…でね、この人気で日本テレビ系列のお昼の情報番組、
「ヒルナンデス」でも取材したお店と言う事で、大人気のお店なんです。

フランスのリヨンで生まれ育ち、
フランスと日本で料理人の経験がある、
ニコラ氏が手掛ける美味しいお店『ニコラシャール
場所は“銀座ショコラストリート



本当に、こういう風に画像で見ると、
あまりの上品さ、それに可愛さも加味して…。

食べられない。って感じになっちゃいますよね~!
美味しさに出会っちゃおう~♪♪





※レビューブログからの情報でございます。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ




「香水」

  1. 2014/07/26(土) 07:18:35_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
弘美が裕子の自宅を訪ね、台所を行き来している時に、
ちょっと気になる事はあったが、それなりに素通りしてはいた…。

けれども、やっぱりここにきて、
いつもとは違う弘美の何かが気になったのだ。

それは「香水」

弘美とは長い付き合いである。
確かに、過去に何度か弘美は気持ちを変えてみようかと、
香水を変えて見た事はあった。

特に、亡き夫の哲也に対しては、
自分に振り向いて欲しい気持ちで、
女性としての匂いをあれこれと変えてみた経緯もあったのだ。

その後は哲也が亡くなり、自暴自棄となり、
立ち直った時にも自分を見つめ直そうと、
香水を変えたと言う経緯もあった。

それから最近までは一切、
弘美の香水の匂いは変る事はなかったのである。

それが…いま…ここにきて…、
裕子が感じたそれは…。

「弘美…あんた…もしかしたら…。」
と言う思惑が裕子の脳裏を一瞬、過ったのであった。


※※※※※※※※※※※※※

   




誕生会

  1. 2014/07/25(金) 07:06:49_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そんな佐也加と店の前で別れて駅に向かう途中に、
裕子からの着信。
電話の内容は杏子の誕生会の時間の報せだった。

毎年欠かせない杏子の誕生会。
この日ばかりは大人も夕方には仕事を切り上げて、
杏子の誕生日を祝うのであった。

裕子と徹、そして弘美に、
近所で仲の良い杏子の友達とその両親が揃っての、
ささやかではあるが、杏子を祝うのである。

その日、前々から杏子と約束していた、
誕生日の贈り物を用意して杏子に手渡しして祝ってあげた。

「弘美おばちゃん、杏子の約束ありがとう」

無邪気にも、丁寧にお礼をする杏子の頭を撫でてやりながら、
「今度は杏子ちゃんも小学校だもんね、頑張ろうね。」
そんな弘美の杏子との遣り取りを眺めながら、
裕子が何やら顔を傾げた表情をした。

気のせいかも知れないが、
いつもの弘美と何処かが違う。


※※※※※※※※※※※※※

   




西広ショータさん書き下ろしの新曲「ねむるりすのうた」をCM楽曲に。 休息サプリメント「ネムリス」の新CMを発表。

  1. 2014/07/24(木) 15:22:33_
  2. 医薬品、化粧品、美容、エステ他
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


西広ショータさん書き下ろしの新曲「ねむるりすのうた」をCM楽曲に。
休息サプリメント「ネムリス」の新CMを発表。 株式会社ヴィジョンステイト



鋭い直感

  1. 2014/07/24(木) 10:38:41_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「いいな~先輩は、そんな若い人と出会えるなんて…。」
「オイオイ、ちょっと待て佐也加。あんた…先…読み過ぎだって…。」

「え~???そんな事ないでしょ、その証拠に先輩…、帰ってきたときのあの口紅…???」
「…まぁ…そりゃ…ね、私も女ですから…口紅の一つは…。」

「誤魔化すな~!仕事の途中で化粧品のお店寄って、口紅引きますか、普通…???」
「この子は~!」

少し酔いが回っている佐也加ではあったが、
中々鋭い男と女の直感的な部分には、
弘美もある程度は脱帽しているのだった。

そうでなければ、佐也加のかつての、
複数の男性との恋愛は考えられないのである。

女性が男性に惹かれ、また、男性が女性に惹かれる。
そして、それからどのような心理になるかと言う事が…。

仮に男性から振られようが、離れられようが、
それには女性としてのある種の心理がある事は、
避けられないと言う事を佐也加は、
何度も経験しているのだから…。


※※※※※※※※※※※※※

   




妹同然…

  1. 2014/07/23(水) 05:39:49_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「へぇ~そういう事があったんだ先輩。全然知らなかった~!けど…凄いね、そんなに若い人と…。」

二杯目のカクテルをオーダーしながらスナックを口に運んで、
弘美の今までの経緯を聞かされると、
そんな風に、そして少し宙を見ながら話す佐也加。

「偶然、偶然。それに、今日、初めて名前も分かっただけなのよ。」

オレンジジュースを飲みながら、
今までの報告みたいな感じで佐也加に話す弘美。

佐也加には全て打ち明ける弘美。
弘美にとって、裕子が姉同様の存在であるならば、
佐也加は可愛い妹同然の存在。

自分の事を何でも話して聞かせる佐也加であるからこそ、
自分の事は隠しておくことが出来ない弘美も、
「この子にだけは話して置かないと可哀想…。」
そんな風に佐也加の事を思っている弘美。

けれども…察しが良いはずの佐也加ではあるのだが、
時としてせっかちな部分もあるのが可愛い側面でもあるのだった。

※※※※※※※※※※※※※

   





自分のために…

  1. 2014/07/22(火) 05:37:52_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
取引会社から駅に向かう途中で、
ビルに掲げられた化粧品の看板が目に入り、
自然に体がそのショップに引き寄せられるように…、
気が付けば店員に薦められて、
サンプルのルージュを引いてもらったのである。

…と言うより、何故かしら、
自分のために何かをしたくなるような、
そんな思いが心にあったのだった。

その証拠に、道を歩きながらにしても、
足取りがいつもと違い、ある種の軽さをも感じるのだった。

「もしかしたら…。」と思う気持ち。
そして「でも…歳が離れすぎ…。」と言う気持ちが、
頭の中で行き来しているのを感じながらも、
それでも、藤崎純一と言う、
初めてお互いを知り得ての、
最初のインプレッションは悪くはなかった。

そして、何よりも「この人に肩を支えられた…。」と言う、
先日の事が、「もう忘れられない出来事」と言う風に、
弘美の心の中で、確立しつつあった。


※※※※※※※※※※※※※

   





「勘が良いわね…」

  1. 2014/07/21(月) 05:50:07_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そんな佐也加にいきなり鋭い言葉を囁かれたのである。

「口紅…。」

思わず頭に過った言葉が…「この子は…。」
とは、思ったが、察しの良い佐也加である、
一度はあっさりと誤魔化したが、
事実は事実として、
その日の会社への帰りの事を隠し事なく話して聞かせた。

実際、人の事をあれこれと、
口外する佐也加ではなかった事を弘美は知っている。

逆に言えば、自分の恋愛の事を一切合財隠し事なく、
弘美に話す佐也加であればこそ、
いずれは佐也加にも分かる事。

可愛い妹みたいなやつには話した方が、
自分の気分としてもスッキリとすると言う感じを弘美自身は持っていた。

馴染みの店で、
「さすがに勘が良いわね佐也加…。」
「あったりまえでしょ、何年先輩と付き合ってると思ってるんですか~!それくらいの事、分かんなくってどうするの。」


※※※※※※※※※※※※※

   





憎めない…

  1. 2014/07/20(日) 10:29:39_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
失恋の度に弘美から慰められながら…、
と言うより、その性格上、恋に破れた佐也加は、
その度にガックリとした表情をして、
常に弘美に「せんぱ~い。」と言いながら、
泣き付き、その度に弘美からも「あんた…また…。」
と言いながらも、その都度、佐也加のヤケ酒に付き合わされ、
愚痴を聞いてやるのだった。

ただ、恋に破れても、何故かしら誰かに慰めてもらうだけで、
酒を飲んで憂さを晴らせば嫌な事はキッパリと忘れられると言う、
ある意味ではどこか器用な性格だから、
憎めないのである。

しかも、そんな佐也加の男を見る目は、
弘美自身も感服するほどの目利きなのである。

だからこそ、それだけ男性との恋愛、
失恋を繰り返してきた佐也加であるから故に、
女性として男性と付き合ってからの…、
また男性を思っている女性としての、
小さなほどの気分的なものも、些細な事でさえも、
直感は冴えるのだった。


※※※※※※※※※※※※※

   





「口紅…」

  1. 2014/07/19(土) 05:43:40_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
社に戻り上司に打ち合わせの結果を報告し、
自分の席についた時に、
真向いの後輩から「先輩、何かありました…???」と、
少しニヤリとした顔で問いかけられた。

「何…???どうもしないけど…。どしたの…???私の留守中に何かあったの…???」

後輩の佐也加は、辺りには聞こえないように、
素早く目線を左右に配らせて、
右手を広げて口元に持って行き、

「口紅…。」と呟いた。

一瞬、弘美もドキッとしたが…、
「…えっ、口紅…???口紅がどうしたの…???」と聞き返した。

すると佐也加の口から飛び出した言葉が…、
「ちょっとね…。先輩が出掛ける前のとは違ってるかな…と思って…。」

さすがに鋭い観察力である。
吉川佐也加、30代の女性ではあるが、未だに未婚。
但し、男性遍歴は中々どうして、恋しては失恋し、
その数も20代から数えて数回である。
中々縁のある男性には恵まれなかったが、
それでも意外と憎めない女性なのである。


※※※※※※※※※※※※※

   




忘れかけていた顔…

  1. 2014/07/18(金) 05:23:10_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
会社に戻る道すがら、
何故かしらいつもの自分の雰囲気とは感じが違っていた事を、
弘美自身もわずかではあったが認識していた。

通りすがりのファッションショップに、
ちょっとだけ顔を覗かせてみたり、
通りの化粧品の看板に目を走らせながら歩いて見たり。

道行く若いカップルや恋人らしい2人連れに視線を投げ掛けて、
ちょっとだけ自分だけで微笑んでみたりと…。

その証拠が、帰りの地下鉄での窓に映った自分の顔であった。

「もしかして…私…???」

…まさか…有り得ない…。
と言う言葉が体を一度は覆ってはみたが…、
すぐにその思惑は目に見えない煙に掻き消され、

「…なら…この私の顔は一体…???」

自分でも信じられないほどに、
何か、落とし物が見つかったような…、
そしてまたは、知らない内に、忘れていたものが、
咄嗟に見つかったような…。

そんな不可思議な…、それでも忘れかけていた顔が、
窓の向こうには映し出されていた。


※※※※※※※※※※※※※

   




サマーイルミネーション

  1. 2014/07/17(木) 18:28:05_
  2. 地域、名所、旅行、国内外情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
イルミネーションと言えば、
凡そ、クリスマスと言うイメージが強いんだけど…。

それでも、これには到底及ばない。
とにかくも絶景かな、絶景かな~とも言うべき、
ホラ~“サマーイルミネーション

もう、何と言っても、東日本最大級と言うのだから、
そのスケールの凄い事。

今話題の「LED」を使用しているそうです。
その数何と「約120万球」

もう、何処からともなく、「どこでこれってやってんの、教えて―――ッ!」と言う声が、
怒涛の如く聞こえてきそうな…。

ハイ、今年の夏に新潟県妙高市のリゾート施設「アパリゾート上越妙高」にて…、
8月1日(金)より開催されるとか…。

これって、実はゴルフ場を活用しているんですって。
しかも史上初。

それに地上絵としても双方向と言うんですから、
これもまた史上初。

考えるものですよね~!

新潟と言えば、自ずと知れた上杉謙信由来の地。
実に「のぼり龍」と「くだり龍」をイメージした、
『光の双龍』がグラウンド一面に神々しい輝きを放ち、
伸びやかに広がっているその光景は正に…「うっとり~!」

こんな場所に彼氏、奥様を連れて行ったら、
彼氏、旦那様…株が上がるかもよ~♪♪

今夏、新潟県妙高市に東日本最大級のサマーイルミネーションが誕生!


ドリームニュース・ブログメディア参加記事



感触…そして実感

  1. 2014/07/17(木) 18:22:14_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ただ一度の打ち合わせで、
しっかりと二人の雰囲気から、
ある意識を感じ取ったのが加瀬礼子であった。

「もしかしたら…このふたり…。」

そんな思惑を感じながらも、敢えて純一には、
「頑張ってくれたまえよ藤崎く~ん」と肩をポ~ンと叩くのであった。

しかし…この時既に加瀬礼子と藤崎純一の間にも、
何等かの疼くものが潜んでいたことを、
礼子、純一お互いも、知る由もなかった。

純一の肩を軽く叩いた瞬間、
何かしら逞しい男性の肉体を礼子の手は感じ、
また、純一も柔らかい手で、軽く叩かれた事に、
体が記憶しての、後々の顛末へと発展するのである。

けれども今、純一は弘美との初めて出会った、
あの喫茶店での弘美の体の感触と、
浅川弘美と言う女性に再会し、
初めて自分の存在も確かにしたと言う事が、
純一自身を占拠していた。

さきほどまで緊張していた鼓動も、
ようやく落ち着きを取り戻していた。


※※※※※※※※※※※※※

   





それぞれの胸の中…

  1. 2014/07/16(水) 08:40:29_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
言葉の持ち味や意味や、
投げ掛けた言葉の重要さと言うものは、
男性と女性であるならば、
その切っ掛けで様々な意識感すらも感じ取ってしまうもの…。

ただ、残念ながら、その場での礼子の、
その時、その時のポイント的な言葉の意味を、
今の弘美と純一では、察知するまでには至らなかった。

程よい時間が過ぎ、次回の打ち合わせの日程と時間をそれぞれで出し合い、
その場の打ち合わせは終了した。

弘美は丁寧に礼子と純一にお辞儀をして部屋を後にした。

その弘美の後ろ姿には、最初の戸惑いと言うものはもはや消え、
僅かではあったが、胸の中で、ささやかではあったが、
数年前の愛しい人との感触が甦り始めていた。

片や純一の方はと言うと、体には似合わずに、
かなりの緊張感とまだ微かに波立っている心臓の鼓動に、
まだわずかに汗を掻きながらも、
何処か落ち着かない状態を引きづっていた。


※※※※※※※※※※※※※

   




その場の…空気…

  1. 2014/07/15(火) 05:26:36_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
大人の女性、しかも、自分よりは遥かに年上…、
いや…姉よりも年上で…。
そして、またしてもかつての音楽教師を思い出しながら…。

しかし…、そうは思いながらも、今、
自分の目の前にいる女性の…、
例え、どのくらい年上かは純一本人、
知る由もなかったが、まぎれもなく今まで実際に逢ってきた女性とは全く、
異なる雰囲気を感じているのは確かだった。

事実、弘美自身が、自分では気付かないまでも、
相手にそういう雰囲気を与える女性だったのである。

とにかく純一としては、そんな目の前にいる女性に、
嫌われないようにと言う、そんな謙虚な面持ちで、
対処するのがやっとであった。

そんな純一の姿勢を感じてか、
弘美の方は…と言えば、時折どことなく、
夫の哲也を目の前の純一の姿が、
必然的に重なり合うのだった。

そして、そんな2人の間を取り持つように、
礼子が微妙にもやんわりと言葉を、
ポイント、ポイントに投げ掛けるのであった。


※※※※※※※※※※※※※

   




熱い感触

  1. 2014/07/14(月) 06:10:40_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 純一自身も…失礼だとは感じたのであったが、
学生時代に感じた淡いが、衝撃的な初恋の記憶を消すことが出来ずに、
自分の本能のままに、数メートル離れて友達みたいな人と、
一緒にコーヒーを飲んで話し込んでいる、
1人の女性を見つめ続けたのであった。

名前すら知らずに、
その場でもう会う事のない一人の女性を…。

ここぞとばかりに自分の気持ちが済むまで見つめ続けたのであった。

そんな女性が、ある時、
社に訪れブースを通り過ぎて行った。

ほんの一瞬ではあったが、「まさか…」
と言う感触が薄らとではあるが、
純一の胸に熱いものを感じさせた。

そして、その正しく「まさか…」の感触が、実に現実となって、
目の前で起こっているのである。

女性遍歴など一切ない純一、
何をどうすれば良いのか分からないままに、
目の前にいる浅川弘美を、
その姿を頭から足元まで時々目を留めながら…。


※※※※※※※※※※※※※

   




過去の経緯…再び…

  1. 2014/07/13(日) 05:22:53_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
淡い初恋を体験した純一ではあったが、
それでも夢中になる事が他にはあり、
純一本人の体格はかなり引き締まっている。

中学時代から励んだ野球で培ったのも理由があるが、
それが高校でも同様であった。

他にも父親譲りのところもあるのだろう、
亡き父親も昔は柔道の選手であった。

そんな純一の引き締まった体も、
例えスーツで身を隠していても、
身長と、その体のシルエットを見れば…、
そしてそのフェイスも然りで、
周囲の視線も引く手数多と言う訳である。

だが、本人の純一にとっては、
そんな周囲の視線には余り意識などはなく、
仕事と仕事仲間や同僚との付き合いで、
日々を過ごしていたのであった。

そんな折、たまたま会社の先輩と一緒に、
立ち寄った喫茶店で遭遇したハプニングに、
思わず、以前の音楽教師との経緯が再び…、
脳裏に過ったのであった。

「あっ…先生みたいだ…。」


※※※※※※※※※※※※※

   





淡い初恋

  1. 2014/07/12(土) 05:34:22_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
藤崎純一、そんな家庭的な面を持ちながらも高校時代に、
ある女性を好きになっている。

それが音楽教師である。

もしかしたら、自分の姉が将来は、
こういう女性になるのではなかろうかと言う、
淡い思いが胸に宿り、思いっ切りの片思いである。

淡い初恋…。

自分より一回りも年上の女性である。
けれどもその音楽教師に対しての思いは、
自分では信じられないほどの、
異性の女性に対しての衝撃的な思いでもあった。

母親の愛を知らない純一にとって、
その音楽教師は姉朋子と同じように、
いつも、どこででも優しく接してくれ、
そして純一からの様々な相談にも、
丁寧に、親身になってくれる女性だったのである。

けれども、その音楽教師も純一が高校2年の頃には、
結婚と同時に教師を辞めている。

純一にとっては涙の結末であったが、
どうする事も出来ない状況が、時間だけが勝手に過ぎ、
それが、やがては純一の思い出となって、
次第に薄れていった。


※※※※※※※※※※※※※

   





アイティオール、スマホ内線化『ナイセン』で内線2台プランと通話自動録音機能等を拡充。ビジネスフォンとインターネットの連携を強化するクラウド型ビジネスフォン

  1. 2014/07/11(金) 18:21:07_
  2. ビジネス・社会経済全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


アイティオール、スマホ内線化『ナイセン』で内線2台プランと通話自動録音機能等を拡充。ビジネスフォンとインターネットの連携を強化するクラウド型ビジネスフォン アイティオール株式会社


老人の愛

  1. 2014/07/11(金) 05:51:54_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そんな姉朋子も純一が大学在学中に結婚しており、
既に子供も3人儲けている。

そして現在純一はそんな姉夫婦とは離れてアパートで暮らしている。
祖父はそんな子供たちが立派に育ってくれたと言う現実を見届けるように、
まず姉朋子の結婚を見届け、そしてまた純一の大学卒業、
そして社会人としての成長を見届けてその生涯を閉じた。

自分のやれる事はふたりの子供の将来を思い、
ただ、ただ、脇役に徹して見守る事をモットーとし、
縁の下の力持ち程度に支えてきた老人だった。

この老人の存在もふたりの姉と弟には、
多大な影響を及ぼしているのも確かである。

寛大であり、包容力があり、
それでいて奔放主義でもあった老人であった。

常に朋子の事を思いやり、怒る事すらなく…、
ある意味では朋子の事を幼くとも家長として…。

そして小さな、そして若いお母さんと言うイメージを、
自分に敢えて植えつけ、育てるのではなく、
育つ環境を創造していた祖父であったのだ。


※※※※※※※※※※※※※

   





子供のためのCarryOn(キャリーオン)

  1. 2014/07/10(木) 03:29:06_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「CarryOn(キャリーオン)…って…???」
そう、つまりはこれ…子供のための…、
ブランド子供服リサイクルの事なのよね~!

「そんな…たいしたことないかな…???」
な~んて思ってみたら、意外や意外…。
何とも納得する事然り。

子供服って、案外、一度買って、
その時には着ていても、いずれは着れなくなるでしょ。

そういう着れなくなっちゃった子供服がこちらには結構あるのよ…、
しかもまた、これがかっわいいのが揃っているって言うんだから、
なかなかどうして…魅力的訳よ。

つまりはどこかのママさんが…、
「ウチに子供が着れなくなった子供服あるから、どなたか如何…???」
と言う訳なのよね。

それがもうかわいいし、
チャーミングなのがあるのよ。

だから、結構ひっぱりだこな感じなのよね~!
ブランドもあるみたいよ~!

「あ~知ってる。フリマサービスよね~」
実はそうなんですね。
アプリもフリーダウンみたいですから、
気軽に利用できるみたいですわよ~♪♪

ブランド子供服


頭美人…

  1. 2014/07/09(水) 11:19:40_
  2. 医薬品、化粧品、美容、エステ他
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
頭が気分良いと何事にも充実して送れる。
と言うのは誰しも感じている事と察します。

実際に、頭をマッサージしてもらうだけでも、
かなりの爽快感をもたらしてくれますよね。

そして、どうにかしてそんな頭をケアしてもらいたい、
と仰る女性の方々も少なくないのが現代社会なのでございますが…。

「私も…頭…気持ち良くして~」
なんて感じてらっしゃる女性の方々…コチラ“ヘッドスパ 頭美人
ちょっと…覗いて見てはいかがでしょうか~!

頭美人b


ねっ、いいでしょ。
中々~!『頭美人』と言うサイトでございます。

頭皮の事、そして頭髪の事、
もう何でもコチラでなら解決しちゃうと言う、
もう、これさえあれば、「頭…スッキリ」と言うサイトでございます。

中々ね~頭スッキリと出来るサイトって、
探しても…意外と見つからないものなんですよね…。

けれど、コチラでなら、自分の髪の事も仮にトラブルで悩んでいたら、
解決できるし、とにかく「癒された~い」なんて感じてらっしゃる方々には、
もう~うけうけ的なサイトでございます。



でね…コチラ…“ヘッドスパ診断
今の自分の状況を簡単な診断を通して、
理想的な「ヘッドスパ」を紹介してくれるんです。
これは中々~NICEですよ~!

合計6問の質問があるんです。

年齢から、そして自身の髪の特徴、
状況について該当するものがあればチェックして…すると…、
見つかっちゃうんですね~!
それぞれ、アナタにマッチングした項目にチェックを入れて…。
中には、今アナタの髪の悩みや頭皮の悩みなどにも、
項目にチェックを入れる…。
そうすると出てくるんですね~!

私のもしっかりと見つかりました~!
簡単に出て来るんですね~!
私の場合は「スカルプヘッドスパ」
な~るほどね~!
毛髪の汚れの他にも、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂なども、
綺麗にしてくれると言うんですから、中々嬉しいです。

「頭快適」になりた~いと思ったら、
是非利用してみては如何かしら~♪♪




ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



※レビューブログからの情報でございます。



美しくなりたいからこそ…

  1. 2014/07/09(水) 08:56:44_
  2. 受験、資格、認定、試験全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「美しくなりたい!」と言うモチベーションと言うものは、
女性なら誰しもお持ちの感情だと思います。

そして、その要望に対して親切丁寧に、
対応してくれると言うのが「美容外科」

毎日、自分の顔を鏡で見ながらも、
何かしら自分の顔に…「気になる…何とかしたい…」と言う感情。

…でも、それを何とか解消できる、
自分でも何とか納得できる結果になる。
それにお手伝いしてくれるのが“湘南美容外科

美しくなりたいと感じる女性の方々は誰でも…。
そして多くの方々が思い、感じているのが、
実年齢よりも若く見えると言う事。

これがコチラのクリニックでは実現するのですから、嬉しい事。
しかも…仮に、施術をして、その後にも痛みなどは少なく、
引き締まりを感じられると言うのは、
女性、何歳になっても嬉しい事ではないでしょうか~!

その症例をコチラ“湘南美容外科 韓国式美容針”でご覧になれます。
しかも、動画までご用意されてありますから、
分かり易く…「これなら安心して…任せられる」
なんて感じになってきそうです。

健康的で若々しく、そして満ち足りた生活を過ごせるようになりたいと思えば…、
一度お問合せを…如何かしら♪♪

湘南美容外科クリニックb



※湘南美容外科クリニックからの情報でございます。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2014 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -