FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

「朝から、角、生えますよ~。」

  1. 2017/11/30(木) 06:10:10_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そんな典の声に、浩一も…、
「いやいや…、つかさん…、何もないって…。」

「うそ。顔に書いてあるじゃん。」
典。

浩一、
「はい…???」

そんな2人の会話を聞いて咲と紀美子、
「ぷっ。くくくく。」

「室長、主任、白状した方が…、でないと、つかさん、朝から、角、生えますよ~。」
口を尖らせながら紀美子。

その紀美子の声に、咲も、
「うんうん。」

「な~んで私の頭に角が生えんのようムラッチ~???」
自分の頭に両手指を立てて典。

「かかか…、ほら、もう生えた~。」
げらげら笑いながら紀美子。

「…で、何があったかな~室長、主任~。」
咲。

「い…、いや…。何が…って言われても…。ねぇ~悠さん…。」
浩一。

その浩一の声に同乗して悠馬も…、
「う…、うん。特に大した…。単に…一緒に…飯…食った…程度…かな…。」
唇を尖らせながら…。

浩一も…、首を縦に、
「うんうん。」

「はっ???」
いきなりその悠馬の声に、典と紀美子。

すかさず自分の椅子から離れて典の椅子に、そして、典に、
「ねぇねぇ。」

典、
「ふ~ん。では…、伺います。お二方、ご一緒に、な・に・を!!!召し上がったんでしょうか~???」
その場を立ち、腕組みをしながら。

今度は紀美子が首を縦に、
「うんうん。」

悠馬と浩一、
「はぁ~あ???」

「…あっ、いや…。何を…って…。言われても…。」
悠馬。

「くくくく…、室長~。そして主任~。」
咲。

このままでは、解放してくれないと思いきや、悠馬。
「まっ…、黙っていても仕方ないか…モッちゃん。」

浩一、素直に首を縦に。

「実は…うちのカミさんから言われてね~。一緒に食事しよって…。カミさんの友達もモッちゃんに紹介したいって言われてね~。」

その声を聞いて、典に紀美子、咲も、目をパチクリ。

「いや、ほら。モッちゃん、こっち来て、誰も知り合い…いないから。」

「あ~ぁ。」
咲。

口を尖らせながら紀美子、
「ふんふんふんふん。ふ~ん、そか…。」
典の机の上で、指咲でチョンチョンと、叩きながら。

思わず、目の行先に迷いながら典、
「…ん…、んん…。ま…あ。ね…。奥様から…、じゃ…。うん。うん。うん。うん。」
腕組みを解いて…。

紀美子はまた自分の席に。

そして典は、そのままパソコンの画面に。

悠馬と浩一、
「ふぅ。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



裏起毛 パンツカラバリ揃えて毎日使える♪9color♪【裏起毛仕様カラースキニーパンツ】【106-gd323】スキニー スキニーパンツ ロングパンツ 裏起毛 パンツ レディース 裏起毛 パンツ レディース冬【予約販売:12月15日入荷予定順次発送】メ込


入荷済!裏起毛 マキシスカート ふんわり暖か裏起毛マキシスカート ショート ロング レディース 裏起毛 パンツ ボトムス スカーチョ レデイース



楽天ブログ



スポンサーサイト




少々寝不足気味の…麻美。

  1. 2017/11/29(水) 05:18:34_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ふふん。モッちゃん、子供…、欲しくなったでしょ。」
寿の布団から立ち上がりながら知寿子。

寿の顔の近くで胡座を搔いて悠馬、
「ん~~。はは。」

そのまま冷蔵庫のドアを開けて、浩一の前に缶ビール。
「はい、どうぞ~。パパもね~。」
そしてもう一本取り出して、
「…と、私も、頂いちゃおぅ~っと。」

悠馬、
「では、再びの、乾杯と行きますか。」

浩一、
「お世話になります。」

知寿子、唇に指1本当てて。それに悠馬も浩一も便乗して、
3人揃って小さな声で、
「かんぱ~い。」



翌日、早めに起きて、一旦自宅に戻る浩一。

片や、こちらは少々寝不足…気味の…、麻美。
台所に入って来るなり、あくびをしながら、
「おはよう…。ふぁ~~あ。」

「な~にがおはよう、ふぁ~~あ、よ~。」
朝のメニューをテーブルの上に、順子。
「めず~らしく、午前様なんて…。」
「あ…、あ~。昨夜…ね…。まっ、しゃあないでしょ。お・つ・き・あい~。」

昨夜、真也からご飯を奢られて、
そのまま4人でカラオケにまで発展したのだった。
その時は既に、華穂が無理やり真也の背中を押しながら、
「課長~、付き合え~。明日は花金だ~~。」

そんな昨夜を頭に浮かべながら…麻美、
「しっかし…、華穂さん、バイタリティあったよな~~。なんでだろ…???」




「おはよう~。おやおや…、女性陣…早いですね~。」
企画室に出社してきた浩一。

開口一番、咲が、
「おはようございます。だって、めちゃくちゃ忙しくなっちゃったんだもん。」

その咲の声に典、
「かかか、とうとう目覚めた子ヤギちゃん。…てか~咲~。」

「ははは、そっか、グランジュエさんか…。」
笑顔で浩一。

「あれ~。そういう主任…。なんか~ぁ。良い顔…してません…???」
そんな典の声に、咲も紀美子も、
「…ん…???」

浩一、いきなりの声に、
「えっ…???ええええ…???いや…、別…。」

「おっはよう~。おやおや…みなさんお早いですこと。」
出社してきた悠馬。浩一に手で挨拶をして。

「おはようございま~す。」
典、咲、紀美子。
「…ん…???何…???悠さん、モッちゃん、ふたりで何かした~???」
いきなり典。

自分の席に着くなり悠馬、
「はぁ~???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【即納発送】ポイントリブデザインVネックニット


ニット レディース vネック/ざっくりニット セーター/ニット トップス レディース/vネックセーター レディース/リブニット vネック/後ろ長め ニット/春ニット レディース/ピンク:プラウ(PRAU) 2017春夏新作 大人かわいい服 40代 大きいサイズ 着痩せ


楽天ブログ




「えっ、ええええ…、うそ…。」

  1. 2017/11/28(火) 05:52:43_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「よ~し。パパ~、モッちゃん。帰ろっか。」
知寿子。

浩一、
「ご馳走様でした~~。ふ~美味しかった~。」

悠馬、
「おぅ。」

「すみませんね、悠さん。僕ばっかり飲んじゃって。」
「いやいや、気にしない気にしない。家では…飲まないから。寿もいるし。」

捷子、
「くく…、寿、気持ち良~く、寝ちゃってるね~。」
捷子の膝で気持ち良く眠っている寿。
「とうとう、来なかったか~麻美~。」

「な~に、やってんだか。かなり忙しいみたいね~。」
麻衣子。

「じゃ、マコ。また。」
悠馬。
「絢~、おやすみ~。」
ベビーベッドですやすやしている絢。

「じゃ、マコちゃん、捷子ちゃん、また。」
浩一。

「うん。お休み~。私はいつもの通り、お泊りだから~。」
笑顔で捷子。

「はは、そっか…。うん。じゃ。」

悠馬、
「あっ、どうせだ。モッちゃん、うち…泊まるか~???ここから車でウチ…、10分だし。」

「えっ、ええええ…、うそ…。」
浩一。びっくりして…。

「イヒヒヒヒ。泊まっちゃえ、泊まっちゃえ。」
ニタニタしながら知寿子。

「いぇ~い。泊まっちゃえ、泊まっちゃえ~。」
麻衣子と捷子。

「え~~~。」
戸惑いながらの浩一。

「はい…???室長さんのお宅に、泊まる…て…。はっ???」
電話口で小枝子。

悠馬の車の中で浩一、
「うん。話がトントン拍子に…。」

「かかかか。そうかい、そうかい。うんうん。分かった。じゃ、迷惑掛けないように。」
笑顔で小枝子。

そんな小枝子の声を聞きながら柚、
「えっえっ。お兄ちゃん…今日…お泊り…???」

「ふん。そうだって~~。しかも、会社の室長さん。な~んとも、良い人だね~~。」
「へぇ~~え~。」

リビングに飾られてある花を見ながら小枝子、
「ふふ…。」




「ハ~イ、ようこそ我が家へ~。へへへへ。」
アパートの玄関のドアを開けて知寿子。

「では、お言葉に甘えて。」
玄関からダイニングキッチンへと、浩一。

知寿子がテーブルの椅子を引き、
「はい、どうぞ。」

「ありがとう。」

そして背中に寿を背負いながら悠馬、
「ほい、寿~、ただいま~だね~。」

そんな悠馬に、
「ほいほいほいほい。」
すぐに布団を敷いて、悠馬と一緒に寿を布団に寝かせる知寿子。

そんな光景を見ながら、
「かっわいいよね~。」

いきなり口にする浩一。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【10周年★感謝価格】【新色登場!】選べるS〜LLサイズ展開!!『クシュネックタートルニット』【ニットレディース トップス 長袖 無地 シンプル コットン100% タートル 春 秋 冬】【メール便不可】


2017年秋新作プルオーバー シャギーニット レディース ニットセーター 長袖 丸首 クルーネック ニット セーター ニットトップス ニットセーター クシュネックタートルニット 大人可愛いニット



楽天ブログ




「第2のステージ。」

  1. 2017/11/27(月) 10:49:17_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「まぁ~私はね~。奥寺の長女だから、本当は、家を継ぐのが当たり前だったんだけど…。」
首を後ろに知寿子。

「もう凄いの、チズのお父さんとお母さん。」
知寿子の隣で麻衣子。

「はい…???どういう事…???」
浩一。

「俺だって、あの言葉聞いた時にはびっくりしたね~。」
悠馬。

浩一、
「はい…???」

「何て言ったと思う、ママの両親…???」

「私たちの第2のステージに入ってくるな。…って。」
ニコニコしながら麻衣子。

その声に、絢を抱きながら捷子、
「かかかか。おっかしい~。何度聞いても笑えるわ。」

浩一、
「えっ、ええええ…???」

「チズの~両親。お父さんも~お母さんも~。チズを生んだ時…、お互い、未成年~。」
唇を尖らせて捷子。

浩一、
「うそ――――――――っ!!!」

「あれ…、モッちゃん、知らなかったっけ…???私の両親。」
知寿子。

「あ…、いや…。そんな…、例え…同じクラスとは…言え。そんなクラスメートの両親までは…。ははは…。それに…。」
「あっ、そっか…、転校…しちゃった…もんね…かかか。」


「うそだろ…、マジで…未成年で、出産。すげぇ~。」
「まっ、ウチのおじいちゃん、おばあちゃんもバイタリティ溢れてるから。」

「いや…。って…、未成年で…チズちゃんを産んだって…。はぁ~???」

「うん。チズのおとうさん、おかあさん、出来ちゃった結婚。」
またまた口を尖らせて捷子。

浩一、
「う~~っわ。」

「だから~。今、チズの両親、お互いに43歳~。わっかいでしょう~。20代、30代でしっかりと子育てして…、もう30代の終わりには…。殆ど子育て終了。これからが私たちの第2ステージ。あんたら勝手に人生送れって…。」
淡々と捷子。

「それ聞いた時には、俺…、何言っていいか。分かんなかった。」
照れ笑いをして悠馬。

「…で、チズはチズで~。んじゃ、そうするって…。ねぇ~チズ~。」
にっこりと麻衣子。

「い…、いるもんですね~。そういう家族って…。え~~。」
目をパチクリさせての浩一。
「…で、悠…さんの両親…は…???」


「…ん、まぁ~。末っ子…だからね~。」
悠馬。

「好きに…しろって…???」
浩一。

「ふん。だから…必然的に、奥寺に…と…。」
「わ~お。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




【送料無料 ゆうパケット】レディース レギパン レギンスパンツ パギンス スキニー チノパン デニム デニレギ デ二ムレギンス ジーンズ風スキニーパンツ カラーパンツ 【カラーレギパン】6カラーレギンスパンツ [p1in]


レギパン 裏起毛 パンツ レギンスパンツ レディース カラーパンツ あったかい パンツ スキニーパンツ レギンス チノパン 裏フリース パンツ 白ボトムス パギンス スキニー ストレッチ ロングパンツ ボトムス デニレギパン スパッツ 防寒 保温性 無地 黒 白



楽天ブログ




誰かのお腹が…、「グ~~。」

  1. 2017/11/26(日) 07:35:39_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 「はぁ~~。や~っと終わった~~。んもう~。なんでこんな時なんだよ~。折角のみんなとのご飯~。」
銀行の通路でぶつぶつの麻美。

「何々麻美、みんなでって…???」
隣で歩く美津。

華穂、
「ふ~ん。麻美はお姉さんの友達ファミリーと、今夜食事会だったんだって~。」

「おやおや。それは、それは…。何とも喰いそびれたって訳…か。」
「しゃあないよ~。毎月、この時期はね~。」

そんな女性3人の前方で、
「じゃ、課長、俺…、これなんで…。」
両腕で自転車のハンドルを握るゼスチャーをして男子行員。

「おぅ、お疲れ。気を付けてな。」

美津、小さな声で、
「神津課長…だ~。」

華穂、
「課長~。お疲れ様で~す。」

その華穂の声に、美津も麻美も、
「えっ!!!」

もちろん、その華穂の声で真也、
「おぅ~、お疲れ。今…終わり…???」

「あ…、はい。」
「そっか、そっか。」

そう言いながら、何かしら、自然に4人で歩くように…。

少しの沈黙。

その時、誰かのお腹が…、「グ~~。」

その音に、3人が、
「…ん…???」

華穂と美津、
「うそ!!!」

その華穂と美津の声に、素直に顔を赤くする麻美。
そして…、
「すみません…。」
声を低く。

「ぷっ。くっ。く…かかかか。はぁ~っはっはっはっ。こりゃ素直だ。うん。はははは。」
真也。笑いながらも、
「…よし。行くか。奢るよ。」
いきなり真也。

華穂、
「うそ!!!」

美津、
「あい…???」

麻美、
「あっ、あ~~……。」

「腹…、へってんだろ…???」

華穂と美津、
「わはっ。ラッキー!!!」

麻美、
「あっ。は…、はははは…。いや…、あの…。なんで…、そうなる…か…???」

小さくスキップしながら華穂、小さな声で、
「シズさんには…これよ。」
と、唇に指一本立てて。

美津、
「うんうん。」

小さな声で麻美、
「この…、美津の浮気者…。」

「いいじゃん、いいじゃん、この際、奢りよ奢り。」

「おご…り…って…。あ~はぁ。」




「へぇ~~。悠さんって…長崎出身…。しかも3人兄弟の一番末っ子。」
缶ビールを飲みながら浩一。

「うん。…で、大学在学中にチズと知り合って、何とお互いに一目惚れ。」
「おやおや。」

洗い物をしながら知寿子と麻衣子、
「ふふふ…。」

「それで奥寺家に婿養子…。」

悠馬、
「そういう事~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。


レディースニットワンピース


【送料100円】レディース ニットワンピース ケーブルニット柄 ロングニット ニットプルオーバー ニットチュニック ゆったり 秋冬 春 ひざ丈 大きいサイズ対応【ざっくり着れる★ゆるかわニット】12カラー ケーブル編みロングニット




楽天ブログ




悠馬の車の中で寿…。

  1. 2017/11/25(土) 06:09:16_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
悠馬の車の中で寿、
「ねぇねぇ~、おじちゃんも絢ちゃんチに行くの~???」
助手席に乗っている浩一に。

「うん、そうだよ~。寿ちゃんも一緒に、ご飯食べよう~。」
「うん。食べよう、食べよう。」

「はは、いやびっくり。まさかチズちゃんからマコちゃんのアパートでご飯一緒に食べようなんて、電話来たから。」
運転している悠馬に顔を向けて浩一。

「まぁ、いつもの事だから…。お互い、あっち、こっちで、一緒に食事してるんだ。それが切っ掛けで、絢もみんなで育てて行こうってなってね~。」
「な~るほどね~。」

知寿子、麻衣子の部屋のドアを開けて、
「来たよ~。」

麻衣子、捷子、
「いらっしゃ~い。」

浩一、
「お邪魔…します。」

「うん。モッちゃん、初めましてだね~、我がアパート。はは…、何もないけど…、ゆっくりしてって…。」
麻衣子。

「うん。ありがと。おほほほほ~。絢ちゃ~ん。」

ベビーベッドでにこやかにしている絢。

「う~わっ。ほんとにおっきくなったね~。」
「でっしょう~。良く食べるし、良く寝るし。そして…。」
捷子、
「良く出るし。…ってね~。」

「はは…、3拍子揃ってるね~。」

「かかか。マコのお母さんの受け売り~。」
捷子。

「マコが仕事のときは、マコのお母さんが絢…、面倒見てるからね~。」
悠馬。

「あぁ~~。な~るほどね~。…じゃ、マコちゃん、ある意味、助かってる…て、事もある訳だ。」
浩一。

「うん。私なんて…、それに絢もそうだけど…、みんなに助けられてる。ありがたいよ。ねぇ、捷、チズ、悠馬。そして…寿もね~。」
寿の頭を撫でながら麻衣子。

「うん。」
元気に寿。

「さ~て。やりますか~。」
知寿子。

麻衣子に捷子、
「おぅ。」

「あれ…、もうひとり…???」
悠馬。

「あは…。多分…、今日は…無理かな~。毎月、恒例の…25日。」
麻衣子。

「25日…???あっ。そうか~。な~るほど。なんてたっけ…???」
「ごとおび。」

「そうそう、それ。麻美は、多忙と言う事か~。さすがは父親と妹が銀行員。分かってらっしゃる。」

「あぁ~~、そっか~マコちゃんと麻美ちゃんのお父さん、銀行マンだっけ。」
浩一。

そんな浩一に振り向いて、
「うん。ついでに妹もね~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



DONOBAN ORIGINAL ドノバンオリジナル ポンチ素材 ロング テーラードジャケット|レディース チェスターコート パイピング ジャケット カーディガン ロングカーデ ジャージ 入園式 入学式 卒業式 通勤 [M](L)


【週末限定!全品20%OFFセール】チェスターコート レディース 緑 薄手 カーキ 紺 コート 秋 ロングコート アウター ジャケット ロング ダブルボタン 通勤 トレンチコート 秋冬



楽天ブログ




敬遠。

  1. 2017/11/24(金) 05:53:21_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
リビングに戻り、茫然とする直道。
グラスのブランデーを一口。そして両手でグラスを持ちながら、
「何があった…、侑佳…。」

それからである。何かしら侑佳の言葉が少なくなっていった。
夫婦片方の、どちらかの心境が変わってしまうだけで、
夫婦の関係はぎくしゃくとするもの。それが数週間続いた。

最初は直道も侑佳の初めての流産のせいで、侑佳が頑なに、
恐いと言う意識を持ってしまったのかもしれないと感じてはいた。

しかし、これが実際には直道にとっては、
ある種のトラウマになってしまったのである。
侑佳がようやく、その流産からの妊娠に対しての恐怖から立ち直ろうと仕掛けた頃には、
今度は逆に、直道の方が、侑佳を敬遠し始めたのだった。




「わはっ、いらっしゃ~い。」
お店の玄関で捷子。

「こんちは。またお願いしたくってね~。」
浩一。

「どうぞ、どうぞ、中の方へ~。マコ~、チズ~~。モッちゃん来たよ~。」

その捷子の声に、
「わぁ~、いらっしゃい。」
知寿子。

「こんにちは、モッちゃん。」
麻衣子。

「うん、こんちはマコちゃん。チズ。」

3ヶ月が経とうとしていた。
以前にみんなで集まって食事会をして以来、
何度かリビングに飾ってあった花が枯れては、小枝子から、
「浩~、また花お願~い。」と、頼まれていたのだった。
その度にアティレに足を運んでいた。

今やすっかり顔見知りになった麻衣子と知寿子、そして捷子だった。
それにお互いに愛称で呼び合うようになっていた。

「寿ちゃんも、絢ちゃんも元気…???」
浩一。

「う~ん、相変わらず~。いつでも良いよ~、ウチにも遊びにお出で~。絢だってモッちゃんの顔、見たいんじゃないか~~ってね~。かかか…。」
笑いながら知寿子。

「あははは。嬉しい事言ってくれるね~チズ~。マコちゃんが困ってる~。な~。」

その浩一の声に麻衣子、
「そんな、そんな。うんうん、ウチにも是非~。狭いアパートだけど~。おっきくなってきたよ~絢~。ふふふ。」

「へぇ~。そうなんだ~。あれから3ヶ月近く、絢ちゃんの顔…、見てないもんな~。ますます可愛くなったかな~。ははは。」

にこにこと麻衣子、
「う~ん。是非どうぞ~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニットワンピース vネック ノースリーブ ワンピース ニット ベージュ レディース ニットワンピ ロング 秋冬物 新作 大きいサイズ セーター スリット aライン 40代 大人 ニットベスト vネックニットワンピース 冬 あったか 赤色 ホワイト 白色 春 ニットワンピース


ネコポス 送料無料 選べる2TYPE ニットワンピ ワンピース レディース 秋冬 秋 冬 春 レディース ニットワンピ ワンピ セクシー ブラック ホワイト 黒 白



楽天ブログ




「私…。…どうしたんだろ…???」

  1. 2017/11/23(木) 06:35:16_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
既にベッドに横になっている侑佳。
その隣に静かに横になる直道。
数分後、体を直道に向ける侑佳。
けれども、それと同時に、侑佳に背中を見せる直道。
「ごめん…、疲れてる。」

もう既に慣れた言葉ではあった。慣れた言葉ではあったけれども、
いつも聞くその言葉に、侑佳はいつも、心が空虚になるのであった。
けれども、それも仕方ないと侑佳自身は認識していた。

流産をしてその後、中々侑佳は立ち直れずにいた。
けれども直道は侑佳を何とか励まし続け、折を見ては、
「また…作れば良い。」
と…。

2週間、そして3週間経ち、そして1ヶ月。
ある日、義母と義父が義父の仕事上、東京でパーティがあると言う事で2日間、
留守をした時があった。
その夜、いつになく侑佳はテレビで今までになく可笑しく笑っていた。
映画を観ていたのだ。今までに観た事のない映画だった。
男女の恋愛をテーマにした物語、コメディもあり、そして涙を流す場面でもあった。
隣で静かに同じ映画を観ている直道。

ふと涙が零れ、直道の肩に凭れ掛かる侑佳、
その時、直道も優しく侑佳の頭を撫でて、そのまま侑佳の右肩に腕を回し、
顔を直道の顔に向けて唇を重ねた。
そして直道は侑佳を抱えながらも、左手で侑佳の右の胸を…。
その瞬間、何故かしらいきなり侑佳は直道のその手を自分の胸から拒絶した。
そして直道に背を向けて、事もあろうか、
その場を立ち寝室に足早に駈け込んでしまったのだった。

何がどうしたのかさっぱり分からない直道、
「侑佳…。」

寝室に入った直道は、侑佳に、
「侑佳…、おまえ…、どうした…???」

ベッドサイドに腰掛けたまま、両膝の上、スカートを両手でギッシリと握り締めて…。
顔を下向きに、困惑したような声で、
「…ご…、ごめん…なさい。う…、う…。私…。…分からない。」

そんな侑佳の右肩に手を置く直道、侑佳の肩は…振るえていた。

「ゆ…う…か…。」

そのままベッドの布団を捲り、優しく直道、
「先に…、休んでなさい。」

そのままの格好でベッドに潜り込む侑佳。直道に背中を向けて…。
そして、涙を流しながら…、
「私…。…どうしたんだろ…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



新品登場! レディース チェスターコート 秋冬用 膝下コート フォーマル OL 通勤 チェスターコート レディース ウールコートロングコート レディース 高秋冬新作・学園type・チェスターコート 【 代引き可】


新入荷 レディース ウールコート ベルト付き ロングコート 冬コート 入園式 入学式 卒園式 卒業式 フォーマル 七五三 お宮参り 結婚式 大きいサイズ チェスターコート 秋冬春 3シーズン セレブ風 大きいサイズ 厚手 通勤 チェスターコート ウールコート ロングコート


楽天ブログ




国際営業部のフロアに麻美…。

  1. 2017/11/22(水) 07:31:18_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
国際営業部のフロアに麻美、腰を低くしながら、
「お疲れ様で~す。あの…神津課長…。頼まれていた資料…上がりましたので…。」

真也、
「あ~、ありがとう。」
麻美から資料を受け取って目を通して、
「うん。助かった、ありがとう。」

麻美、
「それでは…、失礼しま~す。」
と、その場から離れようと…。

「あっ、中川君。」
「あっ…、はい。」

「まさか、君がこの銀行の行員だったとは…。はは、奇遇だね~。」

麻美、
「あっ、ははは…。はい。実は…、父の同期も…こちらで…。その辺も…あるのかっ…。はは…。では…、失礼しま…。」

「ふ~ん。な~るほどね~。そっか…。うん、ありがと。また。」

ぺこりと真也にお辞儀をして、フロアを後にする麻美、口を尖らせて、
「ふ~~。」
小さな声で、
「お邪魔…しました~。失礼しま~す。」




「えっ!!!!真也が…。……ふ~ん。」
麻衣子のアパート、捷子は絢を膝の上であやしながら。

麻美、
「う~ん。まぁ…、宮崎からこっちに戻ってきて1ヶ月以上経つんだけど…。別にお姉ちゃんに話す必要もないか…な…、って思って今まで黙っていたんだけど…。…やっぱ…、私の顔…覚えてた。」

「ふ~ん…。…とは言え…、今は…。全く…。」
麻衣子。

「ねね、麻美、マコ、誰…その真也って…???」
捷子。

「お姉ちゃんの…、くく…、元カレ~~。」
麻美。

「わっ!!!」

「ば~かね~。もう~昔の話~。」

「へっ…、そうなの…???」
目を丸くして捷子。

「3年以上も前よ~。」

「かかかか…。でも、かなりの大恋愛だったんだから…。その人と…。」
笑いながら麻美。

「う~~っそ。そんな過去…マコにあったんだ。」
大口開けて捷子。

「だ~か~ら~。昔の話だってば~~。」

「いやいや…、昔の話っつ~たって…。マコの事、お姉さん…どう…???な~んて麻美に聞いちゃったりして…。ねね、麻美。」

麻美、
「ふ~ん…???」

「どんな人…、その神津真也って…???」

その捷子の声に、麻衣子も麻美も、
「はい…???」




自宅に仕事を持ちこんでパソコンの画面に向かっている浩一。

「浩、ほい、コーヒー。なんとも…、忙しそうだね。ふふ…、言い顔してるよ~お前。」
小枝子。

「ふ~ん、そうなんだよね~。な~んか…お兄ちゃん、最近、変ったよね~。」
クッションを抱きながらテレビを観ている柚。

そういう柚の声に浩一、
「そうか~。」

「何か…良い事…あったりして…???確か…、あの日から…か…???」
小枝子。

「はぁ~???いつだよ、それって…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



秋冬 テラコッタ モヘアニット シャギーニット ボア系セーター ニットチュニック ドルマンスリーブ (アパレル)


ネコポス 送料無料 選べる2TYPE ニットワンピ ワンピース レディース 秋冬 秋 冬 春 レディース ニットワンピ ワンピ セクシー ブラック ホワイト 黒 白



楽天ブログ




「どう…???お姉さん…元気…???」

  1. 2017/11/21(火) 10:40:57_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「申し訳ないが…君、この資料…チョットいいかな…???」

後ろからいきなり声を掛けられて麻美、
「はい。」
後ろを振り向いて、
「わっ!!!」

その麻美の声に、周りの女子行員も、
「へっ…???」

「やっぱり…。何処かで見た事のある顔だと思った。中川…麻美…さん。」

その声に麻美、
「あ…、は…、ははは…。ど…う…も…。はい。お久し…振り…です。」

「どう…???お姉さん…元気…???」
「あ…、はい…。お蔭…様で…。」

傍にいる華穂、そして静香に美津、小さな声で、
「来~た~~~。」

傍を通る男子行員、
「神津課長、お疲れ様です。」

真也、
「お疲れ。ちょっと彼女、借りるよ。」

「どうぞ、どうぞ。」

麻美、頭の中で…、
「…あっ、あ…、あ~~。」

真也、
「この資料なんだけど…。……。そして……。」

麻美、
「あっ、はい。はい。分…かりました。はい。大丈夫です。はい。」

「じゃ…、頼むよ。」
「出来…ましたら、お持ち…します。」

「うん。…じゃ、お願い。」
そして麻美の席を離れる真也。

数秒後、麻美、がっくりと肩を落とし、
「びっくりした~~。」

「…は、こっちよ、んもう~~。」
と、言いながら麻美の右手を取り、自分の左胸に当てる美津。

「はぁ~~???なんであんたの心臓、ドッキドッキな訳~???」

美津、
「…んな事言ったって、私だって~~。知るかっ!!!」

「おいおい。」



お昼休み。
「キャハ。遂に目の前に現る。ねぇ~麻美~。」
弁当を食べている麻美の右肩を叩いて隣に座る静香。

「いや、でも、良く麻美の顔…、覚えてたよね~。」
麻美の向かいで美津。

「んもう~びっくり。いきなり後ろに立ってるんだもん。心臓に悪いよ。…ん~~、でも確かに…。私の顔…、覚え易いのかな…???…って…。なんであんたまでドキドキになっちゃうのよ…???」

そんな麻美の声に美津、
「あはははは…。それを言われると…、かかかか…。」
何故かしら赤くなる美津。

「へへへへ~。まさか…、美津~。あんた…、ほ…の…字…、かな~~。」
と、美津の隣で華穂。

そんな華穂に左肘で華穂の右腕をグンと押す美津、
「んも~~。華穂さんのいじわる~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



≪期間限定★今なら送料無料♪≫ 130万枚突破★[UVカット/吸汗速乾]着る日焼け止め!紫外線カット★CandyCoolカットソーガウチョパンツ/ワイドパンツ レディース ガウチョパンツ ガウチョ [H493]【入荷済】【メール便】


ガウチョパンツ スカンツ ワイドパンツ リゾートパンツ ガウチョパンツ パンツ ボトムス ウエストひも付き カラーパンツ ゆったり リラックス カジュアルkarei 【メール便発送】



楽天ブログ




「初めて…、赤ちゃん…、抱いた。」

  1. 2017/11/20(月) 06:39:41_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「しかも…、絢が泣かなかった…って…。それより…笑ってた…。キャッキャッ…て…。」
麻衣子。
「なんでだろ…???」


「し~っかし、この子は良い顔してるね~。いっつもニコニコだぁ~~。」
絢を抱きながら敏光。縁側で庭を見ながら。
「ん…???何か…、臭うぞ…。あれ…。れれれれ…。」

「あ~~。パパ~~。オムツオムツ~。ははは…。」
椅子から離れながら麻衣子。

寝室から出てきた順子、
「ん~~???かかか、絢…、出ましたか~~。」

麻美、スマホの電話番号検索を見ながら…、
「き・も・と・こ・う・い・ち…か。ふん。いい感じじゃん。」
そんな風に感じながらも、一瞬、頭に過ったもう一人の顔。
「わっ。わわわわわわ。う~っわ。びっくりした~。なんで、頭に浮かぶかな~。」




「ほい、浩、どいた、どいた、取り込みの邪~魔。かかか。」
小枝子。
「どうだったぃ、食事会。楽しかったかぃ。え~~。」

「ん~???うん。良い人たちばっかり。」
「そっ。良かったじゃん。ひゃ~。良い天気だ、しっかりと乾いたね~。へっへっへっ。」

「母さん…。」
「ん~~???」

「くく…。」
バルコニーの手すりに両肘を掛けて…。

「な~んだよ、そのにやけた笑い~???ば~かな子~。」

「初めて…、赤ちゃん…、抱いた。」
にやけながら浩一。

小枝子、
「はっ…???」

「しかも…、その赤ちゃん、俺…抱いても…泣かなかった。むしろ…、笑ってた。」

「浩…。」
「赤ちゃんって…、かっわいいよな~~。」

「浩…。あんた…、まさか…。」
「…ん…???」

洗濯物を胸に小枝子、
「…ん…???あっ、いや…。なんでもない。はは。だよ~。かっわいいもんだよ、赤ちゃんって。お前も柚も、可愛かったんだから…。」

「はぁ~~。なんか言った~母さん…???」
丁度勉強の合間に、外の空気を吸いたくなって部屋から出てきた柚。

「ん~~???浩も柚も赤ちゃんのときは可愛かったって、言ってんの。」

柚、
「はっ…???何、それ…???かかかか。」
そのまま冷蔵庫に振り返って、ドアを開けて麦茶のポットを取り出す柚。


「食事会で、何か、楽しそうな事、あったようだね、浩。」

そんな母親の声に浩一、
「うん。」
ニッコリと。

小枝子、
「そうかい。うん。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



カシミヤ 100% ハーフ コート フォックス 衿付き 比翼仕立て アウター 冠婚葬祭 ブラック 黒 レディース カシミヤ コート カシミアコート カシミア 結婚式 カシミヤコート 卒業式 フォーマル 上品 大人 母


チェスターコート カシミヤ コート テーラーカラー カシミヤ100% / レディース カシミヤコート カシミア CASHMERE ロングコート レディースコート テーラー 卒業式 フォーマル 冠婚葬祭 上品 大人 母



楽天ブログ




引退競走馬たち。

  1. 2017/11/19(日) 18:39:22_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


競走馬の役目を終え、行き場のない「引退競走馬」たちを、馬の学校 東関東馬事高等学院・東関東馬事専門学院の生徒たちが、乗用馬(乗馬クラブで活躍できる馬)に再調教リトレーニング授業をカリキュラムに導入へ 株式会社 馬事学院


2018ドリーム福袋

  1. 2017/11/19(日) 18:36:53_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


2018ドリーム福袋 日本最大のRock & Entertainment公式グッズ・ストア【PGS】 で先行予約受付開始!! 株式会社JAMSHOPPING


「全国イルミネーションランキング」

  1. 2017/11/19(日) 18:34:00_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


「第五回イルミネーションアワード」授賞式開催。 全国5212名の夜景鑑賞士が選んだ「全国イルミネーションランキング」が決定しました! 一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー


「良い上司との…出逢い…か…。」

  1. 2017/11/19(日) 05:36:12_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「木本、お前…、東京行って、絞られて来い。」
浩一。

「もしかして、モッちゃんの上司…の…言葉…???」
悠馬。

「ええ…。あの一言…、効きましたね~。多分…、あの上司がいなかったら、今の僕…、なかったと思います。」

知寿子、
「そんなに素敵な上司…だったんだ…。」

「うん。だって、今までの上司だったら、完璧に、僕の企画なんて…スルーだったですから。しかも、部署内も、結構賑わい始めて…。僕も…、安心して、東京計画…出来たような…。」

「良い上司との…出逢い…か…。」
悠馬。
「じゃ…、私も…そうありたいもんだ。なぁ~。」

「はは…、悠さん…、もうなってるじゃないですか~。」
くすくすと笑いながら浩一。

「へっ…???」
「越谷さんと、古賀さん…。悠さんの…人脈ですよ。」

「そうか~~???」
「えぇ~。あっ、そこ…右です。ありがとうございました。」

「おっ。んじゃ…明日。」

「じゃね。また何かあったら、お店に…。じゃなかったらいつでも、アドレスに…そして電話して…。」
後部座席から知寿子。

「はは、良かったね。皆とアドレス交換出来て。」
ハンドルに手を掛けて悠馬。

「えぇ。ありがたいですよ。じゃ、チズちゃん。みんなによろしく。また…。」
「うん。じゃ。」




「ふ~~ん。き・も・と・こ・う・い・ち。か…。モッ・ちゃん…。」
テーブルの上でスマホの画面を見ながら麻衣子。

椅子の背もたれに両手を掛けて麻美、
「かかか。とうとうアドレス交換、しちゃったってか~~。お姉ちゃん。」

「ん~~。な~に言ってんのよ、あんたも、捷子も店長にチーフ。み~んなと交換してるでしょ。」

「まっ、そうだけど~~。…でも、びっくりしたよ、いきなり彼に絢…抱かせるんだもん。」
麻衣子の隣の椅子に座り、自分もスマホの画面を見ながら麻美。

「あぁ、あれ~???…ん~。実は私も自分でビックリ。」

麻美、
「はぁ~あ???」

「気付いたら、抱いてみます…???な~んて、言っちゃってた。」
「はい…???」

「なんでだろ…???勝手に口から言葉が出て、勝手に体が…動いてたって…いうか…。」

麻美、
「……お姉ぇ…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニット レディース ニットワンピース ニットワンピ タートル 秋冬 ミニ丈 選べる2丈 長袖 着やせ ハイネック ボトルネック グレー 厚手 暖かい こなれ トレンド ブロガー 体型カバー リブ編み オーバーサイズ グリーン レッド カーキ[kn-031]


【あす楽対応】テールカットトフロントサイドスリットチュニック(レディース ニット ワンピース チュニック タイト シンプル 無地 ベーシック 春 ワンピース カジュアル スリット ポケット)


楽天ブログ




「一週間…、荒れてましたね~僕…。」

  1. 2017/11/18(土) 07:55:44_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「一週間…、荒れてましたね~僕…。」
鼻の下に指をやり、ぐいぐいと擦りながら浩一。

悠馬、
「……。」

「そんな時にね、な~にやってんだい、この唐変僕が~。って、言った人がいたんです。」
少し涙目になりながら浩一。

悠馬、
「はぁ~???」

知寿子、
「ん~???」

「僕のおふくろ。背中からがっしりと抱かれてしまった。ははは…。確かに侑佳ちゃんは良い女だよ。…あ…、僕のその彼女の名前…、侑佳って言うんだけど…。」

知寿子、
「…うん。」

「でも浩。あっ…、おふくろからは…浩(こう)って、呼ばれてる。あんた、もし今後、侑佳ちゃんより良い女と出会ったらどうするよ…???」

悠馬、
「はぁ~~あ???」

「そんな…、とんでもトンチンカンな事言われて…。僕の方が、はぁ~~あ???何言ってんだ、この母親。って…思ったんだけど…。」

いきなり可笑しくなって知寿子、
「くく…、うん。」

「確かに、結婚を決めた人に別の人の赤ちゃん。ショックだよ。でもね。結婚を決めた人が事故で亡くなって、そして次には結婚をした人が、今度は病気で死んじまって。それでも元気で生きている。あんたなんて、可愛い方だよ。」

悠馬、知寿子、
「はい…???」

「僕の母親の経歴。」

「へぇ~~~。そうだったんだぁ~。モッちゃんのお母さんって…。」
びっくりしたような声で知寿子。

「凄いね。」
悠馬。

「そんな事、涙流して、笑顔で僕の目の前で言うんだもん。その時まで…、彼女の事で悩んでたのが…、はは…。」

悠馬、
「そっか~~。」

「気分が、ス~ッとなりましたね。その途端。」

「はは。それで、お母さんの誕生日に…。」
知寿子。

「うん。子供の頃…以来の…誕生日プレゼント。」

悠馬、
「おやおや…、親不孝だったのか~~。」

「かかか…、似たようなもんです。おふくろから…言われましたよ。珍しいじゃないか、おまえから誕生日のプレゼントなんて…って…。」

「だよね~~。」
知寿子。
「お母さん、素敵な人だね~~。ふふ…。んん…。」

「な~んだ~ママ~~。もしかして、もらい泣き~???」
「パパ…、うるさいよ。」

「な~るほどね~。それでモッちゃんの仕事振り…、評価されて、東京に…。」
「そういう事…、みたいですね~。上司には感謝です。」


悠馬、
「ん~~???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ロングセーター レディース ニットワンピース ハイネック ゆったり 無地 長袖 秋冬 服 トップス チュニック ニット プルオーバー 体型カバー シンプル カジュアル グレージュ チャコールグレー ワイン グリーン ロングニット


フード付き ニット ワンピース テールカット トップス レディース ニットワンピ 【w205】 SALE



楽天ブログ




「結婚したい女性…、妊娠しちゃったんです。」

  1. 2017/11/17(金) 05:57:22_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
悠馬、その知寿子の声に浩一の顔をチラリと…。

黙って、前を向いている浩一。そして、
「ふふ…。…普通、そう…思いますよね~。」

知寿子、
「モッ…ちゃん…???」

「まっ、このまま黙っていても、誤解産むだけですから…。」

その浩一の言葉に悠馬、
「……。」

「実は…、その…、結婚したい女性…、妊娠しちゃったんです。」

悠馬も知寿子も、その浩一の言葉に、
「えっ。」

「妊娠…って…。…まさか…、 モッちゃん…、その…生まれてくる赤ちゃんのお父さんって…???」
驚いたような顔をして知寿子。

「そっ。僕じゃないんだ。」

チラリと浩一の顔を見て悠馬、
「ん~~。」

知寿子、
「そんな……。」

「彼女のクライアント、兵庫県に数カ所のレストランを経営している社長なんだ。」
淡々と話す浩一。
「いつの間にか、付き合ってたんだろうね~。全く気づかなかった。」

知寿子、呟くように、
「モッちゃん…。」

「僕も悪かったところは…、あったんだ。」

「えっ。なんで、なんで…???」
寿を抱き寄せながら、身を乗り出すように知寿子。

「実は、赤ちゃん出来たって言われた4ヶ月前辺りから、急に僕の広告の企画が採用され始めたんだ。」

その話を聞いた悠馬、
「…ん…???4ヶ月前…???」

「多分…、悠さんなら、分かると思いますけど…。…実は、私の部署の上司が新しい上司に切り替わった頃なんです。他社からの途中入社の管理職と言う…。」

悠馬、
「ふ~ん。…と、言う事は、その上司に代わった後、モッちゃんの仕事の評価が上がった…か…???」

「言い得て妙ですが…。僕自身、かなり忙しくなる時期に入ったんです。そのせいで…、彼女とも…。」

「でも、でも…。結婚まで考えて…いるんなら、そんな…、仕事だって…。」
知寿子。

浩一、
「そうは…思うんだけど…。でも…相手は、業績上がっているレストランの…。」

「社長…様…。ふ~ん…。」
口を尖らせて黙り込む知寿子。

「頭…かち割られた感じだった。…さすがに…、完全に、アウト。だ~めだ~。…ってね~。」

知寿子、
「モッちゃん…。」

「それから彼女、会社には出て来なかった。いくら電話、メールしても返答なし。…そして一週間後に、退職。その時、ようやくスマホにメール。浩…ありがと。ごめんね。愛してた。…けど…、ごめんね。…って…。」
震える声で浩一。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニットワンピース vネック ノースリーブ ワンピース ニット ベージュ レディース ニットワンピ ロング 秋冬物 新作 大きいサイズ セーター スリット aライン 40代 大人 ニットベスト vネックニットワンピース 冬 あったか 赤色 ホワイト 白色 春 ニットワンピース


ロングセーター レディース ニットワンピース ストライプ 無地 ハイネック ラグランスリーブ 長袖 サイドスリット 秋冬 服 トップス ロングニット プルオーバー スリム きれいめ シンプル 全8色


楽天ブログ




「ところでモッちゃん、彼女とかは…」

  1. 2017/11/16(木) 05:53:57_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ところでモッちゃん、彼女とかは…今…???シングルなの…???」
いきなり知寿子。

浩一、沈黙。
悠馬、黙って運転。

「ねね。」
知寿子。

悠馬、
「くく…。」

浩一、
「な~んで、室長、そこで、笑いますか~???」

悠馬、にやりとしながら、
「いや…。いや…。ねぇ~~。うん…???」

浩一、
「そっか…、そう…来ますか…。」

知寿子、
「…で…???」

「な~んか…、前も、同じような…シチュエーション…ありましたね~。」
浩一。

「ほぅ~。」
悠馬。

「はぁ~???前も…って…???」

「実は、越谷さんに挨拶しに行ったときの帰り…、つかさんにも…同じ事…訊かれたんですよ。」
「へっ…???あの…、つかさんって…、宮部さん…???」

「ふん。」

悠馬、
「おやおや…。えっ…???…でも…、確か…、つかさんって…。」

「そうそう…。彼女には、確か…お奉行が…。…って、咲ちゃんが…。」
浩一。

「…だよね~。」

「はぁ~???何よ…、その…お奉行って…???」
知寿子。

「あっ、やばっ。…あ~、いやいや、これは…会社の事…だから…。」
一瞬、ひやりとして浩一。

「あ~~。ふたりして~、今度は、内緒かよ~。」
膨れっ面をして知寿子。

「まぁ~。会社内の…ことだから…さ。ママ~。」
「ふん。…で、モッちゃん…???」

少し、間を置いて、浩一。
「……、僕…ですか…。」


「ん~~。興味深いね~。」
「室長。あっ、いや、悠さん。まだ…何も言ってませんけど…。」

「かかか、これは…失礼。」
「誤解されると困るので…。」

知寿子、
「うん。」

「つかさんにも同じ事を言いましたよ。神戸時代に、結婚したい人がいました。相手も同じ考えでした。…でも、今はフリーです。」

悠馬、
「いました…。」

知寿子、
「でした…。……。へぇ~~。やっぱり…、いたんだ。」

浩一、
「はい。」


眠っていた寿が、車が角を曲がったところで、知寿子の左脇腹に…。
「マ…マ…。」

「あ~~、寿~~。起きちゃった~。ん~???」
知寿子。

「お家…着いた~~???」
「ん~~。まだだよ~。もうちょっとで…、着くからね~。」
寿の頭を撫でながら…。一瞬、
「えっ。あれ…???」
助手席の浩一の方を向いて知寿子、
「結婚したい人がいました。相手も同じ考えでしたって…。そこまで行って、別れた…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




[今だけ5000円以上+エントリーでP10倍]素肌に優しい綿100%!虜になる抜群の着心地。ボートネックドルマン綿ニット/ニット 綿ニット トップス 綿100% レディース 新作【メール便不可】


ニットワンピ ニット ワンピース 秋冬 タイト 長袖 ロング丈 ミモレ丈 レディース ニットミモレ丈ワンピース ダークグリーン ブラウン ブラック 黒 ワンピース 冬 ロング ニット ワンピ ハイネック ニット ワンピース レディース ゆったり ニット ゆるニット 無地 あったか



楽天ブログ



「今の悠馬君の一言は~。」

  1. 2017/11/15(水) 05:46:14_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 「いいね~~。今の悠馬君の一言は~。ねぇ~母さん。」
和也。

奏も、
「うん。私も。素敵だと思うわ~。」

悦、
「おやおや。」

暁、
「ふふ…。」

浩一、
「えっ、え~~~。」

「実は、私たちも、元々は、郷が…、そう…、寿ちゃんくらいの時に、結婚してるから…。」
和也。

奏、
「うんうん。そう。」

「えっ???そうだったんですか~???」
浩一。

「まっ、マコちゃんと、木本君が…、良ければ…の…、話しだけど…。ねぇ~、中川さん。」

敏光、
「えっ…???あははは…。ははは…。」

順子、敏光の脇腹に肘鉄をして、
「くく…。」
目をクルクルと、そしてにっこりと…。



「ささ、デザートですよ~。」
芳美。

「う~っわ~。美味しそう~。」
途端に声を出す麻美と捷子。

そして、
「すげえ~~。」
翼。

「やった~ははは。」
郁と希。




車の中で順子、
「木本さん。中々素敵な人じゃな~い。ねぇ…パパ。」

運転しながらの敏光、
「ふ~ん。あぁ…。」

その時、順子のスマホに着メール。
「あら…、藍子。」

敏光、
「ふ~ん…???」

するといきなり順子、
「キャ~~ッハッハッハッ。」

「びっくりした~!!!」
敏光に、後ろの麻衣子に麻美。
「どしたの~ママ???」

「キャッハッハッハッ。これが笑わずにおられますかって~かかかか。」

「はぁ~~あ???」
またまた3人。

「藍子、遂に、恒夫さんと、チョメチョメ~~。ってか~~。かかかか。」

敏光、
「う~~っわ。ほ~んと~。はっはっは。遂にやってくれましたか~。藍ちゃん、上出来、上出来。うんうん。いやいや、やっとだね~~。」

麻衣子、麻美、
「何…???…どういう事…???」
ふたり同時に顔を見合わせて、頭を傾げて、全くのチンプンカンプン。

敏光、
「おまえたちふたりには良いの。うん。そのまま真っ直ぐ行け――――――っ、藍子~~。恒夫~~。」

順子、
「うんうん。それでいいのだ、藍子~~。かかあ天下上等~~。」

敏光、
「おいおい、ママ、そっちかい。」

「当然でしょう~きゃっははは。」

麻衣子、麻美、
「どうなってる…???」



「室長、ありがとうございます。わざわざ車で送って戴いて…。」
悠馬の車の助手席で浩一。

「な~に言ってる~。今回はコッチの方が感謝だよ。招待受けてくれてありがとうな。」
悠馬。

「うんうん。本当だよ、モッちゃん。ありがと。」
後部座席から顔を覗かせての知寿子。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



お買い物マラソン セール【送料無料】ソフトタッチ Vネック ドルマン ニット セーター プルオーバー レディース ゆるニット 薄手 トップス M L サイズの方も ストレッチ 無地 シンプル 通勤 長袖 オフホワイト 白 テラコッタ 茶 グレー ネイビー 紺 ブラック 黒 秋 冬 春


レディースゆるニットトップス 2017AW新作 【メール便送料無料】



楽天ブログ




「この子の父親、子供…好きだったから…。」

  1. 2017/11/14(火) 06:13:51_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
麻衣子、
「ごめんなさいね。びっくりするような事言って。」
浩一に。絢のホッペ、そしてオデコを撫でながら、
「この子のパパは木本さんも知っているように、中川高志。私の旦那様だった人。そしてダニエルの主任だった人。」

浩一、
「えぇ…。でも…、凄いですよね。旦那さん…いなくっても…。」

麻衣子、
「ううん。旦那様が亡くなってから、私…妊娠しちゃったから…。でも…、産みたかったの。この子の父親、子供…好きだったから…。」
浩一に、そんな風に話しながら、ベビークーフォンから絢を抱き上げ、
「抱いて…みます…???」
麻衣子、笑顔で浩一の前に。

その瞬間、麻美と捷子、目を真ん丸く、唇をすぼめて…。

知寿子、
「ふふ、抱いちゃえ、抱いちゃえ。」

浩一、
「え…、え――――――っ!!!俺…、いや…僕が…???いい…の…???」

その光景が目に入った敏光、順子、
「ん~~???」

にっこり麻衣子、
「はい。どうぞ、お願いします。」

敏光、
「ほほ~~。さて。抱けるかな~彼。」

順子、
「ふふ…。」

麻衣子、
「こう…やって、ここを持って。」

浩一、
「こ…う…???…で…。」

「おほ~~。」
暁。

「まぁ~。」
悦。

麻衣子、
「そうそう、上手、上手。わ~。絢~。泣かな~い。」

泣かないどころか、絢、浩一の胸で笑顔で、「キャッキャッ。」

敏光、
「へぇ~~。や~るもんだ。」

順子、
「うん。中々上手~~。」

麻衣子、笑顔になりながらも、何故かしら目尻から涙が…。

そんな麻衣子を見ながら麻美、
「お姉…ちゃん。」

捷子、
「マコ…。」

笑顔で涙を流して麻衣子、
「あっ。ごめ~ん。何だか…嬉しくって、涙、出ちゃった。木本さん。ごめんなさい。いきなり…。」

知寿子、
「マコ…。うん。抱いてもらって…良かったね。」

自分の目尻の涙を拭いながら、赤らめた鼻をして…。
そして笑顔で、
「はは…。何だか、高志から抱いてもらっているみたいに、感じちゃった。へへ…。」

「かっわいいですね~。」
笑顔のままで絢を抱いている浩一。

「なんだか、モッちゃんに抱かれて、嬉しいみたい、絢。へへ。」
知寿子。

「モッちゃん、そのまま絢のパパになるってのは~~。かかかか。」
悠馬。

その悠馬の声に、顔を真っ赤にする麻衣子。

浩一、
「わお。冗談よして下さいよ~室長~~。ねぇ~。中川さんに失礼だ~。」


「ん~~???」
和也。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



[セール]【送料無料/メール便対応 】ボトルネック タートルネック タートル ニット レディース タートルネックセーター 白 トップス 大人カジュアル/Miidue ミイデューエ


レディース タートルネックセーター 長袖 ミドル丈 春 ニットシャツ おしゃれ 着痩せ スリム デート 普段着 お出かけ 通勤 オフィス ブラウン ホワイト 送料無料


楽天ブログ




「絢のパパは~。今…天国にいるんだよね~。」

  1. 2017/11/13(月) 06:15:12_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「かっわいいでしょ~。ねぇ、絢~~。ふふ…。」
知寿子。

一瞬、浩一、鼻を啜るような音。



「ん~~。旨い。さすがに侑佳の作る弁当は旨いね~~。」
口をもぐもぐさせながらの直道。
天気は快晴。

そんな中での神戸の公園でのシートの上で。侑佳、
「うん。天気も良いし、気持ち良いよね~。」
あちらこちらで家族連れか恋人同士か、ピクニックの光景。
そんな中に小さな子供が元気よく走り回っている姿もある。

そんな光景を目にしながらの侑佳、
「……。」

直道、
「…侑佳…???」

「ううん…。なんでもない。…かっわいい~~。」

あの日以来、夫、直道との夜の営みはなかった。





「そしてマコの隣が妹の麻美。」
知寿子。

浩一、
「こんにちは、初めまして、木本です。」

「初めまして、麻衣子の妹の麻美です。」
少し照れながらの麻美。

知寿子、
「そして、その隣が…。」

「その節はお買い上げ、ありがとうございました。」
にっこりと、そしてペコリとお辞儀をして捷子。

「綺麗なラッピングで、お袋、大喜びでした~。ありがとうございます。」
「いえいえ、どうしたしまして。また是非お店の方に。サービスしちゃいますよ~。」

「ありがとうございます。是非。」

そして、周りを見回して、浩一、
「……。」

知寿子、
「…ふふ…、モッちゃん。」

「…ん…???」
「気になるでしょ。私の傍には、この子、私と悠馬の、寿と申します。」

「寿ちゃんか~。うん。かっわいいね~。」

寿、
「こんにちは。」
知寿子にぴったりと着いて。

「そして、気になるこの子の父親。」
ベビークーファンの中の絢を見ながら知寿子。

笑顔で絢を見守りながら麻衣子、
「絢のパパは~。今…天国にいるんだよね~。」

その麻衣子の声を聞いた瞬間、浩一、
「えっ…。あ…、そっか…。」
そして、いきなり小鼻がキュ~ンと。
そして頭の中に過るあの時の屋上での侑佳の言葉。


侑佳、
「お腹の…赤ちゃんの…お父さん…。汀…直道社長。」

浩一、
「み…、汀…って、侑佳…。おい。」

「うん。私のクライアント…。仕事上で良くしてもらって、そのまま…。断れなくって…。」
涙ながらの侑佳。

「断れなくってって…、侑佳…おま…。」
「ごめん。ごめんなさい。浩…。」

「ご…めんって…、謝れ…ても…。」

いきなりその場で、何をどうしようが…。そのまま、両手で手摺を掴んで、
「わ―――――――――っ!!!!」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



[ご予約限定⇒メール便で送料無料×1,480円]穿いた瞬間、ほっこりぬくぬく。着膨れしにくい、裏フリースレギパン/パンツ ストレッチ レギンス レギパン 裏起毛 フリース レディース ボトムス M L LL 2017AW 2017冬新作【メール便可(1点まで)】


45,356枚完売!インナー パンツ M-L/L-LL 一分丈 三分丈 五分丈 裏フリース ショートパンツ レディース 肌着 下着 ペチパンツ レギンス 透け 重ね着 【メール便可05】◆zootie(ズーティー):丈が選べる ぬくぬく裏起毛 インナーパンツ



楽天ブログ




「僕が彼女に猛烈アタック。」

  1. 2017/11/12(日) 10:59:21_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
越谷悦と暁に挨拶して浩一、和也と奏の元に。
お辞儀をして、
「その節は綺麗な花、ウチのお袋の誕生日に、アティレさんの…。綺麗でした~。お袋、気に入っちゃって…。ありがとうございます。」

「いえいえ、とんでも…。何と、チズちゃんの高校の同級生とは驚いた。」
和也。

奏、
「ねぇ~~。角奏と申します。アティレ共々よろしくお願いします。」

「こちらこそ…。あの…。」
浩一。

「あぁ~。ちょっと不思議だったでしょ、僕ら…。石嶺和也と、妻の角奏。そして息子の角郷。妻は子持ちの…再婚なんです。僕は初婚だけど。僕が彼女に猛烈アタック。一目惚れでね…。ははは…。」

きさくに話す和也に浩一、にっこりと…。

続ける和也、
「…で、まぁ…、苗字は特に変えずに…。その方が自然かなって…。…で、アティレは妻のフラワーコーディネートのお蔭でもっている。私は単に飾りに過ぎん。」

「な~に言ってんの。パパの人柄で半分は持っているようなものなのよ~。モッちゃん、チズとマコ、捷子と麻美を、どぞよろしく~。」
笑顔で奏。

「そうそう、モッちゃん、私の方からも頼むよ。」

照れながら浩一、
「はい。あっ…いいえ、こっちの方こそ、よろしくお願いします。」

絢の周りでにぎやかになっている中、浩一、
「チズちゃん。」

知寿子、
「ふふ、モッちゃん、楽しんでる~???」

「ん~~。ありがたいよ。こんなに素敵な人たちと知り合えて。高校生の時と変わらないんだね、呼び方、チズって…。」
「う~ん、そう。そのまんま。あっ、もう一回紹介するね~。この前は殆どお店の中で紹介出来なかったから。」

「あ…、あぁ…、お願い。」

「私の隣のこの人…。」
麻衣子の左肩をポンと、
「中川麻衣子さん。みんな、マコって呼んでる。両親がそうだから…。この子のママよ。」

浩一、
「ども。木本です。」

麻衣子、少し頬を赤くして、
「こんにちは。その節はどうも…。」

その瞬間、何故かしら、浩一の鼓動が…。けれどもすぐに治まる。

「この子、絢って言うの。糸へんに旬ね~。」
続ける知寿子。

浩一、
「へぇ~。良い名前だね~。可愛いい~。」

その時、少しだけ目が潤んだ浩一。
そして、
「絢ちゃんか~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





《PR》


庄司紗千 海をこえて




※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。







あす楽 ニット タートルネック レディース タートルネック ニット レディース タートルネックセーター レディース タートルネック 黒 カットソー 長袖 レディース カットソー 無地 レディース ハイネック 長袖 プルオーバー ニット レディース


ニット レディース ニットセーター 無地 タートルネック ニット 柔らかい ニット プルオーバー ニット レディース 秋冬 長袖 ニット タートルネック ニットカットソー ニットセーター 着痩せ ニットカットソー ニットセーター タートルネックニット



アメーバ




「彼見てると、もの凄い安心できる…。」

  1. 2017/11/11(土) 06:23:04_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
全員、
「うそ――――――――っ!!!」

「いやいや…、参ったね、こりゃ。」
和也。

奏、
「すご~~~。」

敏光、
「や~るもんだね~。」

順子、
「へぇ~~。はぁ~~。」

他の面々は目をパチクリさせながら、それぞれ、びっくりのリアクション。

「ひぇ~~。カッコいい~。」
捷子、麻美。

そんな中で、それぞれのグラスにはノンアルコールの、
スパークリングワインが注がれ準備が整う。

「凄いよね。シェフが女性で凄いと思ったら、とにかく美人。」
絢を真ん中に、麻衣子に体を傾けながらの知寿子。

麻衣子、
「うんうん。びっくり。しかも…旦那様が10歳年下。わ~お。」

「しっかし、もの凄い素敵なレストラン。麻美、どうよ、彼…モッちゃん…???」
麻衣子の右隣で捷子。

「うんうん。意外と…いいかも…ニッ。」
にこにこ顔の麻美。


「では、ごゆっくりとお召し上がり下さいませ。楽しいお時間を…。」
それぞれに笑顔で挨拶をして、芳美に合図をする譲二。

「それではみなさん。」
悦、
「悠馬、お願い。」

悠馬の発声で乾杯。それぞれが思い思いで打ち解けながら…、
そして料理に堪能し、飲み物で快い時間が過ぎていく。

そんな中で浩一がそれぞれに挨拶。握手し、そしてグラスを傾けながら…。

悦、時折顔を出す芳美に、
「ごめんね~、一番忙しい時間帯に貸切しちゃって~。」

「な~に言ってんの~。先輩の口コミで開店以来、もの凄い好評なんだから。それに、これから出す広告だって、もの凄い期待してるのよ。仕事、早いわ~彼…。モッちゃん。」

「おやおや、あんたもモッちゃんか。」
「うん。な~んか…ね。彼見てると、もの凄い安心できるっていうのか…。あるのよね。不思議だけどさ。」

「お~や、おやおや。旦那様がいるって言うのに~。」
「へっ。いや…、旦那…???全~然。むしろ私よりモッちゃんに惚れ込んでるみたいよ。」

「うそ~~~!!!」
「ふん。私より先に、気に入った。なんて言ってたくらいだから。」

「へぇ~~。まだ私…、挨拶しか…してないからね~。それと…電話で…。ふ~ん。」



「な~んだか、素敵な時間…流れてるみたいね~パパ。」
庭を見ている和也に奏。

「あ~。さすがに悦さんも大絶賛するだけの事はある。郷、どう思う…???」

「いや。父さんの見立て道理じゃないっすか~。」
後ろから郷。

「それはそうと、郷。敦子ちゃん。元気なの…???」
奏。

「たま~には、連れて来いよ。父さんも母さんも会いたいのに~。」
「い…、今…、それ…言う…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【2枚で送料無料!楽天ランキング1位!20,000枚完売】ニット レディース タートルネック タートル 長袖 セーター ドルマン 洗える カシミアタッチ 黒 キャメル ベージュ カーキ グレー 白 ホワイト 赤 無地 パルマ・アビティ【ゆったり/フリーサイズ】【あす楽対応】


ニットセーター チュニック レディース タートルネック ニットトップス 長袖 伸縮性 シンプル 無地 シンプル 秋冬 新作


楽天ブログ




木本浩一の初めてのクライアント。

  1. 2017/11/10(金) 05:16:10_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「そして、ここ、レストラン、シャルール。木本浩一の初めてのクライアントになります。」
悠馬。

少し離れているシェフの芳美、メンバーに一礼して…。

「え~~、そうだったの~。凄~い、モッちゃん。」
びっくりした顔で両手で拍手をする知寿子。

「で~~。もう1つ。オマケに。この木本浩一。実は私の家内の知寿子の…高校の同級生―――――――っ!!!」

その悠馬の声には、悦も暁も和也に奏、敏光も順子も、
「うそ―――――――っ!!!」

浩一、
「室長~~。悠…さん。」
思いっ切り照れる浩一。

そんな照れる浩一の肩を抱きながら悠馬、
「そういう事で、みなさん、木本浩一、通称、モッちゃん。今後とも、是非、よろしく~~。神戸から、つい最近、こっちに引越してきたばかりなんで。…じゃ、モッちゃん。」

浩一、
「はい。…なんだか…、凄い事になっていて、正直、びっくり…してるんですけど…。」

知寿子、捷子、にこにこしながら…。

「みんな、奥寺室長から紹介してもらった通りです。子供の頃は東京いたんですが、全く環境違っちゃって。」

麻衣子、絢を見ながら。

「今はアパートで母親と妹との3人暮らしです。何とか、ダニエル広告企画室で、みなさんに迷惑掛からないように、頑張ります。よろしくお願いします。」

メンバーから大きな拍手をもらいますます照れる浩一。

「じゃ、そろそろ…、芳美。」
少し離れた場所で待機している芳美を見ながら悦。

「まぁ~。今回の話は、元々は悠馬の発案…らしいんだけど…。実は、この話もらったの、私…、チズからなの。」

知寿子、舌を出して、にっこりと。

「…で、話しを聞いたら、何とチズの高校の同級生。しかも悠馬の会社の主任。そんで、高志の後任って言うじゃない。それならいっその事、面白い。そう思った…、矢先に、ちょっと待て。ナイスタイミングじゃん。私の頭に浮かんだのがここ。芳美~。」

「越谷悦の後輩の…古賀芳美と申します。あらためまして、ここ、レストラン、シャルールのシェフを担当しております。そして…。」

奥から出て来たのが、
「レストラン、シャルールの社長、古賀譲二と申します。」

悦、
「芳美の旦那様。何と、新婚さん。何と10歳若い旦那様~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



韓国 ファッション トップス カットソー ニット Vネック レディース ゆるニット ざっくり ボリューム 【1点】tme※海外取り寄せ商品・納期に時間がかかります


ゆったりニット。ワイドボーダー柄 ドルマンニット チュニック トップスニット ゆるカワ ニット ワンピ ざっくり ドルマン レディース ゆるニット knit 大きめ ニットワンピ シンプル ワイドボーダー ダーリンニット ワンピース ワンピ チュニック knit tops womans


楽天ブログ




「レストラン・Chaleul (シャルール)」

  1. 2017/11/09(木) 06:01:57_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「レストラン・Chaleul (シャルール)」
越谷悦の後輩がシェフとして独り立ちして開業したレストランである。

「ハ~イ、マコ~、麻美~。」
中川ファミリーが中に入って、迎えてくれたのが悦である。

麻衣子、麻美、
「こんにちは~。」

そして順子と敏光を見て、
「しばらく、順子、敏光さん。」

順子、笑顔で。敏光、
「おぅ、元気だった…???」

にっこりとしながら悦。そして、
「きゃ~かっわいい~。絢ちゃんね~。」

「おぅ、敏~。待ってた。」
暁。

「おぅ、待たせた。それにしても、素敵なお店だね~。」

「いらっしゃいませ、レストラン、シャルールにようこそ。シェフの古賀芳美と申します。」

その女性の姿を見て敏光、びっくり。
「えっ!!!女性のシェフ。凄いね~こりゃ。いやはや…。しかも…、お若い。」

「でっしょう~。」
悦。

「えっ。でっしょう~って…???」

「あっ、それより、もう皆様、お待ちかね。」

そして、店内でも一番の見晴らしの良い場所で、手を振っている面々。

「あは。もう…来てたんだ、チズたちも…。」
麻衣子。

そしてその5分後に、
「お世話様です。今回はよろしくお願いします。先日はどうも。」

芳美に挨拶して入ってくるひとりの男性、浩一である。

その浩一の顔を見て悠馬、
「来た来た。」

そして、そんなニューフェイスを注目しながらの笑顔の面々。


「フラワーショップ、アティレの店長をしております石嶺と申します。よろしく。」
和也。

「同じく、フラワーショップ、アティレの角奏と申します。初めまして。」
「息子の郷と申します。」

そして、
「イベントプロモーション、grande graceの越谷暁と申します。」

知寿子、
「悦さんの旦那様。」

浩一、
「あぁ。初めまして。」

「そしてウチの子供たち。郁、希、翼。」

「で…、私たちが最後か…。」
敏光。
「東亜銀行東京西支店で融資の方を…。中川敏光です。よろしく。」

「妻の順子です。」

「初めまして、娘の麻美と申します。」


「…と、言う訳で、全員、紹介…終わったわね。じゃ、悠馬。」
悦。

「はい。…何ともズラリと勢揃い。紹介します。我が株式会社、ダニエル広告企画室の新星、木本浩一君です。中川高志の、後継者です。」

その悠馬の声に敏光と順子、
「何と…。」
「まぁ…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニット レディース ゆるニット vネック 『フェミニンな魅力たっぷり!太ボーダーVネックオーバーサイズゆるかわ ニット 』 セーター トップス シンプル 無地 長袖 ゆったり 大きいサイズ ダーリンニット ロング丈 暖かい 女性 大人 おすすめ 春夏


【送料無料】●ボトルネックモールゆるニットモール ニット ボトルネック トップス レディース ゆるニット ゆるカワ M/サイズ



楽天ブログ




「やら…れた…。」

  1. 2017/11/08(水) 06:03:11_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
店から出て、藍子を背中に…。道路までのアプローチ。
途中で数人の通行人。女性を背負っている男性を見ながら、クスクスと。
そんな笑いを一切気にせずに、通りでタクシーを。

「藍ちゃん。乗るよ。」

後部座席のシートにようやく収まった藍子、恒夫の両膝に体を預けたまま。

藍子の背中を優しく擦りながら恒夫、
「な~にやってんだか、こいつめ。」
左手で藍子の髪を撫で、右手で、藍子の右腕を撫で、
そして腹部に手を当て、抱えるように。

「あっ、運転手さん、……まで、お願いします。」

その30分後には何とか藍子の部屋。ようやくベッドまで。
そして藍子をベッドに横にして、藍子の鼻に指先で、そしてにっこりと、
「この酔っ払い。」

そしてベッドから身を起こそうと…。その瞬間、いきなり右手を引っ張られて。
恒夫、
「お~っほっ。」

そのまま体勢を崩しての恒夫。
ベッドの中でいきなり藍子に羽交い絞めにされる恒夫。

「帰っちゃ、や。」

その、藍子の声に、藍子の顔の真ん前で、
「お~~い。藍ちゃ…。」

その恒夫の唇に右手人差し指を付けて、
そして恒夫の首に両腕を回して抱き締め、
「こんにゃろ、こんにゃろ、こんにゃろ。」

恒夫、全くの無防備、
「やら…れた…。」





車の後部座席、ベビーシートの中で麻衣子の指先を掴んで笑っている絢。
助手席で順子、ナビを見ながら、
「パパ、あの信号、右みたいね。」

「おぅ。マコ~、絢、大丈夫か~???多分、初めての車の中だろ。」

麻衣子、
「あ~、大丈夫。…でも…、初めて…じゃ…ないな~。前に、悠馬の車にも乗ってるから…。あっ、でも、あの時は夜だったから…、うん、起きているときの車は…初めてだよね~。」

「けど、びっくりしたよね、パパ。」
順子。

「うん…???」
右にハンドルを切りながら敏光。

「珍しく、場所を決めて食事会するなんて…。暁さんの方から。」
「あぁ。何でも紹介したい人がいるって…。しかも、あいつ、暁自身、まだ見た事のない人って…。お前たちは…知ってんのか~???マコ、麻美~。」

麻美、
「お姉ちゃんはね~。でも…私も…初めて。」

「ふ~ん。…と、ここ…か…???へぇ~。こういうの…あったんだ~。」

「新しいよね、ここ。」
順子。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【メール便送料無料】カットソー 長袖 レディース タートル ハイネック 裏起毛【秋冬新作】トップス チュニック ボートネック Vネック 長袖 タンクトップ&キャミソール 大きいサイズ タートルネック 【DM便対応】17色展開 春 02P29Jul16


裏起毛 カットソー (S/M/L/LL/3L)【3type・6colors】暖か 裏起毛カットソー タートルネック Uネック Vネック ラウンドネック トップス 裏起毛 暖かインナー 裏起毛インナー レディース インナー ヒートウェア 大きいサイズ LL 3L


楽天ブログ




「お疲れのようですね。」

  1. 2017/11/07(火) 10:44:01_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「さっきから…、良く…食べてるけど…。」
隣でビールを飲みながらの恒夫。

「だって、マスターの作るカレーはピカイチ。」
パクパク食べる藍子。

「それは、それは。いつもありがとうございます。嬉しい食べっぷりで…。」
洋風レストラン「モンブラン」のマスター、大野泰三。
銀行の近くの割とこぢんまりとしているレストランではあるが、
味の良さには評判のあるレストラン。

さっきから余りメニューに手を付けてない恒夫の顔を見て、
「彼氏は…、中々進まないようで…。」
ニッコリと笑顔で、グラスを磨く。

そんなマスターの声に、「ドキッ」と恒夫。

そんな恒夫を横目で見ながら、
「ツ~~。」
藍子。

そんな藍子をチラリと見て、
「あっ、いや。食べてますよ、はい。食べてます。」
そう言いながら、スプーン、一口、二口。
「う…、うん。うんうん。マスター。旨い、旨い。」

バンダナをして、少し灰色がかったヴァンダイクの髭の中で口をにっこりとさせて、
「お褒めに与り恐縮です。千葉様。ははは。」
そう言いながら一旦席を外す泰三。

そのまま沈黙する藍子と恒夫。

恒夫、
「あ…、あ…の…。藍…ちゃん…???あ…の…、メ…。」
その部分で声を止めて…。

黙ってカレーをパクパク食べて、水を、
「あ~~。美味しかった~。ご馳走様でし…た。」
そして、恒夫の皿の横にあるビールグラスに右手を差出し、半分ほど一気に。
「ふ~。美味し。はいはい。早く食べて、次、行くよ。」

そんな藍子の言葉に、
「はい。はいはい。…って…、えっ。えっ…???」


そして2時間後…。
カウンターの上に、両腕、その上に目を閉じて顔を置いている藍子。
そのまま顔は恒夫の方を…。

ニコニコ笑いながらマスター。
「お疲れのようですね。」

そんなマスターの声に、
「やれやれ。食うわ、飲むわ。何だったんだよ、あのメールは…。話しがあるって…。殆ど、若い子の結婚に、ぶつぶつ言って終わり。」
頭を傾げながら恒夫。

そんな恒夫の声にマスター、
「ん~~???彼氏殿~~。彼女の言わんとしている事。はてさて…。」


「さてさて。藍ちゃん。帰るよ。」
椅子から藍子を抱えながら…。

マスター、
「お願いします。お優しく。行ってらっしゃいませ。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



裏起毛 カットソー キャミソール タンクトップ トリミングネック Vネック ラウンドネック タートルネック テラコッタ シンプル 無地karei 【メール便発送】【11月24日頃入荷発送予定】


【メール便限定送料無料/代引き不可】選べる4タイプ 裏起毛カットソー 裏起毛 トップス ハイネック ラウンドネック Uネック ハイネック Vネック 長袖 トップス レディース 秋冬■tl142■


楽天ブログ




「結構バイタリティ、溢れてる。」

  1. 2017/11/06(月) 06:46:22_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「えっ!!!…なんで…???はい…???」
いきなり目を真ん丸くして浩一。

悠馬、
「まぁ~。僕もある意味、びっくりなんだけど…。話がどんどんエスカレートしてしまって…。」

「い…、いや…。まさか…。」
「モッちゃんを、みんなに紹介したいって、カミさんに話したら、何故かしら、カミさんの方で、いつの間にやらトントン拍子に事を進めちゃったみたいなんだ。」

「えっ。え~~~……。お…、奥さんが……。」
何とも顔を崩しながらの浩一。

「うん。ウチの…、ああ見えて、結構バイタリティ、溢れてる。」

そんな悠馬の声と顔に浩一、
「そう…みたいですね~~。な~んか…高校時代とは…違いますね~。」

「ん~???」
「結構、大人しそうな…感じだったから…。」

「そう…???…ん~~。結構、明るいんだけど…。全く、落ち込まないからね~。僕の方が、どっちかって言うと、引っ張られる感じ…かな…。」
「え~~~。そう…なんです…か。」

「ふん。…まっ、そういう事で、越谷さんが全面バックアップで、モッちゃん、歓迎したいそうだから…。誰が出席するかは…、お楽しみだ。再来週の日曜日。予定、空けといてくれ。」
「はい。分かりました。」




麻衣子のアパートのドアまで悠馬、
「じゃ、おやすみ。絢、じゃね~。」

麻衣子、
「うん。ありがと、おやすみ。」




碧銀行中央支店、
「麻美~、この資料お願い。」
華穂。

麻美、
「あ~。はい。了解。」

「ねね、国際営業部課長様から、何かアクションあった~~???」

そんな華穂の声に麻美、
「はぁ~~あ???」

その麻美の声に、
「ばか、声、おっきい。」
いきなり麻美の肩を叩いて。

「…い…、いや…。だって…、華穂さん。急に変な事、言うから…。ぷぷ。」
「ばかね~。麻美のお姉さんの元カレでしょ。ある意味…、気になるでしょ。」

「えっ。あ。あっ。はぁ。あ…。はぁ~???」

そのまま麻美から離れる華穂。

麻美、頭を傾げながら小さく、
「なんで…???」



そしてコチラは東亜銀行東京西支店、融資課。
パソコンの画面を見ながら、何やら頭を傾げながらの千葉恒夫。
「…俺…、何か、悪い事…、やったか…???」

数時間前に送られてきたメールが妙に気になっていた。
「話がある。今夜付き合って。」

送信元は、藍子である。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



送料無料 ストール マフラー ショール 羽織 大判 男女兼用 無地 シンプル レディース メンズ 近所 お出かけ 雑貨 おしゃれ トラベル 旅行 薄手 日焼け対策 冷房対策 結婚式 フォーマル 二次会


【残りわずか!在庫限り超価格】大判ストール ロング フリンジ 4色 マフラー 防寒 【ysh011】レディース ストール【即納:2-5日】 メ別 最安挑戦


楽天ブログ




「…あれから3ヶ月…か…。」

  1. 2017/11/05(日) 06:07:23_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「直道さん…。私…。」
侑佳。蒼白い顔をしていながらも、赤らめた目で…。唇をきつく締めながら。
そして布団の中に入れておいた両手を出して、両手で布団を握り締めて。
両目をきつく閉じて、
「う~~。」
そして口を開けて、
「あ゛~~~。」

そんな侑佳を見ながら直道、
「侑佳…。」



車の窓の景色を見ながら、侑佳、頭の中で、
「…あれから3ヶ月…か…。」




「はは…。見てみろよ、寿…。」
テーブルでお茶を飲みながらの悠馬。

「ふふ…、完全にお姉ちゃんになってるね~。」
にっこりと知寿子。

布団の上の絢。その隣で絢に寄り添うように眠っている寿。

「起こさないように、起こさないように~。寿~。絢ちゃん、そろそろ帰るよ~。」
静かな声で悠馬。

麻衣子、絢をゆっくりと抱き上げながら、こちらも静かな声で、
「寿~。ばいば~い。またね~。」

「ヨシ、じゃ、行くか。」
悠馬。

「うん。ありがと、悠馬。」
麻衣子。

「じゃ、ママ。送ってく。」

知寿子、
「うん。お願い。」



車の中で、
「まっ。そういう事だ。マコには思いがけない事になっちゃったけど…。みんなが楽しみにしてくれてると言う事だけは…。」
悠馬。

「うん。分かってる。でも…、いきなりだったから…。」
麻衣子。

「まっ。だ~ね~。マコと同じだ、モッちゃんも…、驚いてたから…。ははは…。」
「何度も言うようだけど…。だよね~。かかか…。」


午後の事。咲と一緒に帰社した浩一、
「室長、戻りました。…そして越谷さんの件、向こうさん、是非お願いしたいと…。」

「おぅ、そうか。うん。ありがたい話だ。」
悠馬。

「あっ、それから…、越谷さん、何やら…、楽しみにしてますよ~と言う事で…。…何ですか…???」
「モッちゃん、ちょっとコーヒー、付き合ってくれるか…。」

「あっ、はい。」


片や、
「ヨシ。俄然張りきっちゃうんだから~。」
にこにこ顔でパソコンの画面、そして資料を見ながらの咲。

「おやおや、何やら、テンション高いね~咲~~???」
顔を斜め45度にするように咲を覗き込む典。

「ほほほほ~。さては…、目覚めたか…。」
キーボードを打ちながら紀美子。

「つかさん、ムラッチ~。うるさいよ~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【SALE★セール】カーディガン レディース ロングカーディガン ロングニット スラブニット ロングカーディガン 長袖 カーディガン ポケット付き folklore マクナク MACNAC


【SALE★セール】カーディガン レディース ロングカーディガン ロングニット 起毛ニット ロングカーディガン 秋 長袖 カーディガン ポケット付き マクナク MACNAC



楽天ブログ




沈黙する車内。

  1. 2017/11/04(土) 05:15:30_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「お父さんかな…。2歳くらいの…背中におぶってた。そして隣にお母さん。ベビーカー押してた。お父さんの左手……。」
そこまで話して声を詰まらせた侑佳。

隣で運転をしながら直道、
「侑…佳…。」

「……ごめん…なさい。…でも…。」

そして、沈黙する車内。侑佳の頭の中に浮かぶ洗濯室。
そして直道の頭の中に浮かぶ産婦人科の病室。


2月の某日、汀家のリビングでは姑の友人が訪れていて世間話に談笑中だった。
身重の侑佳、自分と夫の洗濯物をカゴに入れて、
洗濯機のスイッチを再び押して洗濯室を出ようと…。
その瞬間、液体洗剤が垂れて床に落ちていたのだろう。
そこに足を滑らせ…。

賑やかに談笑中のリビング。その中のひとりが、
「ねぇ~奥様、若奥様…、もうそろそろですね~赤ちゃん。」

その声に汀直子、
「えぇ、えぇ…。お蔭様で…。」

そしてもうひとりが、
「若奥様、今…どららへ…???」

「多分、座敷で休んでいるかと…。侑佳さん。侑佳さ~ん。」

ところが、直子が何度名前を呼んでも声がない。直子、
「もしかして…、眠っているのかしら…ほほほほ。」
そう言いながら席を立ち、リビングから座敷の方へ…。

ところが温かい座敷で、
リクライニングチェアで休んでいるはずの侑佳の姿がない。
「変ねぇ…。」

そして聞こえる洗濯機の音。廊下を歩き、
「もしかして…。侑佳さん、そんな体で洗濯なん…。」
その時に自分の目に飛び込んで来た光景。

床に倒れている侑佳の姿。
「侑佳さん!!!!」

侑佳は気絶していた。救急車は最寄りの産婦人科に。

連絡を受けて病院に駆け付けた直道、
「母さん!!!侑佳!!!」

直子、
「直道、直道。ごめんなさい。ごめんなさい。」
声を殺しながら直道の両肩を握り締めて。

「どうして、こんな…。」
ベッドの傍の看護師を見ながら、ベッドで寝むっている侑佳の顔を見て、
「侑佳、侑佳。看護婦さん、侑佳は、侑佳は、お腹の子供は???」

少し沈黙した後に、
「奥様は…眠ってらっしゃいます。ただ…、残念ながらお腹の赤ちゃんは…。申し訳ございません。」

その看護師の声を聞いて直道、
「…そ…、そんな…。」


それから数時間後、目覚めた後に医師と看護師から告げられた事実に、
涙を流す侑佳。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



あす楽 即納 2017 新作 人気 大きいサイズ レディース 楽ちん ガウチョパンツ スカンツ スカーチョ ウエストゴム リラックスボトム LL-4L セクシー ガーリー トレンド 大人セレブ ブロガー セレカジ 海外セレブ 大きいサイズ レディース 【取寄】


ガウチョパンツ スカーチョ ワイドパンツ レディース ガウチョ パンツ 七分丈 ウエストゴム きれいめ 黒 春 秋 ネイビー ロング ベージュ プリーツ コーデ 十分丈 かわいい タウン シンプル 美脚 大人 女性用 おしゃれ 大学生 おでかけ ジャージー生地 体型カバー



楽天ブログ




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -