FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

「おふくろが…ワンピース好きだったから。」

  1. 2017/06/30(金) 05:15:03_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「はぁ~~???…だって、真ん前にいるんだぜ、見ないでって言われても…。」
将史。

悟朗、
「くくく…。」

南朋を見ながら手を叩いて笑うジュリアン。

「ぷぷぷ。」
恵都。

ジュリアン。
「でっしょう~。綺麗でしょ、叶ちゃん。」

「久しぶりに見た、知り合いの女性がワンピース着てんの…。大概、パンツスタイルが多いから…。」

「マ~坊…。」
瞳美。

「それに…。」
5人をそれぞれ見ながら、
「おふくろが…ワンピース好きだったから、尚更…。はは…。」

恵都がニッコリと、
「ふ~ん。」

「お~っと。…それはそうと…、家族の人は…???」
悟朗。


「は~い。うん。綺麗に出来た~。どぅ…???奥様、そして眞叶さ~ん。」
ドアを開いて花瓶に活けた花を持ちながら愛美と翔太。

「いや~綺麗~うんうん。素敵~。ねっ、叶ちゃん。」
ジュリアン。

「あ~。うんうん。…わざわざ、ありがとうございました~。」
瞳美。

愛美、小さな声で、
「カナちゃんって、言うんだ…。」
そして、
「いいですね~。花に囲まれているって感じ…、しますよね。」

「うんうん、ありがと。上手~。ねぇ~マ~坊。」
恵都。

「はは…。ありがとな、愛…。」
将史。

愛美、
「おぅ。」

「…で…、マ~坊…。まだ…、家族の人は…???」
悟朗。

「え。えぇ~。」
そう受け答えをして翔太を見る将史。

悟朗、
「…ん…???」

翔太、
「実は…、将史の家庭…って~。」

翔太と将史の話を聞いて5人、それぞれ…。

ジュリアン、
「わお。」

瞳美、
「そんな…。」

南朋と悟朗、
「いやはや…。」

恵都、
「ふ~~ん。」

「私も…、それ…今初めて聞いた。」
愛美。

「へっ…???知らなかったの…栗林さん…???」
恵都。

愛美、
「えぇ…。」

「あらま。」
ジュリアン。

「そん…。てめぇの家族の話…。別になぁ~。敢えて話さなくても…。なぁ~翔太~。」
将史。

翔太、
「ま…ぁ…。はは…。うん。」

「でも…、お母さんには…来て…欲しいよね…。」
瞳美。

小さな声で、
「えっ…。」
愛美。

「無~理だって。親父の目を盗んで、来れる訳ないって…。しかも福岡から…。」
左手を振りながらの将史。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ワンピース 通勤 ワンピース 二次会 オフィス ワンピース 上品 エレガント パーティーワンピ 夏 ショートワンピース レディース ノースリーブ ワンピース 着痩せ ワンピース タイトワンピ 女子会 シンプルワンピース キレイめワンピ OL


【2017新入荷】パーティードレス スタッズ付 ワンピース レディース ノースリーブ ワンピースドレス 結婚式、お呼ばれ、女子会、二次会、発表会、オフィス、OL  春先取り(宅急便、明日楽、ゆうパック送料別)




楽天ブログ



スポンサーサイト




「あんた、彼女いるんじゃないよ~。」

  1. 2017/06/29(木) 05:20:46_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一同、将史に詰め寄り、
「マ~坊。」

将史、
「えっ…???はっ???」

ジュリアン、
「あんた、彼女いるんじゃないよ~。…しかもあんな綺麗な…。」

腕組みしながら悟郎。
「ふ~~。」

困った顔の恵都。

そのジュリアンの言葉に将史、
「はぁ~???俺に…彼女…???いやいや…。いない、いない。」

ジュリアン、
「だって、あの話し方だったら完璧に彼女…。栗林さん…???…だっけ。マ~坊の彼女じゃんよ~。」

「はぁ~???ま…愛美が…、俺の…彼女~~???…ぷっ。あり得ない。うそうそうそ。じょ~~だん。」

「いや…冗談…って…。」
何かしら困惑したようなジュリアン。

将史をじっと見つめる瞳美、悟郎、恵都。
それぞれを見つめながらの南朋。

「何…。んじゃ…、まさか…、彼女…、その…、愛美さん…。勝手にマ~坊を彼氏って…、思い込んでるって…訳…???」
「はい…???」

「けどさ…、彼とも仲良さそうじゃない。藤井君って…言ったか…???最初、てっきり、あの2人…、恋人同士だと思ったけど…違ったんだなぁ…。」
悟郎。

「うんうん。私もそう思った。」
恵都。

「翔太と愛か~。あ~ん、あり得なく…も…ないかな~。」

「…って~~、な~に暢気な事、言ってんのよ~。…ねぇ~叶ちゃ~ん。」
いきなりジュリアン。

そのジュリアンの声に…、
「えっ…。あっ…。ははは。」
瞳美。

そんな瞳美を見て将史、
「叶…。」

瞳美、
「う…うん。」

「明日…だな…。」

少し赤い顔しながら瞳美、
「う…、うん。」

真面目に言う将史に、何故かしら、目が潤む瞳美。
「叶~。いいじゃんそれ。似合うじゃん、ワンピース。」
将史。

「…ん…???」
悟朗。

「ヒュ~。」
と、恵都。

「なんだマ~坊、見てるとこ、見てんじゃな~い。」
ジュリアン、瞳美をチラチラと見ながら…。

「ふっ。」
悟朗。

ジュリアン、
「…ったく~マ~坊。ふふ…。」

何故かしら赤くなる瞳美。
瞳美が着ているワンピース、フレアである。
薄いピンクのフレンチスリーブ。後ろでファスナー、ヒップまで。
フロントもウエスト両サイドからリボンで左側ウエストから細見せになっている。

「…恥ずかしいから余り見ないで。」
ボソッと瞳美。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



メール便送料無料 レディース 無地 タンクトップ ノースリーブ トップス カジュアル 大人 シンプル おしゃれ 夏 婦人服 薄手


ヒート インナー レディース レディース タンクトップ 無地 極衣(レディースインナー,吸湿発熱,静電気抑制,保湿,あったか,あたたかい,シャツ,女性下着,婦人肌着,トップス,インナーキナズ)



楽天ブログ




自分の持ってきた花を見て…。

  1. 2017/06/28(水) 11:23:41_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「…あっ、こいつ、俺の小さい頃からの友達で、翔太って言います。藤井翔太。」

翔太、いきなり瞳美を見て、「!!!」

瞳美も男性を見て、「!!!」

「…ん…???叶ちゃん、知り合い…???」
悟朗…。

瞳美、小さな声で、
「あっ、はは…、いえ…。うん、ただ…ちょっと…。」

「実は…。」
将史、

「マ~坊。いいの…、余計な事は…。」
口を尖らせて瞳美。

いきなり悟朗、
「くっ。くくく。…マ~坊。」

「あっ、あ~。あっ、はいはい。…翔太。」

「は~い。お待たせ~。如何かしら、奥様~。」
病室に活けた花瓶を持って入ってきた愛美。

「わ~お。さっすが~ウェディングプランナー。上出来~。うん。センキュ~~。」

その活けられた花を見て瞳美、自分の持ってきた花を見て…。

「おっ、叶~、ありがとな。」
将史。

瞳美、
「あっ、あ~。あっ、うん。…でも…。」

「愛…。」

愛美、
「ふん…???」

「何か…活けるのって…???」
「あ~~、うん。はいはい。OK。」

そう言いながら、瞳美に近づいて、
「こんにちは。」
ニッコリと愛美。
「初めまして、栗林愛美と申します。お花、ありがとうございます。活けますから、良いですか、戴いて…。」

「あ、あ~。はい。初めまして、眞叶…瞳美と、申します。お願い…、出来ますか…???」
「はい、もちろん。眞叶さん。瞳美さんね。よろしくお願いします。」

思わず目をキョロキョロとさせるジュリアン。恵都の顔を見て…。
その恵都も、口を一文字にして。


「じゃ、また失礼して…。ちょっとナースステーションに行ってくるわ。そんなに…花瓶、あんたの部屋になかったからね~。」
愛美。
「私の部屋から持って来れば良かったよ。はは。」

瞳美とジュリアン、小声で、
「あんたの部屋…???」


「お~~っと、ちょい、俺も行くわ、愛美ちゃん。」
翔太。

「ふん。じゃ、お出で~~。」
愛美。
ふたりが病室を出る。

ドアの外、いきなりドアに背中を付けて愛美、
「ふ~~。」

翔太、
「あへぇあ~~。」

「んもう~。ドッキドッキだわ。ほら。」
と、左手で翔太の右手を自分の胸…。いきなりその手を放してペン。
「んな訳ないでしょ。行くよ。」

「痛って~~。」
「バカ、中に聞こえる。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



大きいサイズ レディース おおきいサイズ ビッグサイズ ドルマンニットソー 春 スプリング ニット 薄手ニットゆったり   海外セレブ 体型カバー 着痩せ 海外セレブ オーバーサイズ L/LL/3L/4L/5L/XL/XX/LL-5L


vネック ニット レディース ドルマンニット チュニック 春ニット ゆったり 綿100%



楽天ブログ




「愛美ちゃんに怒られんぞ。」

  1. 2017/06/27(火) 05:46:40_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「へぇ~~会社じゃ、マ~坊って…。呼ばれて…いるんだ。マサ。」
愛美。

「まぁ~。我が社の副社長の、お気に入りって、事で…。」
悟朗。

「じゃ~マサ。早く元気になんないと。ねぇ~。」
と、将史の左足の方を、布団の上からパンパン。

「じゃねぇと、愛美ちゃんに怒られんぞ、将史~。」
翔太。

その男性の声を聞いた瞬間に、悟朗に恵都、ふたりで目を絡ませて、
「!!!!」
目をパチパチと…。

「あっ、あ~、マ~坊…、この花…、どうしよ。活ける花瓶。」
恵都。

将史、
「あっ…あ~~。」

「あっ、奥様、私が…。」
愛美。

「彼…、翔太と一緒に、マサの部屋から必要なもの、持って来てますから…。はい。大丈夫です。」

「あっ、そ…、そう…、うん。…じゃ…、任せよっかな~。」
「はい。」



「じゃ、ちょっと失礼して…。」
病室を出て行く愛美。

恵都、悟朗の顔を見て不自然に目が点。
悟朗も…、何とも不自然の目で…。
「マ~坊、綺麗な人ね~。愛美さん…???」
将史の方に顔を向けて恵都。

将史、
「へっ???はっ???あっ、あ~~。そう…か~???」

翔太、
「な~に照れてんだよ。おま。愛美ちゃんなんか…、ぞっ…。あっ、いや…、その…、ははは…。」
慌てて頭を掻く翔太。

そんな翔太の頭を左手でぺん。
「な~に、言ってんだよ。バ~カ。」

廊下を歩いて愛美。そこに…。見覚えのある2人の女性。
「あっ、先日はどうも。」

にこりと笑顔でお辞儀をするジュリアン。

愛美、
「あっ、この前は…。どうぞ、どうぞ。」
愛美もお辞儀をして、病室に向かう3人の後ろ姿に、
「また…来た。」



ジュリアン、
「失礼しま~す。」
ドアを開けて、
「わ~、来てたんだ、ゴロ~さん、おばちゃ~ん。」

「おぅ。おはよう。来たか。」
悟朗。

「な~に~、マ~坊、元気ジャン。」
「よっ。おはよ。わざわざありがとな。」

「叶ちゃ~ん。いいねぇ~。綺麗~。」
恵都。
「ふふ…。」

「やだ、奥様。」
いきなり赤くなる瞳美。

「桐生さん、ジュリアンから聞いてびっくりしたよ。何…、一過性脳虚血発作って…。」
南朋。

「えっ、え~。はは…、やっちまって…。…面目ねぇ。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【メール便】☆夏ファッション/レディース ショートパンツ◆入荷済コーデ完璧★ミニキュロットパンツ/カジュアビーチパンツ/痩せて見える魔法☆


サーフパンツ サーフパンツ レディース ショートパンツ 水着 短パン 海パン ボードショーツ ハーフパンツ レディース サーフパンツメンズ ボードショーツ レディース 大きいサイズペア ペアルック カップル 水着 旅行 温泉 プール


楽天ブログ




コムスメお断り!日本初30歳以上限定!大人の恋愛相談!!!!!

  1. 2017/06/26(月) 18:04:40_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
20代の女性。今の世の中って…、
結婚願望持っている方々って…どのくらい…???

意外と多そうに見える。けど…。現実は…???

以前だったら、友達の結婚式に招待されて…、
「ふ~ん。」的な感じで、羨んでいたり…。
その割には…、
「ま~だ、まだまだ~。」な~んて言っていた時代もあった。

けれども、歳月は流れて…、周りの友達が次々へと…。
「ま~だ、まだまだ~。」なんて言ってた自分も…今や…、『30!!!』
いい加減に…。と思っても、今度は逆に…、中々…、見つかる…ものではない。

「あの時、見つけていたら…。あの時…見つけていれば…。」
と、今更…、「たられば」言っても仕方がない。
だからここ!!!『電話占い鑑定』…「Elpila(エルピラ)

30歳以上限定の電話占い鑑定よ。
20代の事、後悔したって、仕方がない。仕事が忙しくったって仕方がない。

「だって…、恋した事がないんだもの…。」
そして…、
「んも~、大人の恋がしたい~。」と、感じている彼女にだって…、
「春は…来るのよ~。」

大人の女のこれからを占ってくれる鑑定歴35年以上の占い師たちが…。
三十路以上のあなたのお相手…、期待持って良いかもよ…。


覗けば…分かるはず。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事



「この2人です。俺をここに運んでくれたの。」

  1. 2017/06/26(月) 05:20:04_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「なんだか…、私…ドキドキしてる、こんな綺麗な人見て…。」
愛美。
「マサ、知ってんの…???イギリスの女優のケイト、ベッキンセイルって…。」

「やだ。恥ずかしい…。」
恵都。

「物凄い、そっくりだわ。何だか、実物見てるみたい。…あの…、すみませんけど…。握手…、して、戴けません…か…???私…好きですもの~。あの女優~。」

そう言って恵都に右手を差し出す愛美。

恵都、何とも恥ずかしげに、
「あっ、あ~。はい…。ふふ…、ありがとう。」

「ケイト…、何…???」
翔太。

そんな翔太の左二の腕を握手した後で抓る愛美、
「痛~って!!!」

その瞬間、恵都、
「ふふ…。」

「知らないの~ふたりとも~。」
膨れた顔して愛美。

「いや…。だって、俺と将史、愛美ちゃんみたいに、そんな…なんつぅか…、セレブって…、詳しくねぇから。愛美ちゃんならウェディングプランナーだから…。なぁ~将史。」
翔太。

「えっ、あなた…ウェディングプランナーですか…へぇ~素敵~。」
恵都。
「それに…。綺麗よね~。」

愛美、
「あっ。えっ。いや…。はは…。」
思わず照れる愛美。

にやけた顔をする翔太。

「何よ~~。」
翔太の左二の腕に今度は肘鉄をする愛美。

「いやいや…、だから…痛いって。」

「くくく。何だか茉祐子とトモくん見てるみたい。」
恵都。

「違ぇねぇや。ははは。」
将史。

翔太と愛美、
「はぁ~???」

「あっ、それより、ゴロ~さん。この2人です。俺をここに運んでくれたの。」
将史。

悟朗、
「ん…???えっ。あっ、これは、これは…。そうでしたか~、あなた方が…、桐生君を~。」
そう言って、すぐさまに翔太と愛美に丁寧にお辞儀をして…、
「ありがとうございました。先生に聞きました。もう少し発見が遅かったら…。」
一瞬、将史の顔を見て。

「えっ、そうなの…???マ~坊を…。あなた方が…。」
恵都も丁寧にふたりにお辞儀をする。
「マ~坊、お礼言った…???」
将史の顔を見て恵都。

将史、笑顔で、
「はい。しっかりと。」


「あの…、失礼ですが…、マ~坊って…???」
愛美。

「あっ、あ~はははは。ごめんなさい。失礼しました。…実は…。」
悟朗。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【メール便送料無料】春ニット ビッグボーダー柄 ドルマン袖 全2色 [レディース ドルマンニット トップス カットソー ドルマンスリーブ クルーネック 春服 7分袖 七分袖 ボーダーカットソー ルーズフィット 白黒 ビッグシルエット ワイドスリーブ]


大きいサイズ レディース おおきいサイズ ビッグサイズ ドルマンニットソー 春 スプリング ニット 薄手ニットゆったり   海外セレブ 体型カバー 着痩せ 海外セレブ オーバーサイズ L/LL/3L/4L/5L/XL/XX/LL-5L


楽天ブログ




「お坊っちゃんじゃないよ~~。」

  1. 2017/06/25(日) 05:17:14_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「でも、まぁ、お袋は俺に会いたいって思うかも知れないけど…、親父がそれを許さない。」
将史。

「まっ、福岡で5本の指にも入る程の財閥だからな~。桐生財閥と言やぁ。」
翔太。

「うっそ!!!…んじゃ…、マサなんて、お坊っちゃんじゃないよ~~。」

そう言う愛美に、
「そういうのが…嫌だっつうの。」

その時、ドアのノックの音。




道路上をゆっくりと車を走らせながらの南朋、
「この辺の…。」

「あ~~、あった、あった。あそこ、あそこ。あたし、行って来る。待ってて。」
ジュリアン。

「おぅ。そうだな。」
南朋。

アパートの建物の中にジュリアンが入って行く。




「よっ、おはよ。どうだ…???」
「失礼しま~す。」

部屋に入ってきた2人を見て将史、
「ゴロ~さん。奥さんも~。」

「おはよ、マ~坊。もう~ゴロ~から聞いてびっくりして~。」
右手に花束を持ちながら恵都。

ベッドの傍のふたりの男女を見て悟朗、
「すみません、いきなり。」

愛美、
「あっ、初めまして。桐生将史の友達の…、栗林…愛美と申します。そして…、こちらが…。」

翔太、
「藤井…と申します。藤井翔太。」

将史、
「こちら、会社の俺の上司。今の…プロジェクトのリーダー。柏崎悟朗さんと、奥さんの恵都さん。」

「初めまして、柏崎と申します。」
名刺を2人に差し出して。

「奥様って…、外国の…。わっ、えっ。嘘…、まさか…イギリスの女優の…。ケイト…ベッキン…。」
愛美。

恵都、
「えっ。わっ。いえいえ、とんでもない。全然…。女優なんて、そんな…。普通の…。はい。」

「びっくりした~~。私…てっきり…。」




鏡の中の自分の顔を入念にチェックしている瞳美。
玄関のチァイムがなり、
「はい、はい、ジュリアン。」

ドアを開けて、お互いに、
「おっはよう~。」

ジュリアン、ニッコリと舌を出して、
「来ったよ~ん。ねね、叶ちゃんの部屋って…???どんな…???」

瞳美、ニッコリと、
「んふ。ちょっとだけね。唐崎さん、待ってるだろうから…。へへ。」



「ヒュ~~。へぇ~素敵な部屋~。」
そして瞳美を見て、

「お~お~、いいじゃん。じゃっ、行こか。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ベアトップ チューブトップ レディース オフショルダー ゴム仕様 インナー ビスチェ【メール便送料無料】


ドット柄スモック レディース オフショルダー オフショル オフショルトップス ドット ドット柄 スモック モノクロ 可愛い 柄物 春夏 夏


楽天ブログ





「そういう人たちだ。」

  1. 2017/06/24(土) 12:00:20_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
介護施設の部屋で携帯電話の通話を切る将治。
「困ったもんだ。…将史…。」



「え―――――っ!!!勘当―――――っ!!!」
目を真ん丸にして愛美。

将史、
「あぁ。…って…言うか、俺の方から親とも思ってねぇけどな。」

「あの親っさんなら…。なぁ。」
翔太。

「自分の思い通りにならないと気が済まない人間でね。」
将史。

「ふ~ん。初めて知った。そんな事。」
愛美。

「まっ、てめえの事くらい、てめえで面倒見れるから、話す必要もなかったけどな。知ってるの…、翔太だけだし…。」

「まっ、俺達、束になっても敵う人じゃねぇしな。将史の親っさんは…。」
将史と愛美を交互に見て、また窓の外を見つめる翔太。

「そんな凄い人なの…、マサのお父さんって…???」

愛美に振り向き翔太、
「愛美ちゃん…ガ~オ。」
怪獣の真似をして…。

「きゃ~~、恐~い~。」
と、科を作って愛美。
「な~訳ないでしょ。」
翔太の方に空に肘鉄をして。

翔太、
「かかかかか。」

「うん…???幾ら俺が全うな事を言っても相手にさえしてくれねぇよ。親父の側近みたいな兄貴が2人共、帝王学バリバリだから。足元にも及ばない。」

「ふ~~ん。」

「けど…、将史のお袋さんは、そんな親っさんとは正反対。」
笑いながら翔太。

「はい…???どういう事…???」
愛美。

「つまり。親っさんが閻魔大王ならお袋さんはお釈迦様って訳だ。」
「う~~っそ!!!そんなに違うの~???」

摩訶不思議な顔の愛美を見ながら、翔太と将史、
「くくくく…。かかかかか…」

「な…、何よ…、その笑い…???」
愛美。

「ん~~???」
皿の上のリンゴを摘まんで口に入れる将史。

「はは…。」
翔太もリンゴを摘まんで口に入れ、今後は壁際から椅子を持ち出し、
愛美の隣に座りながら、
「くくくく…、久しぶりに…、将史の親っさんとお袋さんの事、思い出しちゃったな???」

将史、
「あぁ。もうすっかり忘れてたわ。」

「嘘でしょう~。自分を産んでくれた両親。…でも…。見舞いにも来ないなんて…。」
落胆しながらの愛美。

「そういう人たちだ。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【メール便不可】カットソー生地&ウエストゴム使いらくちんロングスカート♪全6type!レディース ロングスカート カットソー生地 グレー チャコール ブラック マーメイド カーゴポケット リラックス


スカート レディース ロングスカート マキシスカート シフォンスカート 花柄巻きスカート ウエストリボン ウエストマーク スリット ボトムス シンプル 花柄 小花柄 フラワー レトロ ラップスカート ラップ 夏 春夏 【a076-bh460a】【予約:10-15営業日】【送料無料】メ込



楽天ブログ





「どうしよ…、どうしよ…私…。」

  1. 2017/06/23(金) 05:22:00_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 「…ん…???…いや…。まぁ…何とか麻痺はなしか…。って。」
ジュリアン。

「かな…。」
将史。

瞳美、
「…ん…???」

「月曜日…。だな…。」
「…うん。…なんとか…なれば…。」

「まぁ…。もうけものだけど…。ものにしたかった…。でもな~。」
しかめっ面をして、右手人差し指でオデコを掻きながら、
「あそこまでやられちゃ…。」

「仕方ないよ。でも、可能な限りはみんなでやったんだし。ねっ、ジュリアン、遼君、ともくん、茉祐ちゃん。」

「だ~ね~。とにかく早く元気になろ、マ~坊。みんなで待ってるから。」
ジュリアン。

「おぅ。」



廊下を歩きながら、いきなり瞳美、
ジュリアンの肩を抱き廊下の横の廊下に曲がって。
「どしたの…叶ちゃん???」

「ジュリアン…、私…。」
そう言いながら自分の右胸にジュリアンの右手を…。

ジュリアン、
「何、これ???ドキドキしてんじゃん。」

「ジュリアン…、私…。」

何とも泣きそうな瞳美の頬を両手で触って、
「ふふ…。やっぱり…。叶ちゃん…。」

「どうしよ…、どうしよ…私…。」

「ふふ…、だ~いじょうぶだって。私が着いてるよ。うん。それに、ゴロ~さんもおばちゃんもいるから。」
「…う…、うん。」

「行こ行こ。」




翌日の土曜日、朝から翔太と愛美が将史の病室に。
「これが…病人の顔かって思うくらいに、元気な顔~。いいね~マサ。よいしょっと。果物買ってきたからね~。」
愛美。

「必要なもの、持ってきたから、まとめておくよ。翔太と一緒にマサの部屋から持ってきたわ。家の人は…???」

その愛美の話を聞いて翔太、将史の顔をチラリと見て、また窓の外を…。

「来る訳ねぇだろ。」
ボソッと将史。

翔太、
「まぁ…。だろうな…。」

「へっ…???どういう事…???」




机の上の電話が鳴る。
「はい。桐生です。あぁ…、お父さん。あぁ、あいつの件ですか…。いえ…、それは辞めて下さい。行く必要はありません。親子の縁は切ってあるんです。」

平然とした態度で電話の向こうに声を投げ掛ける桐生将紀、
桐生将史の父親である。

「父さんは何も心配せずに、静かに過ごしていてください。」


「全く…、お前らときたら…。」
祖父の桐生将治。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ロングカーディガン アウター レディース


決算 セール で全品 大特価 !< Petit Fleur ( プチフルール )> 長袖 ポケット付き シンプル ロング ニット カーディガン コーディガン (全6カラー)


楽天ブログ





「あぁ…。俺の友達だ。」

  1. 2017/06/22(木) 05:14:36_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「はっきりとして、俺がここにいること自体、分かったのが…確か…、10時過ぎか…。それから先生や看護師さんからいろいろ聞いて、それでようやく…。」
将史。

「まぁ~、そうなるよね…。…で、あの男の人と女の人…???」
ジュリアン。

「あぁ…。俺の友達だ。」

「とも…だち…。」
瞳美。

「あぁ~~。」

「へっ…???どしたの…叶ちゃん…???」
ジュリアン。

「あっあ、そうだ、そうだ、かな~。お前、アイツ、知ってるよな。男の方…。はは…、翔太って言うんだ。」

瞳美、
「しょう…た…???」

その将史の声を聞いた瞬間ジュリアン、将史の左頬に、右拳で軽くパンチ。
「こら、この浮気者。」

「…ん…???何してんのジュリアン…???感覚…ないけど…。」
将史。

「うそ――――――っ!!!」
そう言いながら前のめりになる瞳美とジュリアン。

「ば~か。」
笑いながら、
「んな訳ねぇだろ。痛いっつうの、骨まで効いたぜ、今の…。」

「もう――――――っ!!!」
またまた瞳美とジュリアン。

「…でも。…あの…女の人…。」
瞳美。

「あぁ~。愛美って言うんだ。大学の頃からの友達。男の方は子供の頃から一緒。俺の前の会社で働いてる。女の方は、ウェディングプランナーだ。」

「ウェディングプランナ~~。めちゃくちゃ凄い仕事。道理で綺麗だと思った~。」
遼。

「うんうん。」
智也。

「んん。遼く~ん!!!」
瞳美、遼を睨んで。

その隣では、
「痛った―――――っ!!!」
いきなり目をすぼめる智也。片足立ちになって。
「なんで…???足…踏むかな…。」

隣の茉祐子、両腕を組んで智也を睨みつける。

それを見て両手を叩いて笑う将史。
「こりゃいいわ。かかか。」

途端に、ジュリアンに瞳美、
「マ~坊!!!」

「いやいや…、俺…、何も悪い事、言ってねぇし…。」
そう言いながら両手を前に出して、ひらひらと…。

「遼君、春香に~~。」

途端に遼、
「あっ、いやいや…、冗談、冗談。はい、ごめんなさい。」

「…って~事は…、叶ちゃんに…ライバルってか~。」
小さな声でジュリアン。

「えっ???ジュリアン…、今…何か言った…???」
瞳美、
「なにやらボソボソと…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【SALE6】タンクトップ レディース タンクトップ 大きいサイズ タンクトップ 柄 無地 タンクトップ ワンピース タンクトップ ロング丈 タンクトップ インナー タンクトップ 黒 ピンク 青 綿 M L XL 2L


タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/タンクトップ メンズ/【あす楽】


楽天ブログ




「バカ!!!どんだけ大変な症状だと思ってんのよ。」

  1. 2017/06/21(水) 05:20:53_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
将史、変顔で、
「悪ぃ。やっちまった。」

そう言いながら頭の後ろを左手で撫でながら…。
「もう~、びっくりさせないでよ、マ~坊。」
いきなりジュリアン。

その隣で瞳美、目を潤ませて、
「もう~バカ。」

「ふ~~。良かった。大丈夫そうで…。」
茉祐子。そう言いながら、ホッペを指で拭って…。
「へへ…。」

「ふ~。うん。」
遼。

「心配しましたよ、桐生さん。」
智也。

将史、頭を下げて、
「申し訳ない。」

「一過性脳虚血発作…。」
瞳美。

「あっ、そうそう…、そんな症状。…そう言ってた先生。」
将史。

「バカ!!!どんだけ大変な症状だと思ってんのよ。」
目を赤くしながら瞳美。

将史、
「あっ…。あ~。」

「脳梗塞の一歩手前。つまりは脳梗塞の前兆って事。」

きっぱりと将史の顔目掛けて言い放つ瞳美。
「脳に行く血液の流れが悪くなるんですって。一過性なんだけど…。でも、運動できなくなったり、つまりは麻痺したり、感覚に障害が出るんだって。」

その瞳美の話を聞いた面々、目をパチクリ。

傍にいたジュリアン、
「か…な…ちゃん…。すご。」

「もっかい。…なんて症状…???」
遼。

「一過性脳虚血発作。」
「なんでそんな難しい…、知ってんの…???」

「だって…、ゴロ~さんに…。…聞いたもん。」
「…で…???」

「…でって…。知らない症状だもん…。そ…、そりゃ…調べたわよ。」

ジュリアン、その瞳美の話を聞いて鼻の下を伸ばして、
「ふんふん、へぇ~。な~るほど…。」
と、将史の顔をチラチラと見ながら、
「まっ、ゴロ~さんの電話で私たちびっくりして、何も手に付かなかった時、叶ちゃんだけ、すぐに病院に行く。って、言ってたもんね~。」

将史、
「えっ…。」

「でも…、元気そうで安心した。」
ベッドの布団、将史の足元の方に両手を着いて茉祐子。

「おぅ。」

「それはそうと…、何か…2人…昨夜から今朝まで付き添ってたそう…だけど…。」
ジュリアン。
「それって…。もしかしたら…、さっきの…???」

「あぁ…、多分…。」

「…いや…、多分って…。」
瞳美。

「だって、俺だって分かんないさ。話によると、何度か目覚めたらしいけど…。意識は…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ヒート インナー レディース レディース タンクトップ 無地 極衣(レディースインナー,吸湿発熱,静電気抑制,保湿,あったか,あたたかい,シャツ,女性下着,婦人肌着,トップス,インナーキナズ)


タンクトップ トップス レディース 無地 【メール便送料無料♪】シフォン シンプル ベーシック キャミソール Tシャツ tシャツ 黒 ブラック 白 ホワイト ピンク イエロー セクシー カラフル ロング かわいい 可愛い おしゃれ 楽天[tank-005]【half♪】


楽天ブログ




「みんなで来ちゃった。」

  1. 2017/06/20(火) 05:23:39_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
静かにドアが開いて、
「すみま…せ~ん。お邪魔します~。」

部屋に入ってきたその姿を見て将史、
「お疲れ~ジュリアン。」

愛美と翔太、ドアの方に振り返って、そのジュリアンと言う女性の姿に、
「あっ。……。」
そのまま言葉もなく、お辞儀。

愛美、ジュリアンの姿を見て目を上から下へ…。

ジュリアン、
「マ~坊…、みんなで来ちゃった。」

愛美、翔太、
「ま…、マ~坊…???」

「会社のみんなだ。」
将史。

愛美、翔太、
「あ…、あぁ…。」

一瞬愛美、頭の中で、
「…綺麗~…。」

翔太も言葉なく、「ドキリ。」

そしてジュリアンも頭の中で、
「…わっ、綺麗な人~…。」
そう感じて、すぐにまだドアの外にいる瞳美を見て…。

ジュリアン、
「お…お邪魔だった…???」

その女性の声に、
「あっ、あああ…。じゃ…、私たちはこれで…。ねね、翔太。」
咄嗟に椅子から立ち上がる愛美。

翔太、
「あっ、あぁ…。…だね。んじゃ、将史。」

将史、
「へっ…、もう…帰んの…???」

その将史の声に愛美、将史に振り返って、
「ちゃ~んと、大人しくしてなっさい。」
将史の左腕をトントンと叩いて。

将史、
「あっ、あぁ。」

愛美、
「じゃ、翔太、行くよ。」

翔太、
「あっ、あぁ…。」

ジュリアン、
「すみません…。お邪魔してしまって…。」

愛美、
「いえいえ…。どうぞ、ごゆっくり…。」
女性にお辞儀をして、ドアに。
そしてドアの外にいる数人に、それぞれお辞儀をして愛美、頭の中で、
「…何、この人たち、彼女も綺麗だけど、この人も…。」
瞳美の顔を見て微笑みながら…、
「…カッコいいし、それに…、可愛いし…。」

そして愛美の後ろの翔太、ジュリアンと呼ばれた女性にお辞儀をして、
ドアの外、もう一人の女性の顔を見て、小声で、
「あれ…???」

瞳美、その眼差しに、
「…ん…???誰…???」

茉祐子、女性に向かって、
「こんにちは。」


廊下を歩く愛美。

その後ろから翔太、頭の中で、
「…どっかで~。…あぁ~~…。」

ぞろぞろと病室に入るメンバー。ベッドの傍でジュリアンと瞳美、
「マ~坊!!!」

茉祐子、
「桐生さ~ん。」

遼に智也も、
「桐生さ~ん。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【メール便・送料無料】セクシーバックネックワンピース★全2色■ノースリーブ レディース ノースリーブ ワンピース ワンピース 夏 ワンピース レディース ワンピース ロング ワンピース 春夏 黒 ブラック


今季も激熱ボーダー柄マキシ丈ワンピース/レディースノースリーブワンピース/マキシ丈ロング丈ワンピサマーワンピース主役級のデザイン/レディースファッション/春ワンピースマキシ丈/ロングワンピ




楽天ブログ




目を潤ませる瞳美。

  1. 2017/06/19(月) 05:41:59_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
その茉祐子の声を聞いた途端、いきなりまた目を潤ませる瞳美。

「おっしゃ~!!!」
智也。

ジュリアン、
「良かったね、叶ちゃん。」
ジュリアンも薄らと目を潤ませて…。

瞳美の肩を両手で、
「夕方、仕事終わったら、みんなで行こ。」

唇をすぼめて瞳美、
「うん。」

部屋に戻ってきた悟朗、
「おぅ、今戻った。」

メンバー一同、
「ゴロ~さん。お帰りなさい。…で…???」

「あ~。本人、至って元気だ。自分で、脳梗塞の一歩手前~。冗談。…な~んて言ってるくらいだから。夕方でも、みんなで行ってやってくれ。」

それぞれ、
「はい。」




ノックをしてドアを。

部屋に入ってきた姿に将史、
「よっ。」

その場に立ちつくして、
「んもう~~。生きた心地、しなかった。」
ベッド上で、何とも寛いでいる状態の将史を見て開口一番に愛美。
「全然目ぇ~覚まさないんだもん。」
右肩に掛けているバックのベルトを外してバックを将史に投げつける恰好で…。
「んもう~マサ!!!」

「ごめん。」
と言いながら、頭を下げて、そして、
「ありがとな。」

「良いって事よ。」
いきなりドアを開けて入ってくる翔太。

「もう~、翔太がいなかったら、どうなってたか…。」

将史、コクリと…。
「はい。…です。…翔太、恩に着る。」

翔太、
「…で、どうよ、病院…???」

「暇~~。」

「かかか…、だろうな~。」

「…で、どうなの…容態…???」
愛美。

「…ん…???あぁ…。何とも…、情けねぇ話で…、脳梗塞の…一歩手前…なんだと…。」

その声に、愛美も翔太も、
「はい…???うっそ!!!」

「いやいや、俺だって驚いてんだから…。」

愛美…、
「…そ…、そんな…脳…梗…塞…って…。」

翔太、
「じょ…、冗談じゃねぇぞ。」

「いや…。だから~。勘違いすんな。…じゃないって。その…一歩手前!!!…っつうても、何つぅたっけ…。なんだか…聞いた事ない症状。何かの…発作…???うん。」

「発作…???」
愛美と翔太。お互いに顔を見合わせて。

「じゃ……。…脳…梗…塞…じゃ、ないんだ…???」
愛美、ホッとしたような顔をして…。

「びっくりさせんなよ、おい。」
翔太。

「けど…、ほんとに…ありがとな。」


ドアをノックする音。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ミニワンピにもチュニックにも◎一枚あると重宝します♪《Vネックニットワンピ》 長袖 レディース ニット ワンピース チュニック グレー ベージュ 2016AW★claa68036★【eu+】


レディースニットワンピース



楽天ブログ




「意識が戻って良かった。」

  1. 2017/06/18(日) 10:26:46_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
悟朗の、その、「ふたり」と言う言葉を聞いた瞬間、
「あぁ~。そう言えば、昨日の夜、部屋に帰った時、丁度友達から電話があったんだった。そっか…。俺、ここに…、翔太~。…って~事は、もう一人は…。な~るほどね~。」
将史。
「ゴロ~さん。俺の友達です。昔っからの…。ほら、サッカーの友達。」

「あぁ~。な~るほど~。」
頷きながら悟朗、
「とにかく、意識が戻って良かった。みんなにも報告できる。いいか、とにかく安静にしてろよ。変な気…、起こすな。」
笑いながら椅子から立ち上がる悟郎。

「じゃ、俺はこれから戻る。」

「あっ、はい。ありがとうございました。…って…、ゴロ~さん…、変な気…って…。この状態で…。」
笑いながら将史。

「まっ、無理だよな~。じゃな…。では…、お願いします。」
将史に右手を。そして医師と看護師に一礼をして…。病室を出て行く悟朗。


医師の本田、
「お忙しいようですな~。」

将史、
「え、え~。実は…、ようやく一つの大掛かりな仕事、終わったばっかりで…。いやいや…、ふ~~。」

廊下を歩きながら悟朗、スマホを耳に、
「社長、マ~坊、意識…戻りました。」

勲、
「そうですか~。それは何よりです。」


そして、
「はい、プロジェクトルーム、園田です。」
茉祐子。

「……へっ。桐生さん、意識戻った。」

その茉祐子の声で、ジュリアン、遼、
「良かった~~。」
「ヨシ、桐生さん。」

「智也君と叶さんは…今席外してますが、はい。伝えます。ありがとうございました、おじちゃん。」
目を潤ませて茉祐子。

電話の向こう、悟朗、
「おぅ。」

茉祐子、電話を切って、
「良かった~~ふ~~。」


「ほっほっほ~。持てる男は違うね~と~もく~ん。」

両手でオモチャのモデルの入った箱を持って部屋に入ってくる智也、その後ろから瞳美。

「これくらいは…持てないと…、バカにされちゃうもん、叶さんに…。」

「は~っはっはっ。」
瞳美、腕組みしながら…。そして手を叩いて。

茉祐子、
「叶さん、叶さん。今、ゴロ~さんから電話。桐生さん、意識戻ったって。」

瞳美、
「へっ、ほんと…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【DM便のみ送料無料】【レディースノースリーブ】フリーサイズ トップス FREEサイズ 夏 女性服 無地 ロング ミニワンピース やわらか素材 かわいい 4colors ポケット付き4色


【即納】シンプル ショート丈 キャミソール 黒 ブラック 無地 インナーにも[ネコポス可]【キャミソール トップス レディース 女性 無地 黒 black 無地 tシャツ ロンデルブラック セクシー ダンス 衣装 トップス 袖なし[T-SHIRTS Tシャツ]】



楽天ブログ



「みんなに怒られるぞ。」

  1. 2017/06/17(土) 05:25:47_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
その悟朗の声を聞いて、また目を潤ませる瞳美。
静まり返るプロジェクトルーム。

「ただ…、発見が早かったのが幸いだと言う事だ。昨夜から朝方まで、誰かしら2人がマ~坊に、着いていてくれたらしい。」

瞳美、
「朝まで、ふたり…???」

「友達か知り合いか…。その辺は分からんが、まずはマ~坊、静かに眠ってる。俺も、これから戻る。」

「分かりました。ありがとうございます。……はい。気を付けて。」
受話器を置いて瞳美、鼻を赤くして、
「マ~坊…、脳梗塞の一歩手前なんだって。」

メンバー、
「え―――――――っ!!!!」

ジュリアン、
「そ…んな…。」

遼、
「うそだろ。」

智也、
「な…んで…。」

茉祐子、
「……。」
目を潤ませて…。



「…ん…???…ここって…???どこだ…???俺…???あたっ。頭…。」
将史。

ドアが開いて、
「おぅ~、目、覚めたか、マ~坊…。」
悟朗。

「はぁ…???ゴロ~さん…。おれ…、なんで…、ここ…。はい…???」

「実はな。いや、おぅっと…、ちょっと待て。」
急いで枕元のナースコールを。

「はい。どうされました???」
スピーカーから看護師の声。

「桐生が、目覚めました。」
「分かりました、すぐ伺います。」



「はい???俺…、いや…僕が、脳梗塞の一歩手前~~???」
可笑しそうに笑いながら将史、
「いやいや…、冗談よして…。そんな事…。有り得ないでしょ。まぁ…、ちょっと、頭はズキズキしますけど…。」
医師と看護師に向かって。

本田、
「ははは、それだけ元気があるなら、嬉しい事だ。但し、体は正直だ。まずは検査と治療に専念だ。承知出来るかな。最初に誤解されては困るが、君は、脳梗塞ではない。その一歩手前だ。それだけは誤解のないように。」

「まっ、そういう事だ、まずは治療に専念しよう、マ~坊。いや…、桐生。…で、ないと、みんなに怒られるぞ。孝さんに…。それに…叶ちゃんに。」

「あっ、あ~~。叶は…まぁ…。それより…副社長には…。んん…。」
「ぱかやろう、大事な仕事のパートナーだろ。それに、電話口で、涙声だったぞ、叶ちゃん。」

「うそ。あいつが…。」
「それより、ふたりってのは…誰…???」

「ふたり…???」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




新作ウエストゴムヤセ見せハンサム風デニムパンツ♪ジーンズ大きいサイズ レディース デニム スキニー パンツ ズボン パンツスーツ レギンス レギ 大きい L LL 3L 4L 5L 着痩せ マタニティウエア マタニティ マタニティー


ジェイダ GYDA ワンオッシュスキニーデニムパンツ レディース デニム スキニーパンツ ストレッチ パンツ(071611428401)



楽天ブログ



「若い方…お2人…。」

  1. 2017/06/16(金) 05:44:59_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「軽はずみな事は控えますが、早い発見で良かったです。若い方…お2人がいらしていたと言う事です。」
本田医師。

その医師の言葉に悟朗…、
「若い方…お2人…???」

「えぇ…。朝方まで、患者さんの傍にいたそうですが…。…桐生さんの…自宅へは…こちらから…。」
「あっ、はい。お願いします。その方が、ご家族の方も…安心されると…。」

「分かりました。…では、私どもはこれで…。」

看護師を連れだってドアに向かう医師にお辞儀をする悟朗。
「若い2人…。誰だ…???いや…。それにしても…マ~坊…。」



「どうしたの愛美~。朝から元気ないぞ~。それに、な~んか眠そう~。」
同僚の関真知子。

「へっ…。あぁ~ごめん…。ちょっとね…。ん~ん。大丈夫。」
昨夜遅くから朝方まで将史の病室で容態を見ていた愛美。頭の中で、
「…そりゃ、眠いわ。…30分…寝たかな…。」

一方、
「ほい翔太、飲み過ぎか~。」
翔太の右肩を叩いて自分のデスクに向かう品川。

翔太、
「あっ、すんません。」

翔太に振り返って、
「顔洗って来い。眠そうな顔して~。え~。」

「あっ、はははは…。はぁ…。」
椅子から立ち上がり、
「んじゃ…。」
頭の中で、
「…確かに…、眠いよな…。一睡もしてねぇんだから…。かかか…。」



病院の廊下で悟朗、
「社長、悟朗です。」

悟朗からの電話を受けて勲、
「おぅ…。待っていました。…で…???」

「医師からの説明では…。……。」
「……、まさか…。脳梗塞の…。…ふ~ん。…そうですか~。……、うんうん。分かりました。孝子さんにもそのように…。はい。では…。」


ジュリアン、机の電話の受話器を取って、
「はい。プロジェクトルーム、スダです。はい。…叶ちゃん…。ゴロ~さん。」

メンバーが一気にジュリアンに注目して瞳美に、
「はい。眞叶です。」

電話の向こうで悟朗、
「お疲れ。叶ちゃん…。マ~坊だが…。」

瞳美、
「はい。」

「命に別状はない。…まだ…意識は戻ってないが…。分かりやすく言うと、脳梗塞の一歩手前と言いう事らしい。失神からの発作で倒れたらしい。」

「…脳…、梗塞…。そ…んな…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【SUMMER SALE】【あす楽】春までヘビロテ!ショールカーディガン★シンプル カーディガン レディース カーディガン カーディガン 長袖 ガウン風 カーディガン ルーズFIT ゆるかわ 肩掛け


【送料無料】M〜 大きいサイズ レディース カーディガン■トッパー カーディガン 裾のメロウ始末が キュート! ■オリジナル フリー M L LL 3L 11号 13号 15号 K4[[No.1934]]**[[No.1947]]


楽天ブログ



「…でも、発見がもう少し遅かったら…。」

  1. 2017/06/15(木) 06:12:52_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ジュリアン、しっかりと顔を横に振り…。

「えっ、知ってんの…???うっそだぁ~。」
克己。

今度は思いっ切り顔を振り、
両手を前にひらひらさせて困ったようにジュリアン。

「俺だって知らないのに…。」
克己。

「克己君…。ふふん。…嘘言っちゃ…、だめだ。」
克己の左肩に右腕を掛けて香織。

「だって…、それ…いつの歌よ。歌詞も違うし…。」

「…って~いつだ…???これ流行ったの…???」
顔を天井に…、香織…、
「確か…、私…生まれて…。」

克己、
「この子たち…、まだ生まれて…ない…。」

「てへへへへ…。」

「それに…、歌詞も…、かおりじゃなくって、かおる。幾ら名前が香織だって…、ねぇ~。」
メンバーを見ながら克己。

香織、
「知ってんじゃないよ~。克己~。」

いきなり瞳美、
「かかかか。」

そして茉祐子も智也も、
「くっくくくく。」

遼、
「は~っはっはっ。」

ジュリアン、微笑みながらも口を一文字にして…。

「ほい、少しはリラックスして~。」
克己。そう言いながら一人一人にカゴから缶飲料を…。

「叶ちゃん。」
笑顔で香織。
「真理からも言われたでしょ、みんな着いてるよって…。」

瞳美、目を潤ませたままで、
「はい。ありがとうございます。」



病院で悟朗。ベッドで眠っている将史を見て、
「マ~坊…。…桐生…で、どうなんですか、具合は…???」
傍の看護師に…。

「命に別状はありません。…でも、発見がもう少し遅かったら、危なかったかもと…。」
「えっ…???…どういう…???」

「あの…。桐生さんとは…どんな…???」

悟朗…、
「あ…、すみません、実は…。」

看護師の下、ようやく医師から説明を受けた悟朗。
「…まさ…か…、脳梗塞の一歩手前…。」

医師の本田壮一郎、
「えぇ…。つまりは、失神からの、一過性脳虚血発作…。脳の一部の血液の流れが一時的に悪くなる症状です。」

悟朗…、
「はぁ…。」

「おそらく、…桐生さんの場合、動脈硬化で脳内の動脈に出来た血栓が、脳の血管を詰まらせた事が原因ではないかと…。」

悟朗…、
「……。」

「突然で理解しにくいとは思いますが…、とにかく循環器内科で診察始めてます。」

「ありがとうございます。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




レディースニットワンピース


ニットワンピース ダーリンニット 切替 フレア レディース ニットワンピ



楽天ブログ



「暗~~~!!!」

  1. 2017/06/14(水) 12:35:47_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ジュリアン、
「とにかく…、ゴロ~さんからの…連絡…待つしかない。チーフ。しっかりして。」

瞳美、
「う…うん。」

タクシーの中で悟朗、
「社長、悟朗です。」

勲、
「おぅ、おはよう。昨日はご苦労様。」

「社長。」
「ん…???どうしました…???」

「マ~坊が…、病院に…運ばれました。」

「はい???」
いきなり椅子から立ち上がり勲。
「マ~坊が…。…桐生君が…。そんな…。いつ。どうして…???」

そして、病院からの事を悟朗から聞き、
「うんうん。分かりました。とにかく詳しい事が分かったらすぐに連絡下さい。お願いします。」

「じゃ…、後で。」

悟朗からの電話を切り、すぐに副社長室の番号を…。

孝子、
「うそ!!!どうして~!!!なんで~~!!!!」

勲、
「とにかくゴロ~からの連絡、待ちましょう。」




朝から暗い雰囲気のプロジェクトルーム。
いきなり、
「ハ~ロ~~。」
背筋をピ~ンと部屋に入って、
「暗~~~!!!」
と、一言。
「おいおい、君たち~~。」

ジュリアン、遼、
「ぶ…部長…。」

瞳美、智也に茉祐子、
「ま…つい…部長…。」

香織、
「暗すぎる~~。ほい。いらっしゃ~い。」
と、ドアに手招きをして。

「お待たせ~~。」
と、言いながら部屋に入ってきたのが…。

瞳美、智也、茉祐子、
「部長~~。」

克己である。しかも、カゴに缶飲料を入れて。
「松っちゃん、人使い、荒いから…。」

香織、
「よう言うわ。まっ、否定はしないけどさ…。孝さんから事情は聴いた。マ~坊の事。…で、そのまま克っちゃんに話したって訳。」

「当然、もう…社内に広まっちゃった訳よ、桐生君の事。」
克己。

「だか~ら~。あんたらばっかじゃないって訳~。心配してんの…。…叶ちゃ~ん。」

瞳美、
「…あっ、はい…。」

左手をマイク代わりにして、
「瞳・美・ちゃん。泣・い・て・ばかりいないで…。瞳・美ちゃん…。」

克己、
「いや…。だからなんで、そこで懐メロ…出てくる訳…???この子たち、知らないよ、その曲…。」

「うそ――――――っ!!!あらまっ。」
いきなり自分の口に右手を当てる香織。

瞳美に智也、茉祐子に遼、頻りに首を縦に。

克己、
「ほら…。当然ジュリアンは…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【スーパーSALE!480円】《全3タイプ 3色MIXノースリーブワンピース》タンクトップ レディース カットソー ワンピ カラーブロック チュニック カラフル 3色ミックス ボーダー ロング 夏 ノースリーブ バイカラー 切り替え//// 02P29Aug16


メール便送料無料 レディース 無地 タンクトップ ノースリーブ トップス カジュアル 大人 シンプル おしゃれ 夏 婦人服 薄手




楽天ブログ



「何てこったい。マ~坊。」

  1. 2017/06/13(火) 05:12:48_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「どうしよう、どうしよう。どうなるのよ桐生さん…。」
こちらもいきなり涙目になる茉祐子。

「ま…ゆ…ちゃん。」
茉祐子を見ながらの智也。

悟郎を見ながら遼、
「桐生さん…、あれから…、何があったんだ…???」

「叶ちゃん、まだのようだからお前たちから伝えてくれ。後で連絡する。」
カバンを持って部屋を出て行く悟郎。
「何てこったい。マ~坊。」


程なくプロジェクトルームに資料を両手に持って入ってくる瞳美。
「おっはよう~。昨日はみんな、お疲れ~。さ~て、来週…どうなるか…???ある意味じゃ、楽しみだよね~。」

そんな瞳美に、泣きそうな顔してジュリアン、
「叶ちゃん。」

「ふん…???どしたのジュリアン。涙…???ま…さか…。もう結果が…出た…???…な~訳…ないよね…。」
そう言いながらも、遼と智也、そして茉祐子の顔を見て、それぞれが深刻な顔。
しかも、茉祐子も涙目で…。

「何々…。どうしちゃったのよ~みんなで…、そんな顔して…。」

茉祐子、
「叶さん…。」

「ん…???」

ジュリアン、
「叶ちゃん!!!」

「あっ…。はい。」
「マ~坊…、病院に運ばれた…。意識…ないみたい。」

瞳美、
「!!!!……。」
いきなり両手で持っていた資料を床に落とす瞳美。
「…ジュリアン。…今…何て…???」

「マ~坊が、病院に運ばれた!!!叶ちゃん!!!」
「マ~坊が…。」

けれども涙は出て来なかった。その代わりに、急激に高鳴る鼓動。そして、
「ジュリアン!!!病院どこ…???」
いきなり踵を返してドアの方に。

「叶ちゃん!!!」

そのジュリアンの声に瞳美、後ろ姿でビクン。

「もう…、ゴロ~さん…向かった。叶ちゃん、ここに来たほんのちょっと前。」

じわりじわりと目に涙を浮かべる瞳美。振り返って、
「何…が…、あったの…???マ~坊…。ジュリアン…???」
涙声になって瞳美。

「私たちも…まだ…分からない。さっき、病院から電話があって。悟朗さん、それ聞いて、すぐに…。」

茉祐子、
「叶さん…。桐生さん…。」

遼、智也…、
「どうしちゃったんだ、桐生さん…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【16日09:59分〆!ポイント最大10倍!】【GOGOSING】アイレットリボンポイントニット★ニット ポイントニット レディース ニット トップス 長袖 無地 p000byfp


【選べる2タイプ】大人の上品サマーニット/ Vネックorボートネック/涼ニットで魅せる大人の1枚/選べるニットカット/サマーニット レディース ニット トップス 【メール便送料無料】



楽天ブログ



「悟郎さん、2番に外線です。」

  1. 2017/06/12(月) 05:48:47_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そしてこちら、
「おはようジュリアン。昨日はお疲れ~。」
優子。

「はい、ありがとうございます。」
ジュリアン。

「まだ…、マ~坊は…、来てないようね~。」

プロジェクトルームでは智也と茉祐子、昨日のコンペ参加企業の入念チェック。
遼はパソコンの画面と睨めっ子。

そこに悟郎、
「おはよう。昨日はお疲れ~。おやおやお二人共~、良い顔してるね~。なんだかスッキリした顔だね~。こりゃ、若さだろうか…。はは。」

その声を聞いた瞬間、智也も茉祐子も、
「はぁ~~あ???…ぷ~~。」

そして…、机の上の電話、
「あ~、いい~多分俺の内線だ。」
遼。
「はい。プロジェクトルーム。……。はい、はい。いますけど…。少し待ってね。今出るから…。は~い、ありがと。」
受話器を置いて、
「悟郎さん、2番に外線です。何かありました…???小波総合病院からって。」

悟郎、
「はぁ~???…いや…、何も…。全然…。おかしいな…。何かの間違い…。」

そう言いながら受話器を取り、2番のボタンを…。
「お待たせしました。責任者の柏崎と申します。……あ、はい。桐生将史は、弊社の社員ですが…。」

その桐生将史の言葉で、一斉に悟郎に注目する3人。

そこに、
「おはよう~。はい、昨日は…。」
そこまで喋って、茉祐子と智也に遼の、唇に人差し指一本を見て…。
ジュリアンも訳も分からず同じように…、首を傾げながら…。

いきなり悟郎、
「桐生が病院に運ばれた…???昨夜11時過ぎに…。」

その声を聞いた瞬間、驚く4人。

悟郎、
「…はい。はい、はい。」
すぐにメモを取り、
「はい。分かりました。すぐ伺います。すみません。小波総合病院でよろしいんですよね。……はい、どうも。わざわざありがとうございました。失礼します。」

受話器を置いて、すぐ様脱いだばかりのジャケットを羽織り、
「マ~坊がゆうべ遅くに救急車で病院に運ばれた。失神だったようだが、朝まで何度か意識はあったものの安定しないそうだ。とにかく行って来る。」

「えっ???なんで、なんで…???」
いきなり涙目になるジュリアン。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



≪スーパーSALE★半額SALE≫送料無料☆ 一枚でヌケ感演出!スキッパー襟 Vネック ロングコクーンワンピース/ ミディ丈 / ドロップショルダー / レディース ニットワンピース ニットワンピ 長袖 ニット セーター 冬 膝丈 チュニック [E1650]【入荷済】


ミニワンピにもチュニックにも◎一枚あると重宝します♪《Vネックロングニット》 長袖 レディース ニット ワンピース チュニック グレー ベージュ claa68036★【eu+】



楽天ブログ



プログレッシブ・ロック公式グッズの祭典 「THE PROGRESSIVE ROCK 2017」8月開催決定!

  1. 2017/06/12(月) 05:32:53_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


プログレッシブ・ロック公式グッズの祭典 「THE PROGRESSIVE ROCK 2017」8月開催決定! ピンク・フロイド デビュー50周年記念 株式会社JAMSHOPPING


HEAVY METAL!

  1. 2017/06/12(月) 05:28:26_
  2. 劇場、民芸、芸能全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


HEAVY METAL公式グッズの祭典「PGS METAL」池袋パルコ・ロックの日スペシャル企画が新たに決定! 今年のロックの日(6/9)は、HEAVY METAL! 株式会社JAMSHOPPING


「きゃっほ~~終わった~~。」

  1. 2017/06/11(日) 05:07:03_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「じゃな~、気を付けてな~。」
将史、遼。

駅でそれぞれのホームへ。

そして、瞳美、ベッドにそのままダイブ、
「きゃっほ~~終わった~~。」

ジュリアン、スマホに、
「ようやくだわ。終わりました~。」

南朋、
「はははは…、お疲れ。」

「あぁ~、もう食えない。」
遼。そしていきなり着電、
「おやおや…。かははは。」

「あぁ~俺だ。子供たち…寝たか…。」
悟朗。
「あ~、今、駅に着いた。」

「さ~てと…、シャワー、シャワー。」
茉祐子。

そしてこちらは部屋のドアを開けた瞬間、着電。
「おぅ…翔太。ん~???あぁ…何とかな…。」

「ようやく…解放されたってか…。」
翔太。

「あぁ…。これでまっ…なん…、……。」

いきなり電話の向こうで、変な音。鈍いような…、何かがカタカタカタと…。
「…ん…???おい、将史…???おい。おい。将史???将史。おい。おいおいおい。……???なんだ…???へっ…。ちょっ…。やばっ。」

全く反応のないスマホの向こう。そのままの格好で部屋を出る翔太。
通りに出て走り、
「何なんだよ、一体。将史。タクシー―――――っ!!!!」

タクシーを捕まえて、すぐに乗り込みポケットからスマホを。
「愛美ちゃん、俺。」

スマホの向こう、愛美、
「あぁ~翔太、どしたの…???……!!!マサが!!!…わ、わかった。すぐ行く。」

将史のアパートの前で翔太、救急隊のひとりに、
「…で、よろしくお願いします。あっ、愛美ちゃん。」

「翔太、マサは!!!」

ストレッチャーの上で蒼白のまま動かない将史。
「マサ。マサ。マサ!!!…なんで、どうして…???」
涙浮かべて愛美。

「愛美ちゃん、救急車乗って…。俺…状況は今話したから…。俺…タクシーで追い掛ける。」

愛美、
「う…、うん。」

救急車の中で愛美、
「なんでよ、マサ~。ようやくコンペ終わったと思ったのに…。」
涙を右手で拭いながら…。




「おはようございま~す。」
真理に向かって瞳美。

「はい。おはよう瞳美。昨日はお疲れ様でした。ふふ。ゆうべは羽目外しちゃったかな~。」
真理。

「いえいえ。今週はまだ今日1日ありますから。へへへへ。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニット カーディガン レディース ロング カーディガン  ドルマン袖 ドルマンスリーブ メール便送料無料


春夏コーディガン パステル UVカット カーディガン レディース 紫外線カット ロング 薄手 ストレッチ



楽天ブログ



「普通だったら、立ち直れんぞ~。」

  1. 2017/06/10(土) 05:13:14_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「うっそ~~!!!!」
遼に、智也に瞳美。

「ほ~んとだ~。まだ目…赤い。」
瞳美。

「やったぜ、チーフ~。」
ジュリアン。

「童夢館…。やっぱり…おっきぃね。」
ポツリと瞳美。
「でも…、まっ、いっか~~。部長には…、謝るしか…ないっか~かかか。」


「う~んにゃ。上出来だ。」
前で悟朗。
「あれだけのダメージ食らって、ここまでやれるとは…。さすがに笑顔とミラクルだ。普通だったら、立ち直れんぞ~。」

「ゴロ~さん…。」
面々。満足げな顔して…。


他の3企業のプレゼンもしっかりとチェックしての、
「さてと…。みんな、お疲れ。打ち上げ、するぞ~。」
悟朗。

「待ってました~~イェイ。」
遼と智也。

「オッシャ。」
将史。

女性陣は、
「わお。」



「ふ~ん…。今回は…、おあずけ…かな~。」
会場のモデルの資料を見ながらの審査員のひとり。
「それにして…も…。ふふ…。おもしろい。」



社長室。勲、そして孝子、
「お疲れ様。どうでしたか…、出来栄えの方は…???」

「えぇ…、まぁ…、何とか…。やり切りました。」
悟朗。

孝子、
「みんな~お疲れ様~。うんうん。良く頑張った。ありがとう。」

「社長、副社長。…でも…。」
瞳美。

「ん~???いやいや…。あれだけのマイナスからプラスに持って行ったんです。それだけでも物凄いエネルギーだと思いますよ。叶さん。」
勲。

「マ~坊、プレゼン…、お疲れ。」
孝子。

「みんな…いましたから、何とか…。」
将史。

「ジュリアン、智也君、遼君、茉祐子。お疲れ。…今日、やるんだろ、打ち上げ。思う存分、楽しんで。」
勲。

「はい。では…、失礼します。」
悟朗。

そして、それぞれの部署の社員から労いを掛けられる面々。
そしてまたいつもの場所での打ち上げ。

「よし。みんな~お疲れ―――――っ!!!」
音頭を取る瞳美。

一同、
「か~んぱ~い。」

大いに盛り上がる面々。飲んで食べて、踊りまで出る始末。

そして、
「結果は来週の月曜日。何がどうあれ。あの作品は俺たちの記念になる。そして、マ~坊。」
悟朗。

「はい。愛されるオモチャとして。」
「おぅ。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




レディース オフショルダー ブラウス シャツ トップス チェック柄 夏 オープンショルダー 肩出し 肩空き フェミニン キレイめ プルオーバー ゆったり シルエット オシャレ カジュアル


楽天スーパーセール10%OFF以上 チョーカートップス オフショルダー トップス 長袖 ネック ラッシュネック レディース オフショルダー 大きいサイズ 袖付き 袖あり ピンク ブラック ホワイト 白 黒 S M【ヤマトDM便発送】【代引き・ゆうパック不可商品】



楽天ブログ



「ここまで…できるんだ…。」

  1. 2017/06/09(金) 10:38:35_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
プレゼンが始まるや否や…、智也、遼、
「凄い。」

茉祐子、
「わ~素敵~。私…こういうの好き~。」

ジュリアンと瞳美、そして将史だけが無言で…。
悟朗、
「ふふ…。」

そして、2番、3番となり、徐々に面々の声はなくなり、4番目の童夢館。
「弊社、童夢館の今回ご提案する作品はこちらになります。作品のネーミングは『虹色ミニ~』そして、この作品のコンセプトは…、……。」

そして、この童夢館の作品を観た瞬間、カンベ・キッズ・ワールドの面々…、
がっくりと頭を下げて、
「これって…。」
そして溜息を突く面々。

瞳美、
「ここまで…できるんだ…。」

「だ~な。ここまで…できる。」
将史。

「完璧っすね。」
遼。

ジュリアン、
「ふ~ん。」

「叶…さん。」
智也。

「どうしよ…。」
茉祐子。

そして童夢館が終了し、次の企業が終わり、6番目の企業の作品。
そしていよいよ…。

悟朗、
「よし、行くぞ。」

カンベ・キッズ・ワールドのプレゼンテーション。テーブルの上の作品。
その作品を見て声を出す将史、
「弊社、カンベ・キッズ・ワールドがお届けする作品はこちら…。『笑顔とミラクル。』」

そしてスクリーンでの動画。それに合わせての将史の解説。
それに合わせての瞳美のサポート。
緊張しながらも将史のプレゼンと瞳美のサポートの中で、ちょっとしたハプニング。

審査員の一人が思わず堪え切れずに、
「くくくく…。あっ、いや…、失礼…。んん…。」

そして、
「ご清聴、ありがとうございました。」

静かに、それでも審査員とその他全てに、丁寧に挨拶をするメンバー。
悟朗、面々に目配せをして…。

会場を出た瞬間。将史、
「叶…。」
瞳美に向き直って。

そして瞳美も、
「マ~坊…。」

右手と左手で、ハイタッチ。お互いに、
「とにかくやった。」

そして将史、
「だ~めもと…だ~なぁ。」

「でも、結構説得力、あったよ~マ~坊~。」
ジュリアン。

「そ~か~???」
笑いながら将史。

「うんうん。なんだか…私…、ちょっぴり…涙…出てたもん。」
茉祐子。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



カットソー ボーダー ボートネック 薄手 長袖 tシャツ トップス インナー レディース オフショルダー きれいめ 26269


カットソー レディース オフショルダー トップス 長袖 フリル (t316)



楽天ブログ



ジュリアンの右指先が…、ツン。

  1. 2017/06/08(木) 06:06:01_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
翌日午前、
「いよいよ来ましたね。はは…、良い天気です。」
社長室で勲。

「みんな~頑張ってよ~。」
孝子。

「…もしかして…緊張してます…孝子さん…???」
「…そ…、そりゃ…。そうでしょ。」

「はは…、そうですか~ははは…。」



「カ~ナちゃん…。ん~。良い顔だね~。」
武弘。

「マ~坊、かなちゃん。みんな~頑張って~。」
佳乃。


そして、本社では、それぞれの部署から励ましの言葉を贈られながら…。
悟朗、
「ヨシ、行くか。」

メンバー、
「はい!!!」


そしてコンペ会場。
今回のコンペに参加している企業は合計で10社。
それぞれの企業が凡そ顔馴染みでもあるのか、
和気藹々としているのが窺える。

こういう場所は未だに経験のないカンベ・キッズ・ワールドの面々、
何かしら緊張感のある面持ちで、会場へと…。

そんな中で悟朗だけが様々な企業と挨拶を交わしながら、
面々もそれに便乗する。

瞳美、
「マ…、マ~坊…。」

将史、
「お…、おぅ…。」
深呼吸して。

「な…んか…、緊張してない…???」
「な…何をバカな…。これくらい…。」

「そ…、そぅ…。それなら良いんだけど…。」

そんな瞳美の左肩に右手を置き人差し指を立ててジュリアン、
「ねぇ~叶ちゃん…。」

瞳美が左に顔を向けた途端に、左の頬に、ジュリアンの右指先が…、ツン。
その途端、瞳美、
「ぶ~~。ジュリア~ン。」

「かかかか…。大丈夫~???ど緊張って、顔~。」
「そ…そんな…ことは…。…でも、ジュリアン…、全然緊張って感じ…ない。」

「うん。私はね、以前外資系の仕事で、こういうのは…、何度かね~。ほら、あちらが噂の童夢館の方々…。」

そのジュリアンの声に、5人一斉にその方に顔を向ける。

「さすがは…、何とも場慣れしてるような…。」
遼。

「がんばろ。」
茉祐子。

「うんうん。」
面々。


「俺たちは7番のエントリーだ。そして、お目当ての童夢館は、4番目となっている。そろそろ…始まるぞ~。」
悟朗。

面々、
「はい。」

出番待ちの企業は別室にてモニターを視聴できるようになっている。
悟朗、
「良~く見とけ~。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【アウトレット・訳あり商品・返品不可】デニムレギンス 裏起毛レギンス デニム風レギンス ダメージ風 暖か 防寒 伸縮性 ストレッチ 美脚 ウエストゴム レディース スキニーパンツ 【メール便発送】


レギンス くしゅくしゅ レディース スキニー パンツ レギパン ウエストゴム ストレッチ 綿 コットン パギンス 無地 シンプル メール便OK


楽天ブログ




「ものにする。絶対に。」

  1. 2017/06/07(水) 05:15:21_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「あれ…。考えに考えて作り出したものじゃないんだ。」
将史。

瞳美、
「へっ…???それって…、どういう事…???」

「確かに、世の中、考えに考えられて作られたものは良いと思う。けど…、一瞬のインスピレーションで生まれたものって、もの凄いエネルギーって、あるって、俺、思うんだ。」
「…マ~坊…。」

「あれっ…、おまえの一瞬の…インスピレーションだろ。今回のも…そうだけど…。」
「…う…、うん。」

「俺も…、商品企画は何年か、やってきた。…だから…分かるんだ。」
「へっ…、何…、マ~坊…、あんた…まさか…商品企画…専門…???」

「はぁ~~???知らなかったか~???」

思いっ切り首を横に何度も振る瞳美。

「おいおい…。」
変顔の将史。

「あっ。道理で、最初、私の発案に…。ダメ!!!つぅ~たよね~。な~るほどね~。それでか…。かっかっかっかっ。」
腕組みして笑いながら瞳美。


「叶…。」
前をじっと見つめて将史。

「…ん…???」
「おまえのインスピレーション。ものにする。絶対に。」

「…マ~坊…。」



「さすがにかっこ良いですよね、ジュリアンの彼氏。」
廊下を歩きながら遼。

「おほほほほ…、お褒めに与り…、光栄ですわん、遼く~ん。でも…遼君だって…、きれ…。う~っわ…。やばやば…、遼君…。ストップ、ストップ。」

いきなり遼の腰に手を回し口を押えてジュリアン。
「回れ右~。はいはい、別のトコ~。」

「な…、なになになにジュリアン。うぐぐぐぐ…。」
チラリと振り返って自販機コーナーの方を見ると、そこに将史と瞳美。

「だからね~。邪魔しない、邪魔しない~。」

遼、
「わ~お。」



そしてコンペ前日。悟朗、
「ヨ~シ、抜かるなよ~。とにかく、自信持って行け~。最終段階だ~。最終確認怠るな~。」

何故かしら、そんな悟朗の声をよそに、プロジェクトメンバーの笑顔が目立つ。

「オッシャ~。こんな感じだね~。」
遼。

「うん、OKよ、こっちも良い感じ~。」
ジュリアン。

「まとまってるか~これ…。」
将史。

「OKです。」
遼。

「これって…、今まで見た事ないわ~。ニシッ。」
茉祐子。

「ほいほいほいほい。」
智也。

「もう~やるっきゃないね~これで…。はは…。」
瞳美。

悟朗、
「くく…、こいつら…。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



2017春夏 新作 レディース ニットトップス ニットソー Vネック 無地 シンプル 42283


【選べる2タイプ】大人の上品サマーニット/ Vネックorボートネック/涼ニットで魅せる大人の1枚/選べるニットカット/サマーニット レディース ニット トップス 【メール便送料無料】



楽天ブログ



「蟻の子一匹でも…。」

  1. 2017/06/06(火) 10:37:59_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「はい…???あんた、遼ちゃん。こんなセンス…あった訳~???」
遼の左肩をバンと叩くジュリアン。

「や~るじゃん、遼ちゃ~ん。」
今度は右肩をバンと将史。

「だから…。痛い~~って~。智也くんじゃないんだから~~。」

その3人を見ながら「キャッハハハハ。」と手を叩いて笑う瞳美と茉祐子。

「なんで、そこに僕の名前…出てくるかな~。」
智也。

将史とジュリアン、
「ぷっ。くくくく…。」



「部長、現時点で、問題ない状況です。」
総務部社員の玉置聡美。

「そっか。うん、ありがとう。…えいえいえい。頼むぞ~。蟻の子一匹でも…、通さんからな~。」
机に右肘を着いて、右手指で顎を撫でながらの総務部部長の岩柳龍一。

幾ら徹底的なガードをしても、
相手がどういう人物かと言うのが全く分からない暗中模索状態。
そのために、会社全体で、可能な限りの監視をしていたのだった。

もちろん、その場でのインスピレーションでイメージされたモデル。
それが3日目には完全に形になっていた。
そしてそれは、前回のモデルとは全く異質のモデルでもあった。



自販機コーナーの前で、
「凄い、凄い、こんなに早く形になるとは…。」
瞳美。
「プレゼンもいい感じよね、マ~坊~。」

先にコインを入れる将史。
「ああ。順調だ。」

そしてボタンを押して将史。出てきた缶コーヒーを、
「ほい、叶。」

「おや~、買おうと思ったのに、お優しい事で…。ありがと…、ゴチになりま~す。」
将史から缶コーヒーを受け取って。

「たまにはな~。」

椅子に座って、
「あの時はもう…、何がどうなったのか全く頭の中、パニック。」

「それを言うんなら俺だって同じだ。」
こちらも出てきた缶コーヒーのプルタブを開けて一口。

「でも…、あの一言は…効いた。」
「ん~~???」

「悔しくねぇのかよ。…の、一言。」
「まっ。負けず…嫌い…と言う訳でも…ねぇけどさ…。やじゃない。どこの誰かも分かんないのに、横から勝手に横取りされたみたいで…。しかも…。」

「ん…???…しかも…???」

瞳美の隣に座りながら将史。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



レディース/パンツ/カラーパンツ/ツイル/ストレート/ストレッチ/伸びる/ブラック 黒/定番/SOFT-it/VALMAN バルマン/JACK ジャック【お直し無料】 XSサイズ Lサイズ 白 赤 黒 年間 通年 仕事着 アルバイト 裾上げ 裾直し 丈直し お直し


スキニーデニムパンツ レディース 美脚 スリム ストレッチ デニム ジーンズ ジーパン ロゴ 英字 スキニ—デニム ボトムス ジーンズ レディース スキニージーンズ デニムパンツ スキニーパンツ デニム 大きいサイズ 春物 春 送料無料 GDWM-170772




楽天ブログ



「当然、全部パァ。」

  1. 2017/06/05(月) 08:27:18_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
健文、
「当然、全部パァ。」

「う~っわ。じゃじゃじゃ~、これからどうすんのよ~桐生さんや遼君にジュリア~ン…???それに…、商品企画開発部の3人も~???」
「ん~~。それがな。発覚したのが昨日の午前中。そして…。何と夕方前に…、新しいモデルのイメージが浮かんだんだと。すげ~よ。」



「いい事~みんな~。」
香織。
「あと、4日しかないんだからね~。プロジェクトの情報は完~璧に機密。」

一同、
「……。」

「土台、プロジェクト自体、機密なんだけど…。今回はプロジェクトのファイルのパスワード…。更に厳重になってるからそのつもりで。」

その香織の話に頷く優子。

続ける香織、
「プロジェクトのメンバーですら分かりづらいランダムで変わるパスワードにしてるから…。」

「そこまでするか…。」
健文。

「そもそも、そうしたいと申し出たのが彼らだけどね~。」

「わ~お。」
久美子。

「当然既に始まってる。今や私も…簡単にプロジェクトのファイルは…見れない状態。」

「へっ。部長たちも…???」
園子。

「但し、各課長以上にだけは…、そのランダムパスワードは、その時間毎に連絡が来ることになってる。…でないと、バックアップが出来ないからね~。」

「つま…りは…、管理職だけが見れるプロジェクトファイル…と…いう。」
健文。



社長室、勲。
「では和磨、頼みましたよ。」

和磨、
「はい。やってみます。ただ…、結果は…どうあれ…。」

「うむ。それはそれで…、仕方がないでしょ。ただ、うやむやには出来ない事です。」
「はい。失礼します。」



2日後のプロジェクトルーム。
「あ~~ん、もう。これじゃ…。だめ。」
瞳美。

「へっ???でも、叶さん。ほら、ここ…、こうすれば…。」
茉祐子。

「わお。ナイ~ス、茉祐子ちゃん。ヒットだね~。かかか。その手があった。」
茉祐子とハイタッチ。

「マ~坊~、こんなんでどうよ。」
プレゼンの資料をジュリアン。

「ほいほい。おほほほほほ~。さっすが~。いいね~うん。使っちゃおう。」
将史。

「こっちもOKだよ~ん。」
遼。

「どれどれ…。」
将史とジュリアン。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



デニム パギンス パンツ ストレッチ スキニー 美脚 激伸び 秋冬 レディースジーンズ スキニー ケミカルウォッシュ カジュアル ミドルウエスト 着痩せ スキニージーパン 綿混 伸縮性 美脚 美尻 大きいサイズ GDWM-610660


【メール便送料無料】美脚効果抜群!すっきりスキニーシルエット! M,L.XL,XXL大きいサイズ レディース ジーンズ ロングパンツ ジーパン 本格デニムパンツ フィット パギンス デニム 秋新作 PANTS カジュアル 脚長 美尻 ウェストゴム ブルー&ブラック 青 黒 春



楽天ブログ



「同じ轍は二度と踏まん。」

  1. 2017/06/04(日) 06:07:22_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ヨ~シ。みんな~、ありがとう。日曜だって言うのに遅くまで申し訳なかった。この埋め合わせは必ずさせてもらう。」
悟朗。

メンバー全員、
「お疲れ様でした~。」

「南朋…、遅くまでありがとな。ジュリアン、頼んだぞ。」

頷く南朋。

「そして…叶ちゃん、マ~坊。良くやった。」

瞳美の肩に手をやり、瞳美、
「あい。」

そして将史の肩に手をやり。そして遼、ジュリアン。智也に茉祐子。

「一度やってきたんだ。今度こそ。勝負、賭けるぞ。明日、一気に、今回の事は会社中に広がる。だが、それが狙いだ。同じ轍は二度と踏まん。」

一同、
「うん。」

その悟郎の宣言通りに月曜日の早朝に全管理者に臨時会議の招集が掛かった。
そして、就業時間の頃には全ての部署の掲示板には会議での決定事項が掲示された。

商品企画開発部。
「うそうそうそ。コンペのモデルが外部によって盗用…。怖い。」
啓子。

「瞳美…、大丈夫なの…???」
茜。

「茉祐子に智也の顔もまだ見えないけど…。」
百合子。


机の上で部長の克己の方に顔を向ける真理、
「瞳美…。」

「しっかし…。やってくれますね~。え~。どこのどなたか存じませんが~。」

淡々と話しているようだが…。
机の脇で準、克己の顔を見ながら、
「部長…、顔…、引き攣ってますよ。」

準をチラリと見て、
「そ~お。」


そしてこちらでも…。険しい表情の香織。
「全く~。この松居香織を怒らせたら、どうなるか覚えてらっしゃ~い。」

「だから、まだ誰の仕業かも分かんないって~。」
優子。

「けどさ~、あったまくるでしょう~。なんちゅう神経の持ち主よ~。何か得でもあんのかね~。」
腕を組みながら…。


「課長に部長…、朝からもんの凄い怖い顔~。」
久美子。

「バカ。久美子、あんた掲示板見てないの~???」
園子。

「へっ???…何かあったの…???あたし…時間ギリギリで入って来たから…。」
「プロジェクトチームのモデルが、外部から盗用されたの~。」

斜め向かいの健文。
「朝から管理職のお偉方、大慌てで臨時会議だ。」

「うっそ―――――っ!!!じゃじゃじゃ~あ~あ~、今まで作って来たのって…???」
久美子。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




【ts18655】キャミソール レディース ニット トップス インナー 配色 Vネック 胸元 セクシー ショート丈 リブ スリム 伸縮性 ベージュ 【3枚までメール便同梱可能【メール便可】


【選べる2タイプ】大人の上品サマーニット/ Vネックorボートネック/涼ニットで魅せる大人の1枚/選べるニットカット/サマーニット レディース ニット トップス 【メール便送料無料】



楽天ブログ



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -