FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

「世間様にご挨拶するパーティ。」

  1. 2018/06/30(土) 06:36:39_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「多分…、これからも…素敵なお付き合いになるかと…。」
笑顔で由香里。

「えぇ。是非そうお願いしたくって…。」
ルイ。

洋造、和弘、封筒の中からカードを出して見て、
「パーティ…の招待状…。」

「えぇ。日本に来て、初めて、麻布セントラルムード、世間様にご挨拶するパーティ。」
洋造と和弘を交互に見ながら由香里。

「そのパーティに、是非、マスターと高梨さん。お迎えしたいの…。」
ルイ。

和弘、
「マーラさん…。」

「雑誌ブリリアントを紹介してくれたご縁です。夕美子ならやってくれるって…、先日、彼女の顔を見て確信しました…から。」
由香里。

洋造、
「ありがとう、ございます。…ただ…。」
そう言って頭を掻きながら洋造、
「こ~んな老いぼれが、こんな…豪華なパーティに…。とても、とても…。恥ずかしい限りで…。」

「…と、思うでしょ。でも…、マスタ~~。もしかしたら…かな~り…勘違い…されているかと…。」
ルイを見ながら由香里。

「えっ、え~~???」
洋造。

「至ってリラックスできるパーティです。そんな…豪華なんてやってたら、逆にこっちの方が疲れちゃう。ご心配なく、もの~すごい、カジュアルですから…。ふふ。」

洋造と和弘、
「へっ…???」



そして、和弘の作った料理を食べながら由香里、
「うんうん。おいっしい~~。これ…高梨さん…???料理…上手~~。」

「うんうん。もしかしたら…私…日本で食べたので、ここ、3本指に入るかな~~。」
ルイ。

「いやいや…そんな…。褒めすぎですよ、おふたりで…。」
照れながら和弘。


ドアが開いて、
「うん。まぁ~一年に一度だからね~。」
與門。

「そっか~~帆香の誕生日か~。私も…ご無沙汰してるもんね~。」
夕美子。

そしてふたり揃って、カウンターに顔を向けて、
「おじちゃ…。…ん…???」

洋造、
「おぅ~、いいとこに来た~~。」

「こんばん…。」
夕美子。

その声に目の前の女性ふたり、後ろを向いて、
「んふ…、夕~美子~~。今晩は~~。先日はどうも~~。」
右手を振りながら由香里。

その隣でにこやかにお辞儀をする女性、
「今晩は。初めてお目に掛かります。ルイ・マーラと申します。」

夕美子、
「う~わ、ビックリ~~。来てたんだ~~。」

隣で與門、
「こんばんは…って…、夕美子…???」

カウンターの中で和弘、
「凄い。與門さんがふたりいるみたいだ。」

残念ながら、その和弘の声はバックで流れるBGMが被り、夕美子たちには聞こえない。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。





プルオーバー M/L/LL/3Lサイズ 大人のニュアンスが漂う素材を、ゆるっとシンプルに。鹿の子サマーニットプルオーバーレディース/ドルマン/半袖/春ニット/トップスsoulberryオリジナル


[メール便可] ニット 半袖 Vネック トップス レディース サマーニット プルオーバー ラフ シンプル デイリー:プラウ(PRAU) 2018春夏新作 大人かわいい服 40代 大人可愛い 大きいサイズ レディース 30代 ママ 着痩せ 体型カバー 海外セレブ おしゃれ 涼しい




楽天ブログ



スポンサーサイト




Qoo10に人気の「msh」が初出店!“失敗しないアイライナー”

  1. 2018/06/30(土) 06:09:58_
  2. 医薬品、化粧品、美容、エステ他
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


Qoo10に人気の「msh」が初出店!“失敗しないアイライナー”「ラブ・ライナー」はQoo10「ビューティ・コスメカテゴリー」で発売初日に、第1位を獲得!本格販売:6月14日(木)開始 ジオシス合同会社


秋葉原でお悩み相談は、マリーシェル占い館!!!

  1. 2018/06/30(土) 06:06:34_
  2. インターネット全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 いよいよ7月がもう目の前。やってきました、「夏~~。」
と言う感じですが…。

夏と言えば、「夏休み。」
…と、その前に、学生さんたちもご覧になっているかも知れないこのブログで、
ちょっと学生さんたちに嬉しいお知らせをおひとつ。

「占い」って好きですよね~~。
そしてもしかしたら…、学校の事や仕事の事で、誰~にも話せないで、
自分ひとりで悩んでいる学生さんたちって…。どれくらい…いらっしゃるかしら…。

学校や仕事先で、嫌な事や、困っている事。それから恋人との事で、
どうすれば良いのか分からない事など、あれこれと…。
全く、周りに相談できずに、ぼっちで悩んでらっしゃる学生さんたちがいたとしたら、
ちょいと覗いてみましょう、「占い」から。

ほぃ。

情報収集には今や凄い学生さんたち、「マリーシェル」って知っていると思うんだけど…、
占いに関しては、逆に学生さんたちの方がご存知かと…。

そんな、「マリーシェル」が実は、7月9日より、期間限定にて、
東京は秋葉原で、「マリーシェル占い館秋葉原店」を出店と言う事なんです。

しかも、その趣旨が、「いじめ相談、恋も仕事も解決に。」と言う事なんです~~。。。

今回、凄いですよ、何と、あの人気グループのAKB劇場が入る、
ドン・キホーテ秋葉原店に限定出店と言う訳ですから…。

今や社会問題ともされている学校でのいじめ。
とにかく悩んでいらっしゃる学生さんたちに少しでも相談に乗って、
お手伝いと言う訳ですよね~~。

夏休み、気分スッキリリフレッシュしての思い出に残る日々を過ごしたいじゃない。
ギクシャクしている友達とも、仲良くなって一緒に楽しくいたいじゃない。
アルバイトしている学生さんたちも、仕事場でいろいろな事…あると思います。
それ…ぜ~んぶまとめて、占いの先生たちに、発散しちゃいましょう。

今回が最後の夏休み~って、人もいるんじゃないかしら。

おっしゃれ~なブルックリンスタイルのお店で、
出てきたら、気分スッキリ…しちゃいませんか~~。。。

秋葉原でお悩み相談は、マリーシェル占い館へ!いじめ相談、恋も仕事も解決に。7月9日より期間限定OPEN

ドリームニュース・ブログメディア参加記事




「僕の周りの女性の方々、綺麗な声の人ばかりで…。」

  1. 2018/06/29(金) 06:05:46_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「でも…、どんな人なの…、その…新條さんって編集者の方…???…それに…、一緒にいらっしゃった、上杉…信玄と言う男性編集者の方も…???」
カクテルを飲みながらルイ。
「最初に由香里から名前を聞いた途端に、ビックリ。」

声の抑揚に、そして言葉の歯切れの良さに魅了されながら和弘、
「マーラさん…、素敵な声…してますよね。」

そんな和弘の声にルイ、
「えっ…???あっ。ふふ、ありがとうございます。」
ペロリと舌を出してルイ。

「いえいえ。何かしら、僕の周りの女性の方々、綺麗な声の人ばかりで…。嬉しくって…。」

「おやおや…。」
にこやかに由香里、
「でも…、高梨さ~ん。ルイを口説いても…無駄よ~~。」

「えっ!!!…いや…、そんなつもりでは…。」
照れながら和弘、
「いや…、はは。参ったな~~。」

「半年後には…めでたく…、ゴールインですから…。」
「ちょっ…、ちょっと…由香里~~。もぅ~~。」

洋造、
「おやおや、これは、これは、マーラさん。おめでとうございます。」

ルイ、丁寧に、
「ありがとうございます。」
ぺこりとお辞儀をして。

「ん…???…と言う事は…、ひょっとして…、高梨さん…。ご結婚は…???…まだ…???」

そんな由香里の声に洋造、
「結婚もなにも…。けけけけ。」

「へっ。うそ…???…じゃ…。…おやおや…。なんと…勿体な~い。こんなに…かっこいいのに…。…ねぇ~ルイ~。」

「うん、う~ん。誰か…。」
そして洋造を見ながらルイ。

「ま~ね~。何処かには…いるはずと…、こいつにお似合いの…いい人が…。けけけけ。」

由香里、
「ふ~~ん。」
一瞬由香里の頭に閃いた女性たちの顔。
「あっ、そうだ、マスター。」

洋造、
「はい。」

「今日は…先日の紹介のお礼かねがね、ちょっと、お願いがあって…。」

「あっ、そんなそんな…、とんでもねぇ。お礼なんて…。これも…商売ですから…。人様と人様を…、ある意味…結び付けられるなんて、しあわせな事ですよ。」

「いえいえ。そんな…。」
そう言いながら洋造にあるお洒落な封筒を差し出して…。
「はい。高梨さんにも…。」

「何とも…丁寧な…封筒で…。INVITATION(インビテーション)…???」
洋造、その封筒を見ながら…。

「綺麗な封筒ですね~。」
和弘。

ルイ、
「是非、中…、ご覧になって。」

和弘、
「いいんですか…???」

由香里、
「もちろん。是非ご覧になって戴きたいわ。」
封筒の中に一枚のカード。
「お忙しいとは思いますが、是非…ご招待…、受けて戴けたら…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




【バーゲン】大きいサイズ サマーニットプルオーバー(L LL 3L) MS-1654 (cecile セシール)


麻綿サマーニットプルオーバー




楽天ブログ




「まさかね~。でも…、彼がいてくれて…、た~すかった~~。」

  1. 2018/06/28(木) 06:08:34_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 なにやら戸惑っているような…、
そしてぎこちないような感じの亜須香。

心、
「凄いよ亜須香ちゃん、いつの間に、あんな雰囲気…。」

亜須香、
「ゆ…雪さん…。わ…私…。」

「…ん…???」
「か…体が…、勝手に…、動いてた…。」

心、
「えっ…???」


夕美子、
「掛川…修作…。私たち…、とんだ…思い違い…していた…。ようね~~。」

そして夕美子、亜須香に手を振り、
「亜須香ちゃん、お見事。お疲れ…。良くあんな表現力…。凄いね~~。」

亜須香、
「し…新條デスク…。」
緊張しながらも…、
「あ…ありがとうございます。お疲れ様でした~~。」
深々と夕美子にお辞儀をしながら。

笑顔で亜須香に労いの言葉を掛けながら夕美子、途端に、
「クスッ。」
そして鼻の下に人差し指を付けて、
「それにしても…、私…。な~に考えてたんだか…。くくく。」

そんな夕美子を見て心、
「デスク~???」
頭を傾げながら…。

「い~や。な~んでもない。」
一瞬、夕美子の脳裏に甦った先日の夜の出来事。
「まさかね~。でも…、彼がいてくれて…、た~すかった~~。」



夕方近くのブリリアント編集局、亜季、
「へぇ~~。あの掛川さんが~。」

夕美子、
「うん。完璧に…イメージ逆転。あれほどとは…。」

そこに心、
「デスク~~。画像…これ…。」

「おぅ。どれどれ~~。」

夕美子のデスクに集まる亜季と真奈香、そして信玄。
「わお。」

「へぇ~~。これ…亜須香ちゃん…???」
「すげぇ~~~。」

夕美子、
「や~るもんだ~~。」




ドアを開けて入ってきた客に洋造、
「これは、これは…先日は…。どうも…。」

和弘、
「いらっしゃいませ。」

「こんばんは。先日は…。ご面倒な事…、お願いして…申し訳…ありませんでした。こちら…よろしいかしら…。」
連れの女性と一緒に。

「どうぞ、どうぞ。」

にこやかにスツールに納まるその2人の女性、
茂木由香里と麻亜羅瑠偉(ルイ・マーラ)である。

数分、店の雰囲気を感じながらの由香里とルイ。

オーダーされたカクテルを作りながら洋造、
由香里の顔と、ルイの顔を交互に見ながら、
「…で、どうやら…。」

その声に由香里、
「えぇ~、マスターのお蔭で、素敵な出会い…させて戴きました。」

その声に和弘がニッコリと…。

由香里、
「ねっ、ルイ。」

「えぇ~、私もお会いしたかった~、由香里の大学の同期…。」

洋造、
「これは、これは…。どうも…。」
にこやかに。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




【バーゲン】大きいサイズ サマーニットプルオーバー(L LL 3L) MS-1654 (cecile セシール)


麻綿サマーニットプルオーバー



楽天ブログ




かしこく涼しく節電の夏! Qoo10「エアコン&サーキュレーター」人気TOP3

  1. 2018/06/28(木) 05:25:34_
  2. ビジネス・社会経済全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


かしこく涼しく節電の夏!自宅で熱中症対策に! Qoo10「エアコン&サーキュレーター」人気TOP3を発表 ~ひとり暮らしの部屋のサイズにも、最適な商品が人気!~ ジオシス合同会社


無料占いアプリ「占神」

  1. 2018/06/28(木) 05:21:34_
  2. インターネット全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
毎日絶対に欠かせないもの、
それが、「朝一番の占い」と仰る方々…、多いと思います~。

まぁ…朝一番ではなくとも、通勤途中やら、通学途中、そして休憩時間やお昼休み、
その他いろんな時間にスマホで占いをしっかりとチェックされていらっしゃる方々、
多いのではないかしら~。

そんな占い好きの方々に、無料占いアプリ「占神」をご紹介しましょうか~~。

実にこちら、何と2016年に占いサービスを開始したのですが、
韓国での開始なんですって。

しかも、驚く事に、2018年現在では韓国で最も人気のある占いアプリとして№1をゲット~~。。。
何事も人気があると言う事であれば、しっかりと自分の事、それに彼女や彼氏の事。
またまた家族の事までも占いたいですよね~。。。

ましてや人気もある。しかも…2016、17、18年と、
3年連続しての運勢部門で1位を獲得していると言うんですから…。
利用されている方々が桁外れに多いと言う事になります。

それに、占いをしてみて気になるのが、これ…、
「優良アプリでのみ確認できた詳細な運勢情報…。」って、あるものですが、
それが、「占神」では完全無料と言う事ですから。

如何かしら。しっかりと活用してみては~~。。。


無料占いアプリ「占神」の正式リリース発表


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


「デスク…、これって…、一体…???」

  1. 2018/06/27(水) 05:50:32_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
カメラマンの掛川修作と読者モデルを交互に見ながら…。
そして、腕組みで見ている夕美子の右二の腕を人差し指で、
「デスク…、これって…、一体…???…ここまで…???」
小声で心。

夕美子、そんな心に、顔を2、3度、頷かせて腕組みしたままで、
「うん、ここまで…、出来るんだ~~。いやはやビックリだね~~。亜須香ちゃんって…。こんなポーズ…出来る読モだったっけ…???」

心、
「ううん…。私も初めて…。」

「それに…亜須香ちゃんの…この…表情…???」
夕美子。

修作が向けるカメラ、そしてそのカメラに向けられる読者モデルの凪亜須香(なぎあすか)、
そのふたりの風景は、その周囲のスタッフも茫然とするほどの圧巻された撮影風景と化していた。

もはや心のリクエストよりも、修作のカメラのリードが亜須香の雰囲気を完成させていた。
夕美子と心から離れた場所で撮影風景を見守っていた健之、
腕組みしながらゆっくりと夕美子の後ろに近づき、ポツリと夕美子の頭の後ろに。
「やられ…ました。ははは。」

その健之の声に、前を向いたままで夕美子、
「掛川…修作。…彼って…???」

「超一流。多分、まずこの桜華に、彼ほどのカメラマンは…ふたりと…いない。」
「モデル潰し…どころか…。」

「…その…反対…。」
「噂の女癖って…???」

「つまりは…、彼に認められないモデルの自暴自棄かと…。」


「ふぅ…。こんな感じかな~~。いいんじゃない…???ねぇ~ブリリアントさん…。」

その修作の声に心、
「ありがとうございました。凄い~~。ありがとうございました~。」
修作に深々とお辞儀をする心。

「この子…、伸びるね~~。いいよ~~。…んじゃ、俺は…、この辺で…。」
健之に手で合図をして、その場から2、3歩。

夕美子、
「ありがとうございました。お蔭様で助かりました。」
心同様に深々とお辞儀をして。

「いい子いるじゃん、ブリリアントさん。」
ニヤリと笑って夕美子に右手指をヒラヒラとさせて、
「んじゃ、お世話様~~。」

健之、そんな修作の肩を抱きながら。そして、
「新條さん、心ちゃん。」
ふたりに手で合図して微笑みを投げて、
「また…。」

そんな健之に笑顔でにっこりと、夕美子、
「うん。ありがと。助かった~。またね…。」


心、亜須香に駆け寄り、
「亜須香ちゃ~ん。凄~~い。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




シャツワンピース マキシシャツ シャツワンピ ガウン シャツ レディース 18年夏 長袖 ボリューム袖 紫外線対策 冷房対策 おしゃれ ゆったり マキシ 大きいサイズ ボリュームスリーブ シャツ 羽織 ママ 韓国ファッション 30代 40代 50代


マキシシャツ★≪メール便送料無料≫



楽天ブログ




心、目を見開きながら…。

  1. 2018/06/26(火) 06:19:26_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
そして撮影当日。スタジオで、心のリクエストで撮影が始まる。
フラッシュが焚かれながら心のイメージ通りでモデルも活き活きとしたポーズを取る。

修作、
「は~い、いいよ~。うん、いい感じ~。」

半ば少々緊張している心。そんな中で、モデルと心を見守る夕美子。

ポツリと心、
「デスク…、ごめんなさい。一緒にいてくれて…。」

夕美子、
「な~に言ってんの~。中々良い感じじゃない…。」

そして少し離れて撮影を見守っている健之。
そんな健之にチラリと目を向けて夕美子、
ニッコリと口をすぼめて腕組みをしながら、
親指を一本腕組みの中で立てて。それをチラリと見る健之。
夕美子に微笑んでまた撮影を見守る。

夕美子の耳に、
「まさか…矢萩デスクも一緒なんて…。良かった~~。」
と、心。

「電話で言ってたからね~。私が責任持つって。」

何とか無事に撮影も終了して。

心、
「お疲れ様でした~。掛川さん、ありがとうございました。」

修作、
「おぅ。」
そして、読者モデルに向かって、
「良かったよ~。中々良いセンスしてるみたいね~。できたら…、もう少し…、覗いてみたいね~~。ありがとう。」

さらりと口から漏れたようではあったが…、
その、「覗いてみたい。」と言う言葉が夕美子の耳に入った。

夕美子の眉毛が動いて、そのまま健之に。

すぐさま健之、
「掛川さ~ん、お疲れ~。」
両手で拍手をしながら修作に近づいて肩を叩いて、
「ありがとう。」
そして肩を抱きながら、夕美子と心の傍を通り、右目でウィンク。

ニッタリと笑いながら小声で、
「中々いい感じの子ですよね~。」
修作。

健之、
「次もよろしく頼むよ。」

「へ~い。」

心、読者モデルに、
「お疲れ様~~。大丈夫~???ありがとう。ふぅ。ごめんねぇ~。緊張したでしょ。いつものカメラマンじゃないから…。」

読者モデル、
「お疲れ様です。えぇ…。でも…、凄かったです。オーラ…凄いですよね~あのカメラマ~ン。」

「ふっ。まずは、一安心。次ね~。」
腕組みから腰に落ち着かせて夕美子。そしてパソコンの画像を見て…、
「さすが、腕は一流ね~~。」
心の背中をポンポンと叩き、
「お疲れ、心。」

数時間後、撮影の打ち合わせ。スタジオ撮影からは、今度は野外での撮影となる。
予め健之から、「今回の撮影は、僕も最後まで同行させて戴きます。安心して…。」
そのお蔭で野外撮影も何とか終盤へと…。

そんな中で野外撮影が進むに連れて、心の鼓動が高鳴っていた。
「何なのこの人…???」

心、目を見開きながら…。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



\期間限定価格/大きいサイズ対応レディース/XL-5XL/ストライプ切り替え袖リボンキーネックワンピース/大人フェミニン可愛い女子力/オトナ女子/もてカワセクシーガーリー/海外セレブ/onep-f/SAN-eho-29628


ワンピース 長袖 カジュアル Aライン コットンリネン ミディアム レディース 綿麻 キーネックワンピース 春 夏 秋 冬 全3色 大きいサイズ 無地 シンプル 可愛い ゆったり ポケット付き


楽天ブログ




「ひとり…、いますよ。」

  1. 2018/06/25(月) 06:24:56_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
受話器を耳に夕美子、心と亜季の顔を交互に見ながら…。

心、亜季、
「デスク…、誰に…???」

「もしもし、新條さん、お待たせしました。」
電話の向こうから…。

「あ、はい。すみません。」

「ひとり…、いますよ。」
健之。

「ありがとうございます。」
「掛川と言うカメラマンですが…。腕の良いカメラマンです。…けど~~。」

夕美子、
「掛…川…さん…。」

心と亜季の顔を見て、もう一度、
「掛川…さん。」

その名前を聞いた瞬間、心、亜季、顔を顰めて、
「もしかして…、ソフィア…。しかも…。…あっちゃ~~。」

夕美子、受話器の向こうに、
「もしもし、矢萩さん。掛川さんと…言うと、もしかして…、掛川修作さん…???」

その声に健之、
「えぇ~。その…掛川修作さんです。」

夕美子、心と亜季と同様に、苦虫を潰したように、
「ん~~。」
受話器を左の手に持ち替えて左の耳に。
そして右手で髪を掻き揚げながら、
「そうですか~。」

心と亜季、そして真奈香までもが、両手をクロスして。少しの沈黙。

受話器の向こう、
「新條さん、どうしました…???」

夕美子、口をすぼめて、そして真顔になって、
「矢萩さん。お願いします!!!」

亜季、
「夕美子―――――っ!!!」

心と真奈香、
「デスク――――――???」

その声が受話器の向こうから聞こえたのかは…、けれども、
「…分かりました。手配します。」
健之。

夕美子、心と亜季、そして真奈香の心情を感じてはいるが、受話器の向こうに、
「すみません、いきなりなもので…、よろしくお願いします。」

「…新條さん、彼の事に関しては私も把握してます。大丈夫ですよ。ご心配なく。私が責任持ちますから…。」

そんな健之の話に受話器の向こうに夕美子、
「ありがとうございます。お願いします。」

立ちっぱなしの亜季、そして心。

椅子で状況を見守っている真奈香。

思わずため息、
「なんだって…。こういう時に、掛川…。ソフィアの編集者なら…大丈夫だろうけど…。」
亜季。

夕美子、腕を組みながら椅子の背もたれに、バン。
「やるっきゃない。」

心、
「デスク~~。」
そして、
「…ごめんなさい。」

夕美子、
「ば~っかね~。あんたが謝ることじゃないでしょう~。心~~。」


掛川修作(かけかわしゅうさく)。かつてその才能を買われ、
ソフィアの雑誌の表紙まで担当していた専属カメラマンである。
それだけでも超一流。

けれども、厄介な事に、かなり女癖が悪く、
モデル潰しとも言われるほどのカメラマンだったのである。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



着こなしの幅を広げるシャツワンピースM/Lサイズ マルチウェイマキシシャツワンピース レディース ガウン 長袖 ウエストリボン ボウタイ ストライプ ギンガムチェック 無地[2018春新作]


ストライプ柄膝丈シャツワンピース ロングシャツ シャツワンピース ワンピ シャツ ロング マキシ シャツ ストライプ 膝丈 ワンピース 夏 ワンピ



楽天ブログ




「今の雰囲気出せる人…、いない…。」

  1. 2018/06/24(日) 10:41:00_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「心!!!」
夕美子。

その夕美子の声に心、
「デスク~~。カメラマンの伊丹さん…。網膜剥離…だって…。」

「うっそ!!!」
夕美子、そして亜季、真奈香。
そして心の向かいにいる信玄も…。

夕美子、
「じゃ…、何…今の…撮影…。いやいや…、次のも…。え――――――っ!!!」

椅子を夕美子の方にクルリと…。そして目を潤ませながら…、
「伊丹さんじゃなきゃ…、今の雰囲気出せる人…、いない…。」

亜季、
「夕美子。やばいよ。カメラマン…今からじゃ、全くお手上げ。全然間に合わない。」

「なんだって…専属カメラマンが、網膜剥離…。自己管理…してるはずなのに…。」
小声で夕美子。
「とにかく、心の今の企画に沿ったカメラマン…、探すしかない。フリーだろうと…。時間がない。…心…、進捗状況は…???どこまで進んでる…???」

「まだ…、半分…。」
そして、悔しがりながら、椅子から立ち上がったものの、
また座りながら椅子を自分の机に向き直り、左手で額を押さえる心。

夕美子、
「漣太郎…。心、美紅に電話。」

心、
「はい。」

「あぁ~~、でも…今、美紅さんと康太…、撮影の…真っ最中…。」
信玄。

心、
「あ~美紅、今…大丈夫…???…実は…、困った事が…。……。」
美紅に状況を説明しながら…。

けれども、心の表情は晴れず…。
「そっか~~。ありがと…、うん。大丈夫、何とかやってみる。」

静まるブリリアント編集局。
通話を切って心、夕美子に向かって首を振る。

夕美子、
「だ…め…か…。」
腕組みしながら、そして右手を口に付けながら…窓際に…。
左右にチラリと動く目。その瞬間振り向いて机の上の電話から受話器を…。
プッシュボタンを押して、相手が出る。
「お疲れ様です。ブリリアントの新條です。」

「おや。お疲れ様です。新條さん。昨日は…。」

男性のその声が耳に届き、
「昨日は…ありがとうございました。お蔭様で…。すみませんけど…。お願いがあるんですけど…。」

「お願い…???はい、どうぞ。私で良ければ、何なりと。」

その声に、
「ありがとうございます。実は…。……。」

「ふんふん。なるほど~。カメラマン…。」
受話器を耳に、ブックスタンドから一冊のファイルを取り出して健之、
「少しお待ちを…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



NANING9(ナンニング)リネンジャンプスーツ【6/8up_go】【送料無料】韓国 韓国ファッション ジャンプスーツ 夏 オールインワン リネン ノースリーブ 大人カジュアル きれいめカジュアル リゾートファッション ワイドパンツ ナンニング レディース【5】


ssong by ssong(ソンバイソン)リネンジャンプスーツ【5/9up_go】【送料無料】韓国 韓国ファッション ジャンプスーツ リネン オールインワン 夏 カジュアル 大人カジュアル リネンパンツ ベージュ レディース ファッション【5】



楽天ブログ




「お・う・え・ん…しようか…なって…。」

  1. 2018/06/23(土) 07:05:42_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
健之の隣にちょこんと座って杏美。

健之、
「…ん…???どしたの…???」
コーヒーを飲みながら健之。

そんな健之の顔を見ながら杏美、
「ん~~???ちょっとね~。ふふ…。」

「何…、なになに…、どしたの~???」
「デスクの…こと…。お・う・え・ん…しようか…なって、思ってね~~。」

その言葉に健之、
「はっ…???応援…???」
目をパチクリと、そして顔を捻じ曲げて、
「な…ん…の…、応援…???」

そんな健之の顔に杏美、すぐに椅子から立ち上がり、
「んんん、私が勝手に思ってる事だから~~。じゃ。」

その場を離れる杏美に健之、
「ん~~???…はて…???」




「OK.OK~。さすがは與門~~。いい感じじゃ~ん。」
出張先の長崎からの與門からの連絡と報告である。

電話口で夕美子、パソコンの画面を見ながら、
「このまま…校正に良いよね、これ…???」

スマホで與門、
「うん、お願い。今回もまた、スタッフに恵まれたわ。いい感じで進んでる~。」

「おぅ。んじゃ明日の帰り、待ってる。」

その夕美子の声に、
「わわわわ。編集長~あれ~~。」
いきなり左斜め向かいで亜季。

「何よ、あれっ…???」
電話の向こう與門、
「なに…???どうかした~???」

亜季、夕美子から電話を取って、
「お疲れ様で~す。あれ。あれあれあれ。長崎で有名なあれ…。チーズケーキ~。」

夕美子、
「チーズケーキ…???」

電話の向こうでも、
「チーズケーキ…???」
與門。

その声に反応した亜季の向かい側の席の真奈香、
「長崎で有名なチーズケーキと言えば~あれでしょ。フォンダン…。」

そこまで言ってパチンと夕美子、フィンガースナップ。
そして真奈香と同時に、
「フォンダンフロマージュ。」

亜季、
「それそれ~。編集長~~。」
電話口で…。

声のない受話器。

「編集長~。ねね、編集…。もしもし。もしもし。ねぇ~。」

「…っていうか…。多分…これ…でしょ。その…フォン…何とか…。もう…持ってるけど…。袋の中に、戴きもので戴いちゃってる~わははは。クライアントから…だけどね~。」

亜季、
「うわお。や~り~~。待ってま~す。」
受話器に手を当てて、
「クライアントから戴いちゃったって~~。」
夕美子と真奈香に。

夕美子と真奈香、唇を尖らせて、
「わお。」

その時、いきなり真奈香の後ろから、
「うそ!!!なんで!!!うそでしょ。」
スマホに大きな声で…。心である。

夕美子、
「心、どうした???」

既に與門からの電話を切っている亜季。
夕美子の机の電話機に置いて、
「心…。」


通話を切って心、ガックリとして机に前のめり。
小さな声で、
「何でよ、今になって…。どうしよ…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



NANING9(ナンニング)リネンジャンプスーツ【4/17up_go】【送料無料】韓国 韓国ファッション ジャンプスーツ 夏 オールインワン リネン パンツ ゆったり ボトムス カジュアル ワンピース 大人カジュアル ナンニング レディース【5】


ssong by ssong(ソンバイソン)リネンジャンプスーツ【5/9up_go】【送料無料】韓国 韓国ファッション ジャンプスーツ リネン オールインワン 夏 カジュアル 大人カジュアル リネンパンツ ベージュ レディース ファッション【5】



楽天ブログ




変顔で何とか誤魔化そうとする健之。

  1. 2018/06/22(金) 05:28:57_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
健之、
「…あぁ…、これ…???…いや…、その…。昨夜、ひょんな事で、酔っ払いを助けてさ。その時、その酔っ払いから殴られちゃって…。」
変顔で何とか誤魔化そうとする健之。

何故か目をパチクリと、そして頭を左に傾ける五月。
ランダムの位置の若と杏美。杏美は何とか取り繕うが、
若は堪え切れずに口元を手の甲で押さえクスクスと…。

それを若の隣の美崎が、
「…ん…???若…、何そんな笑ってんの…???」
と、不思議そうに…。

若、
「あ…、いえ。すみません。」

何故か健之の口の傷が気になる五月。
「…腫れは…、ない…んだけど…。何だか…痛そう。」

そんな五月に、
「あぁ…。いや。もう…、全く痛みは、なくって。大丈夫です。はい。」

そんな健之を見て瑞樹、
「災難だったわね~、矢萩さん。折角助けて、逆に、何かの反動で殴られて~~。」

健之、
「えぇ…。はは…。」

何故か頭を掻きながら照れる健之を見て、とうとう杏美も、
「ぷっ。」

隣に座っている美崎、
「杏美さん…???」

杏美、
「あっ、いや…、ごめん。…じゃ…編集長。」

「うん、そうね。…もぅ~走り始めてもいるんだけど…。奈賀~。頼むね~、スープル。また新しいの、リリースするって話だったから…。」

奈賀、
「はい。」

「そして~~。ヒットだよね~これ~。」
10数枚の企画書から2枚を取り出して、
「五月~~、これ…動くよ~~。そして…、亮ちゃん。面白い事…、考えたよね~~。」

五月、左手を握って、
「はい。」

亮輔、
「ッシャ~~。」
唇を尖らせてその企画書のコピーを指で弾く。

「あ~~、それと五月~。若…、その企画に付けてくれる~~。若にはいい勉強になるのよ。お願い出来る~???」

その瑞樹の声に若、
「へっ…???良いんですか…編集長~???」

「モチ。五月お姉さまから、教えてもらいなさ~い。」

そんな瑞樹に若、喜んで、
「はい。」

五月も笑顔で若に右人差し指を数回向ける。にこにこしながら。
「おいで~若~。」

若、にっこりと、そしてコクリと五月にお辞儀して、
「お願いします。」

「うん。」



編集会議を終えて、ひとりで休憩ラウンジでコーヒーを飲んでいる健之。

「デスク~~。」
杏美。

「…ん…???あぁ~杏美さん…。」
健之。
「昨夜は…ははは。」

「ここ…。」
自分の口の左端に指を当てて。

「あぁ…。もう…大丈夫。」
「ふん。良かった~。ふふ…。ねね、デスク~。」

「…ん…???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



【再入荷】【メール便可】ドット柄ノースリーブワンピースcocaオリジナル/石田一帆さん着用(ゆったり ロングワンピース ロング丈 水玉 フレア Aライン ブラック 夏 18ss coca)


nap9182 ドット柄ノースリーブワンピース Cloudnine ドット 水玉 ノースリーブ ワンピース コットン リネン 綿 麻【aha*aha】【レディース ナチュラル カジュアル】



楽天ブログ




「はぁ~あ…???何その怪我…???」

  1. 2018/06/21(木) 06:12:41_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
テーブルの上の弁当の横にあるメモを見て健之。
「母さんの検査の結果が出るから早く出掛けます。怪我…早く治せ。会社行ったら注目されるぞ。」
それを読んで唇を捩じる健之。
「しゃあ…ねぇだろ…。なっちまったもんは~~。」

瑠唯子の作った朝食を食べて、着替えながらも鏡を見ながら、
「ん~~。何かは…言われる…かな…。」
そんな感じで見ながらも、
「でも…まぁ…、腫れも引いてるし…。なんとか…。…なるように…なるかぁ~あ~~。」


昨夜の事。
帰宅してリビングに入った健之に、テーブルに座りながら体を捻り.瑠唯子、
「おっかえり~~。」
と、言った後に、
「はぁ~あ…???何その怪我…???どうしたのよ…???喧嘩~~???」

「た…だ…いま…。ん~~???いや…。喧嘩はしてないぞっと。」
「んじゃ、何よ。あんたがパンチ食らうって、どういう事…???」

「いや…。まぁ…。そういう…。」
「はぁ~~あ???」

「実…は~~。」
「何よ、何々、何よ。どうしたのよ???」

「いやいや…。…そんなに興奮する事じゃないから…。あのね。」
両手を広げて、そして人差し指を口に。

帰宅する前の出来事を瑠偉子に話して聞かせる健之。

「へぇ~~。ふ~~ん。…そういう事か。ふん、ふんふん。あんたがね~~。」
「そういう事で…。…って、なんだよ、その曖昧なリアクションは~~???」

「いや…。別に~~。さぞ、その女性編集デスク、喜んだ事でしょう。…んじゃ、私は明日、早いから先に寝るわ。食べ終わったら、流しに入れといて~。じゃね~~。おやすみ~~。」


そして…。

出社して編集局のドアを開け…、
「しめた。まだ誰も来ていない。」

注目される。…その逆手を取った健之。
出社して来た編集者からは意外と健之の顔は、
その左半分が見え難い角度になっている。
その為、何とか午前中は、傷も隠し通す事が出来た。
当然、知っているはずの杏美と若も、一切その事に触れる事なく…。

但し、これが…午後の…、編集者全員参加の編集会議ともなると、
周知の事実となる。

健之の左隣に座った五月が、
「…ん…???デスク…???」
と、言いながら、健之の顔を見て自分の口の左端に指先を…。

そして、その素振りが編集者全員の視線の的となる。

健之…。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




ベルト付きハイウエストチノワイドパンツ レディース ボトムス ウエストベルト コットン100% ワイドパンツ 夏 春 スカンツ ガウチョ チノパン チノ 綿 ハイウエスト ワイド ベージュ カーキ ネイビー クロップド 大人 [M2202]【入荷済】


【バーゲン】ハイウエストチノワイドパンツ(選べる2レングス)(S(股下64)〜LL(股下68)) MP-1697 (cecile セシール)




楽天ブログ




「10年先に生き残る 勝ち組サロンの作り方」

  1. 2018/06/21(木) 05:21:16_
  2. ビジネス・社会経済全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


ベジーライフ、最新インスタグラム集客セミナー 「10年先に生き残る 勝ち組サロンの作り方」 2018年7月セミナー日程のお知らせ ~ 無料参加者受付中 ~ ベジーライフ株式会社


ドキッとさせるモテ浴衣♪

  1. 2018/06/21(木) 05:17:24_
  2. ファッションブランド全般
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
DreamNews
今日のイチオシDreamNews


ドキッとさせるモテ浴衣♪和装デートで心躍る夏を満喫! Qoo10「浴衣特集 2018」をオープン! ~キュートな花柄から、レトロモダンな柄、POPな柄までお得なセットでご紹介~ ジオシス合同会社


「物凄い、分かりやすい女性だわね~~。」

  1. 2018/06/20(水) 10:41:21_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
杏美と若。そして夕美子と健之に信玄と、左右に別れて…。

少し歩いて杏美、
「ねぇ~若~~。」

若、
「はい…???」

「さっき…、確か、小坂さん…。箱入り娘って…言ってたけど…、どういう意味…???」

そんな杏美の声に若、
「へっ…???」
そしていきなり胸がビクンとなる若、
「えっ…???…ん…???…あれ…???…えっ…とぉ~~…???」

そんな若を見て杏美、
「ぷっ。くくく…。」
鼻の下に人差し指を…。

「はい…???杏美さん…???何…???」
「…ったくもう~~。あんたって…。」

「はっ???」
「んんん~~。な~んでもない。物凄い、分かりやすい女性だわね~~。ふふ。」

若、
「えっ…???」

杏美、
「ふ~~ん。そっか~~。」

「はい…???」





午前5時半、ランニングウェアに着替えて夕美子、
「ヨシ。」

そして自然に公園のベンチに。
先に着いて休んでいた和弘。

「おはよう~ワコウちゃん。」

「おはようございます。昨夜、あれから…???」
和弘。

「うん。無事に帰宅~~。」

そして和弘の唇の端の傷を見て、
「だい…じょう…ぶ…???…ちょっと…見せて…。」

和弘、
「あっ、えぇ…。」

「へぇ~~。もう…腫れ…、引いてる~~。さっすが~。若い。」
「ふん。一晩寝たら、もう…。」

「さっすがだね~~。…でも、ワコウちゃんも…鍛えてるからね~~。」
「…かな~~。」

ベンチに座ったままで和弘の隣でまた、
「昨夜はありがとうございました。」
とペコリ。

和弘、
「なになに、新條さ~ん、何回…。ぷっ。」

そんな和弘に夕美子も…、
「…くっ。…だね。」
そして一呼吸置いて、
「…でも、嬉しかった~~。」
両腕をまっすぐに前に、そして両手を組んでそれを裏返しにして。

和弘、
「えっ。」

「だって~~。もう…どうなるかと思ったも~~ん。」
組んだ両手を離して、そして両目を瞑って、口を真一文字に、
両肩に力を入れて、そして息を吐いて、頭の中に昨夜のあの時の場面が…。
自然に下を向いて、今度は顔を上げて、和弘の顔を…。

和弘、
「…ん…???…新條…さん…???」

少し目を潤ませて夕美子。

「目…、潤んでますけど…。」

そんな和弘の声に、
「あっ。ごめん…、あの時の事…、思い出しちゃった。へへ…。」
思わず両手中指で目の下を拭う夕美子。
「へへ…。」

「で~も、びっくりですよね~~。矢萩さん…空手とは…。いやはや…。」
「ねぇ~~。うんうん。でも、凄かったもん、あんなに足…あがるもんよね…。」

「うんうん。…矢萩さんの裸…、どんなんなってるか…見てみたいっすね~~。」

夕美子、
「はぁ~あ…???かかかか…。」

和弘、
「え~~???…だって…。へへへへ。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



クーポン対象 ダブルガーゼ キーネック ワンピース /ふんわりしっかりWガーゼ ウエストギャザー 着後レビューでクーポン☆ 大人 ナチュラル 大きいサイズ ゆったり e+/綿 コットン 春 レディース Ms,Ls,LL,3L,1820SS0216,s03b,


キーネックワンピース/チーク(Cheek)




楽天ブログ




「ワコウ~。ありがとな。」

  1. 2018/06/19(火) 06:43:19_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「すげっ。清川建設の…、常務執行役員。めちゃくちゃ大手の建設会社。」
信玄。

和弘、
「うんうん。国内でもかなりの大手だ。」

「…とは言え…、今はニュージーランドのオークランドに出張中…。まぁ…。昔から身体…鍛えての建設会社に入って、上から認められ続けての今の地位…だけどね。」
健之。

「へぇ~~。凄いんだぁ~デスク~。」
若。

「わっ。やばっ。もう…こんな時間。」
腕時計を見て夕美子。

「おっと…。私も…。幾ら話の分かる姑とは言え…。やばい、やばい。子供…任せっきりだ。」
杏美。

「えっ…、杏美さん…???」
健之。

「ふん。杏美さん。この中は2人目で~す。」
若。

その声に夕美子、信玄、
「わっ。」

そして杏美、そんな夕美子と信玄の前に口に一本指を立てて…。
そんな杏美を見て、夕美子、信玄、頭を数回、コクリ。

「さてと。では…、帰りますか…。あっ。新條さん、途中まで、送ります。」
健之。

夕美子、
「あっ、いやいや…そんな…。」
とは言ったものの、杏美と若。しっかりと口一文字にニッコリと夕美子の顔を見て、
「あ…、ははは…。」
と変顔をして…、
「…ですよね~~。」

杏美、若。
「は~い~~。では…、デスク~。信玄君も一緒なら、まず大丈夫よね~~。新條デスク~~。」

夕美子、
「お気遣い…、痛み入ります。甘えさせて戴きます。」
杏美と若にぺこりと…。

「じゃ…ワコウちゃん。」

和弘、
「えぇ、気を付けて、お帰り下さい。手当、わざわざありがとうございました。」


店の玄関に向かう5人。


夕美子、
「おじちゃん、ありがと。」

洋造、
「おぅ、済んだか、気を付けてな。あっ、矢萩さん。」

健之、
「はい。分かってます。」
洋造にお辞儀をして…。

洋造、
「ありがとな。…怪我させて申し訳ない。けど…、箱入り娘、頼むわ。」

「駅まで、ご一緒させて戴きます。」
「すまねぇ。」

カウンターに入ってきた和弘、
「洋造さん、すみません。」

洋造、
「ん~~何が~~。」

「いきなり飛び出して行って…。」
「けけけ。俺ぁ、言ったはずだぜ~。」

「えっ…???」
「観客席で、観させてもらうってな~~。」

その声に和弘、
「はい…???」

「まぁ~なんだ…。早く、その傷、治さなぁ…。お客さんに見せらんねぇなぁ。」

「はい。」
恐縮する和弘。

そして少し沈黙の後に、カクテルを作りながら、
「ワコウ~。ありがとな。」

和弘、
「はい…???…あっ。えぇ…。いや…。はい。…ども…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




リネン ノースリーブ ワンピース ロング 夏 ウエストリボン ノースリーブワンピース 夏 ロング丈 ワンピース レディース マキシワンピース ストライプワンピース ナチュラル ロングワンピース リネン ワンピース ノースリーブ Aライン 大きいサイズ リボンベルト付き 今コレ


\SUPER SALE限定!クーポンで10%OFF×送料無料!/ベルト付きノースリーブワンピース【11】ワンピース 夏 レディース ベルト付き ノースリーブ ロングワンピース ウエストマーク 上品 ラウンドネック



楽天ブログ




「いやいや…。参ったな…、こりゃ。」

  1. 2018/06/18(月) 05:20:59_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「いやいや…。参ったな…、こりゃ。」
そう言いながら、説明するよりは…と言う感じもあり、
スマホをポケットから取り出し…。家族写真を見せる健之。

そしてその画像に注目する面々。

健之、
「まぁ~。自慢もなにも…ないけどね~~。」

「う~~っわ、かっこいいお父さ~ん。」
若。

「うんうん。それに…お姉さんも綺麗~~。へぇ~。」
杏美。

そして健之の手からスマホをスルリと若。

「ええ、若ちゃん…???」
夕美子。

「いやいや、構わないよ新條さん。別に変な画像はないから…。」
健之。

「ぷっ。変な画像って…???」

そんな夕美子をチラリと見て杏美。そしてそのままスマホの画像を…。
「わっ。この人…、デスクのお母さん…???」

健之、
「あぁ…。」

「…えっ…。でも…、これって…、もしかして…、病室…???」
若。

夕美子、
「…ん…???」

「矢萩デスク…???」
信玄。

「あぁ…。うん。今…ちょっと…、ある病状で…、入院してる。」

その声を聞いた途端に若、いきなり画像をスワイプして、
「ご…、ごめんなさい。…でも、デスクの家族って、カッコ良くって、綺麗なお姉さんとお母さんですね~~。」

健之、
「ま~た、またまたまた。普通だよ~~。」

「だって、お父さんなんて空手、黒帯だし…。」
そして一呼吸置いて若、
「…ん…???…いや…、でも、その割に、お姉さんとお母さんに頭が上がらないって…、デスク…???」
そしてまた一呼吸置いて、
「デスク~~。女性に優しい…とか…。くくく。」

面々の顔を見ながら健之、
「ん…まぁ…。僕と親父が外なら、女性陣は…、家事もう…完璧だから…。」

「ふふ~ん…。な~るほどね~~くく。」
杏美。

「じゃ、じゃあ~。今…、お母さん…入院してて…???」
夕美子。

「家事は万事、姉が切り盛りしてる。こちらもおふくろ同様、完璧。でも…、元々姉は…化粧品会社で働いてたけど…。」
健之。

目を真ん丸くして夕美子、
「け…、化粧品会社…???わお。」

そこで初めて健之、
「あっ。」

口をすぼめて杏美、
「綺麗なはずだわ…。」

若、
「ふ~~ん。」
そして上目遣いで健之を見て…。

「いやいや…、若ちゃんのその目には…どうしようもないねぇ…。」

杏美、
「ふふ…、中々出来た妹って感じでしょ。」

健之、
「かかか。そう…みたいだね~。」
そう言いながら若の頭をコツンと。

若、
「へへへ。」

「僕のおふくろ…。今…、結核で入院してる。某…大学病院で…。」

面々、
「結核…。」

「あぁ…。そして親父は…。清川(きよかわ)建設の…、常務執行役員。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




着こなしの幅を広げるシャツワンピースM/Lサイズ マルチウェイマキシシャツワンピース レディース ガウン 長袖 ウエストリボン ボウタイ ストライプ ギンガムチェック 無地[2018春新作]


リネンマキシシャツ



楽天ブログ




「あら~。なんと…、道理で…。」

  1. 2018/06/17(日) 05:16:49_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
杏美、若、そして信玄、
「僕は~~???」

健之、また…口を捻じ曲げながら…。
若、
「きゃははは。デスク~、またその顔~~。」

杏美、健之のその顔に、そして若に、
「へっ…???デスクって、そんな顔…???」
そして、いきなり、
「ぷっ。くくく。」

夕美子も自然に、鼻に右人差し指を付けて、
「矢萩さ~ん。くくく。」
そして、丁寧にその場に正座して、
「あらためて…、ワコウちゃん、矢萩さん…。ありがと…。…で…???矢萩さん…???」
健之に向かって、少し顔を左に傾けて夕美子。

健之、
「んんん。まぁ~~。あの…。実…は…。僕の父親…、若い頃から…空手を…やってまして。」

その途端、面々、
「すご―――――――っ!!!」

和弘、
「あら~。なんと…、道理で…ははは。」

鼻の上を左人差し指で掻きながら…健之、
「…で、まぁ…、何故か、僕の場合は…。何て…言うか…。母親と姉貴が…。」

「お母さんと…お姉さん…が…???」
夕美子。

「あんたも…父さんみたいに。…って、言うか…、正直、うちって…、母さんと姉さんには…頭…上がらないんで…。」

夕美子、いきなり顔に両手を…、
「うそっ。…かか…、ははは。うそうそ。」

そして杏美も若も、
「うんうん。うそうそ。」

そんな女子を見ながら健之、
「ええ…???え…???なんで…???」

「全然…。」
夕美子、
「…そんな風に…見えない。」

健之、
「はっ…???」

信玄、
「空手か~~。うんうん、それで…、矢萩デスク…???」

「いや…。それでって…。まっ、だから…、僕も…同じように…子供の頃から…。うん。」

夕美子、
「空…手…???」

「え…え…。まっ。でも…、小学校…まででした…けど…。」
少し間を置いて…。
「中学、高校と…剣道で…。大学に…ラグビー。」

「へぇ~~。凄~い、体育会系~~。」
杏美。

若、
「じゃ…、デスクのお父さんって、空手…凄いんでしょ。」

そんな若に、
「う…うん。まぁ…、一応…黒帯…だけど…。」

目を真ん丸くして夕美子、
「すご~~~。」

「因みに…、お父さんって…???」
杏美。

「えっ…???うちの…親父…???」

その健之の声に一同、健之に注目。

またまた鼻の頭を掻きながら、
「いやいや…、そんな…大した…。」
照れながら…。

じっと健之の顔に注目する一同。

「あっ、え…っと…。某…建設…会社の…。うん。人間。」

「建設…会社…???」
またまた注目する面々。

健之、
「あ…、あの~~。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ハイウエストデザインで脚長効果 ナロー タイト ペンシル ミモレ丈 グレン チェック 春【Honeys ハニーズ】ジャンスカ


きれいめにもカジュアルにも!大人が着られるVネック膝下丈ジャンパースカート/ ジャンスカ / ワンピース / レディース スカート ミモレ丈 秋冬 ジャンパースカート サロペット チェック [E1758]【入荷済】



楽天ブログ




「ちょっと…、沁みるかな~~。」

  1. 2018/06/16(土) 05:34:54_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
通路を通ってドアの向こうに入って行く6人。

棚の中から救急箱を取り出して。
「はい、矢萩さんもワコウちゃんも、ちょっと座って。」
もうその頃には既にいつもの夕美子に戻っている。
手際良く健之の処置を始める夕美子。
「ちょっと…、沁みるかな~~。」

健之、
「あつ~~。」

「…って…。…それ…、ちょっと…、大袈裟でしょ。」
可笑しそうに夕美子。

他の面々も…。
「ん~~???」

健之、
「バレ…ましたか…。ははは。」

そして…、和弘の処置をしながら…。
「えっ…???それじゃ~、ワコウちゃんも。矢萩さんも…、お父さんの影響で…、喧嘩…。…って言ったら…、失礼だけど…。強いんだ~~。」

和弘、杏美、若、そして信玄。健之の顔を見て…。
「凄~~い。」

「こら、ワコウちゃん、動かない…。」
夕美子。

和弘、
「あっ、すみません。」

そんな杏美や若、信玄の声を聞いて健之、
「えっ。えっ。…いや…。どうして…???高梨君、君だって、相当なもんだけど…。僕に言わせれば…。」

「いやいやいやいや。とんでもない。」
夕美子から顎を押さえられながら…。
「あの左足の蹴りなんて…。僕…、あんな風に足…、上がりませんよ。」
和弘。

「でも…。あのフットワークから右拳をフェイクで、左拳なんて、素人には出来ないよ。」
そして、ニヤリと和弘の顔を見て、
「多分…、右手は、ああ言う事には、使いたくなかったんだろう…って、思ったりして…。」

そんな健之と和弘の会話を聞きながら、
ふと夕美子の脳裏に過ぎったジョギングの和弘の姿。

夕美子、頭の中で…、
「…ワコウちゃんの、あの姿…、知っているの…、私だけ…なんだ。」

自分の目の前で少しだけ微笑む夕美子の顔を見て、和弘…、
「僕の父さん。確かにお酒は凄かった。農家だったから。しょっちゅう、隣近所の人たちとお酒飲んでて。飲み過ぎて、男同士で、しょっちゅう喧嘩してた。」

杏美、若、そして信玄、健之、
「ふ~~ん。」

「よし、OK~。出来た。」
夕美子。

口をすぼめて和弘、
「ふ~~。ありがとうございます。」
夕美子にぺこりと頭を下げて…。

夕美子、頭を振る。
「ううん…。」

「…父さん…、ボクシングが好きで、自己流で練習していたくらいだから…。僕も、いつの間にか…。」

「凄…。ボクシング…。」
信玄。

「いやいや、…とは言え、結局のところ、僕だって自己流ですから。…でも…、矢萩さんは…???」

面々が健之に注目する。

健之、
「僕は~~~。」

少し間を置いて…。少し照れながら…。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



★★ラウンドネック ニットベスト☆ トップス ノースリーブ ベスト アイレット編み サイドスリット M L Pierrot ピエロ


★ 6/20発送予定!畦編み ノースリーブ ニット FEERICHELU 全5色 【5】




楽天ブログ




「矢萩さん、ワコウちゃん。ありがと。」

  1. 2018/06/15(金) 07:36:18_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
数秒後、
「おじちゃん…、ごめんね…。心配掛けて…。」

そんな夕美子に洋造、
「ふっ。大丈夫か…。」

「うん。」

そして、健之と和弘の顔を見て、また少し目を潤ませて。
「矢萩さん、ワコウちゃん。ありがと。」
そして、
「ほっぺ…大丈夫…???」
グスリとさせながら夕美子、潤ませた目のままで…。

健之、
「えっ???」

和弘も…、
「あっ…???」

ふたりとも、左唇の端に怪我をしている。

健之、
「正直…少しは…。」

和弘、
「はは…、僕も…同じです。」

夕美子、
「ごめんね。迷惑掛けちゃって…。そして…。助けてくれて、ありがと。」


「それに…しても…。」
信玄、
「矢萩デスクも、ワコウさんも…、強ぇ~~。」

洋造、
「ん~~???」

「うんうん。私も見た。」
杏美。
「ふたりとも…。何か…やってたの…???」

「うんうん。凄かった。」
今度は若。

洋造、
「矢萩さん…???ワコウ…???」


「あっ、いや…、それ…ほど…でも…。」
頭を掻きながら健之。

和弘も照れながら…、
「あ…、あ~~。」


周りの客もさっきまで少しざわめいていたが、落ち着いている。

夕美子も少し落ち着いたようで、
「ワコウちゃん…。…矢萩さん…???」

客が、
「すみませ~ん。」
メニューをかざして。

「あっ、はい。ただいま。」
そう言い掛けてその場を離れようとする和弘。

洋造、
「ワコウ…、おめぇ、ここにいな。」
そう言いながら和弘の左肩を撫でて、
「矢萩さんと一緒…、夕美子の傍にいてやんな。」

「えっ…???」

「けけけけ。勘違いすんな。そんな怪我した顔じゃ、お客さん、恐がるだろ。」

その洋造の声に、思わず和弘、変顔。
「えっ…???」

その途端、夕美子、
「ぷっ。」

「えっ…???そんな…怪我してる…???」
和弘。

夕美子、
「うん。さっきより、更に色…濃くなってる。まぁ…、でも…、部分的…、だけど…。」

「うそ、うそ。」
杏美。
「あ~~。ほんとだ~。」

「えっ。えええ。…じゃ、矢萩デスク…???」
そう言いながら、今度は若、夕美子が座っている、椅子の後ろに回って。
「わっ、ほんとだ~~。」

夕美子、椅子から立ち上がり。

客からのオーダーを受けて、カウンターの中に戻っている洋造に、
「おじちゃん、ちょっと中、借りるね。」

カウンターの中で洋造。
「おぅ。…あるとこ…、分かるな。」

夕美子、
「うん。…ワコウちゃん。矢萩さん。…ちょっと来て。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



ニットカーディガン M LL L 3Lワイドリブニットソーカーディガン ryuryu/リュリュ ラナン Ranan 30代 40代 ファッション レディース


ニットソー ロング丈 カーディガン ロングカーディガン カーデ 長袖 ポケット ladies レディス レデイース レディース トップス 羽織りもの 上着 ロングニット ニット ブラック ホワイト M L 膝丈 マキシ 黒 グレー 無地 ボタン Vネック 春 薄手 女性用 gray black



楽天ブログ




健之、和弘、お互いの顔を見ながら…、「くっ。」「ぷっ。」

  1. 2018/06/14(木) 10:37:29_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
右二の腕を痛めて左手で押さえる背の高い男性。
そしてようやく立ち上がる背の低い男性。

「ちっ。なんだってんだい。おぃ。」
背の低い男性に声を掛けて、
「行くぞ。」

右頬を押さえる背の低い男性、
「痛ってぇ~~。なんなんだこいつ。」
後ろに振り返る男性ふたり、
「…ったくよぅ。」

そんなふたりの男性を見ながら健之、左頬の中を舌で、
「痛ってぇ~~。」

和弘も…、左頬を左手で撫でて、
「ふぅ~~。あた~~。」

後ろで見ていた夕美子、目をパチクリさせて…。

そしてその後方、店から出てきた信玄と杏美、そして若、
「えっ…???今…、の…、何…???」

健之、まだ口の中で舌を…。
そして、
「おえ~~。切れた…な…。」

和弘、
「わお。左手…痛って~~。」

そして健之、和弘、お互いの顔を見ながら…、
「くっ。」
「ぷっ。」

和弘、
「矢萩さん…強いっすね~~。ははは。」

健之、
「高梨君~~。や~るね~~。」

「いやいや…、とんでもないっす…よ、あれ…???」

健之、
「ん…???」

そしてふたり共、後ろを振り向いて、同時に、
「新條さん!!!」

茫然としている夕美子。両膝を地面に付けて…。
何やら頬を濡らして…。

健之、
「新條さん…。」

和弘も、
「新條さん…。」

そしてふたり、夕美子の傍まで、
「だい…じょうぶ…???怪我…???」

震える体でゆっくりと…。完全に脚に来ている。両腕をアンバランスに広げて…。

「おっと。」
健之、夕美子の左手を取って、そして右手を、

「わっ。」
と言いながら和弘。

その瞬間、思わず安心したのか夕美子、体を前に…、目を閉じて倒れる…。
それを健之の左肩と和弘の右肩で受け止めて。
いきなり身体の力を失う夕美子。そして、それがホンの数秒。

意識を取り戻す夕美子、
「あっ…。あっ。…ごめんなさい。」
目と鼻を赤くして、鼻水を啜りながら、
「あ…、ありがとう…。」

「脚…、だい…じょうぶ…???」
健之。

夕美子…、
「う…うん。」

けれどもまだ、体に力が入らない。

「新條さん…、お店…。」
和弘。

店の前の3人に近づき、
「デスク…。」
信玄。

「新條…デスク…。」
若。

「夕美子さん…。」
杏美。



店の中に…。

洋造、
「夕美…どした~???」
いきなりカウンターから出て、健之と和弘から夕美子の体を…、
そしてボックス席に。

「とにかく、ここで少し休め。」

夕美子、
「うん…、ありがと、おじちゃん。」
そして和弘からグラスの水を受け取り、それを喉に流し込み。
そして頭を後ろにだらりと…、そして今度は前に…。
「ふぅ…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



超目玉■選べる2丈 ニットソーカーディガン 2type ロング丈 マキシ丈 ミディアム丈 ニット カーデ カーディ カーディガン 春カーデ ニットソー 薄手 羽織 アウター レディース 春 新作 2018


【送料無料】 カーディガン オフィス お仕事 デイリー使いにピッタリ![ロング/ミディアム]選べる2丈☆シアーロングニットソーカーディガン レディース 春バテ [C3108]【入荷済】



楽天ブログ




ベルモンドのドアを開けて…。

  1. 2018/06/13(水) 07:43:01_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
男性が夕美子の腰に腕を回す。

夕美子、
「ちょっ…。ちょっと…、止めて下さい。」

男性、にやりにやりとしながら…。

夕美子、
「止めて、止めて。ちょっ…。誰…、誰か…。信…。」

いきなり夕美子の口を押えて、
「ちょっとだけだよ。ん~~。」

首を振る夕美子。

茫然と立ち尽くす信玄。その瞬間振り向いて…。

そんな信玄の背中を見る夕美子、
「んんん…。」

ベルモンドのドアを開けて、
「助けて!!!!」
金切声を挙げる信玄。

いきなりドアに向く洋造、和弘、健之、杏美に若。

健之、
「どうした!!!」

信玄、
「デスクが…、デスクが…連れてかれる。」

その声を聞いた瞬間、健之、スツールから離れてドアに。

洋造、
「なん…だ…???」

それから和弘もいきなりその場を離れて、
「すみません。」

洋造、
「おぃ、ワコウ~~。」

杏美に若、
「何…、どうしたの…???」


外に出て健之、右左見て。
そして数メートル前の夕美子と、恰幅の良いふたりの男性を見つけて、
「おぃ。何してる…???」

いやがる夕美子を無理やり抱き締めるような姿勢を取っている身長のある男性。

夕美子、
「助けて!!!」

いきなり走ってその男性をとにかく夕美子から離す健之。

男性、
「な~んだてめぇ。」
いきなり男性の右拳が健之の左頬を殴りつける。

そこに駆け付けたのが和弘。
「矢萩さん。新條さん。大丈夫ですか!!!」

男性のパンチにいきなり後ろに転びそうになった健之。

そして傍にいた身長の低い男性。
「おやおや。もう御一方…お出でに…。」

そしていきなり、
「てめぇ~には、用はねぇんだよ。」
と、和弘に殴り掛かる…。

と、思いきや、するりとそれをかわす和弘。

健之、
「ひょ~~。効くね~。」
笑いながら、すかさず男性の左頬に思いっ切りパンチ。

グラリと体をよろけさせる男性、
「チッ。」

背の低い男性、
「ほぅ…。」

和弘、
「新條さん。お店の方に。」

夕美子、
「……。」

健之、
「早く!!!」

背の高い男性、
「て…めぇ…。」
いきなり健之の左頬に右拳がヒット。

和弘、
「矢萩さん。」

健之をチラリと見た瞬間に背の低い男性の右拳が和弘の左頬にヒット。

「ワコウちゃん!!!」
夕美子。

健之、
「早く!!!」

和弘、
「つぅ~~。」

ゆっくりと後ろに下がる夕美子。
それに気付いた和弘、途端に両脚を軽く交互にバウンドさせて、
右拳を素早く背の低い男性の顔面に。
…と思いきやすぐさま素早く引いて左拳で男性の右頬に、
その瞬間バランスを崩して倒れる男性。
それを見て健之、にやりと笑って左足で背の高い男性の右二の腕を思いっ切り。

男性、
「いっ!!!」

それを見ていた夕美子、
「うそ。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




ドレープワイドパンツ 3Lサイズ ブラック【カード払限定/同梱区分C】


サッシュベルト付ドレープワイドパンツ(S 股下50cm〜LL 股下50cm) ベルーナ Belluna 40代 50代 60代 レディース ミセス ファッション 秋 冬



楽天ブログ




「今夜はここで私は…お邪魔~~。」

  1. 2018/06/12(火) 05:42:41_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「でね…。」
楽しそうに由香里との数時間前の再会の事を話し出す夕美子。

その話を聞きながら杏美、
「縁と言うのは…、凄いよね~~。夕美子さん…知ってる…???」

食べて飲んで、少しいつもより気分が良い夕美子、
「うん…???」

「その茂木由香里さん…。棚部真理恵の娘でしょ。MARIE TANABE Marriyellの代表取締役社長の…???」
「うん。そう…だけ…。」

少し考えて…、
「あ――――――――っ。そう言えば…、ソフィア!!!」

その声に杏美、
「ふふ。そう…、ウチ…マリエールのブランドの…、スープル…、クライアントなのよ…。担当してる…。しかも…、数回…。最初は美崎さん。そして五月さんと…。」
上目遣いで思い出しながら…、
「私…。…で、次に今回…。」

「奈賀ちゃんと…。」
健之。

「うんうん。そうそう。」

夕美子、
「そっか~~。うん。お互いに、いい仕事出来ると良いね。さて…と。今夜はここで私は…お邪魔~~。」
バッグから財布を出しながら、
「おじちゃんとワコウちゃんに、報告がてらだったからね~。今週、私が朝食担当で…。」

信玄、
「デスク…、帰っちゃいますか…???」

「けけ。倫ちゃん、元気かい。」
洋造。

「おかげさまで…。姉よりしっかり者です。ははは。」

「とも…ちゃん…???」
和弘、健之。

「夕美子の弟でぃ。」

和弘、健之、
「へぇ~~。」

「あんたはゆっくりと食べてな~。じゃね~~。」

「あ~~。ちょっと…、デスク~。待って下さいよ~。僕が残れるはず…訳ないじゃないですか~~。おじさん、ワコウさん。ご馳走様~~。」
信玄。

洋造、
「あいよ。またな。気ぃつけてな。」

和弘、
「行ってらっしゃい。」



既に歩いている夕美子。
「デスク、待って下さいよ~~。」

そんな信玄に振り向いて、
「ゆっ…。」

少し夕美子の体が揺れた…かな…と、思ったその瞬間、
硬い肩にドン。

その瞬間、
「痛ってぇなぁ~~。どこ見て歩いてん…。」

信玄のわずかに5メートル程前…。
夕美子、
「あっ、すみません…。」

1メートル80センチ以上はある男性。しかもかなりガッチリタイプの男性。
派手だがしっかりしたスーツ。

「ん~~。勝手にぶつかっておきながらその程度かぃ。え~~。」
いきなり夕美子の二の腕を掴みながら…。

夕美子、
「すみません。ごめんなさい。」

男性、
「へぇ~~。こりゃ、ちょいと…。」
そして隣にいる背の低い男性に、
「おぃ。」

その男性もにやりとして、
「えぇ。」

信玄、いきなり顔面蒼白になり、
「えっ、ええええ。ちょっ…。ちょっ。」

男性、
「ちょっと来な。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




ドレープワイドパンツ 3Lサイズ ブラック【カード払限定/同梱区分C】


サッシュベルト付ドレープワイドパンツ(S 股下50cm〜LL 股下50cm) ベルーナ Belluna 40代 50代 60代 レディース ミセス ファッション 秋 冬



楽天ブログ




「新條さん、何だか、嬉しそうですね。」

  1. 2018/06/11(月) 06:52:06_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
店に入って来た顔を見て和弘、笑顔で、
「いらっしゃいませ。」
そしてコクリとお辞儀。

「こんばんは~~。」
そして、口をすぼめながら、
「杏美ちゃ~~ん、いらっしゃ~~い。」
目をパチクリさせながら夕美子。

そんな夕美子に、
「お邪魔してま~~す。」
杏美。そして舌をペロリ。

健之、
「お疲れ様。」
夕美子に向かって。

自然に健之の隣に落ち着く夕美子。
「お疲れ様です。」

「煌は…???」
洋造。

「明日、午前中に福岡で取材、その後、長崎でも取材と撮影が入ってるから、今日はパス。おじちゃんによろしくって。」

そんな夕美子の右隣で健之、数回頷く。

「へっへ~~。忙しい事で。で~~???」
洋造。

「どうでした~~???」
話しの中に割って入る和弘。

健之、
「…ん…???…っと言う事は…。…もしかして…、例の…???」

隣の杏美、
「例の……って…???」

「あっ、あっ。私も聞きたい。」
若。

「それが何と。」
信玄。

その信玄の声に和弘、そして洋造に健之。
「…ん…???」

「デスクの大学時代の同期だったんです。あの茂木由香里と言う方が。」

そんな信玄の話しに和弘、
「えっ!!!」

洋造、
「はっ???」

健之は、
「うそ…。」

杏美、
「茂木…???」


「いや。実際驚いたのが私の方。」
いきなり夕美子。
「だ~~って…。大学時代とは全くの別人と化してたもん。あれって、完璧に反則よね~~。」

「えっ…???…じぁ~~。大学時代の…茂木さん…って…。…って言うか…。大学時代の同期…って。う~~っわ、凄い巡り合わせ。」
和弘。

「うん、うん。いきなり向こうから私の名前言うんだもん。はっ???えっ???はい???…って、なっちゃうよ。」

「うん、うん。」
頷く健之、ビールを飲みながら。

「ねぇ、デスク…、何の話し…???」
健之の右腕を左手でノックするように杏美。

健之、
「ん~~。」

洋造、
「実は…。ついこの間、あるファッションメーカーの客がいてな。どっか、名の通った雑誌社を知りませんか。…ってんでブリリアントを紹介したって訳よ。」

「與門さんに似ていたでしょ。新條さん。」
和弘。

「うん。ビックリするほど。」
信玄。

そんな信玄をチラリと見て、和弘を見て眉だけ上下に動かす夕美子。

「いやいや。けど…、い~~るもんだよね~~。ああ言う過去を持つ人って…。テレビの中の話し…、だけって、思ってたけど。まさか自分の大学時代の同期にいたなんて…。」
夕美子、唇をすぼめながら顔を細かく左右に揺らして…。

「新條さん、何だか、嬉しそうですね。」
和弘。

夕美子を見ながら洋造、
「ん~~???」

「うん。まぁ…ね。やっぱり、自分の知り合いにも、ああ言う人物がいるってなると、嬉しいよ。逆に応援したくなっちゃう。」

そんな夕美子に、
「へぇ~~。そんなに、凄い変貌振りかぃ…???」
洋造。

「うん。だって、自分からそう言うんだもん。」

「へぇ…、その…、茂木さんが…???」
健之。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 花笠音頭


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。



fifth(フィフス)【星玲奈プロデュース】デザインVネックサマーニット


\BEST ITEM!クーポンで10%OFF×送料無料!/ウエストリボンロングスカート【11】スカート ロング ミモレ丈 レディース ウエストリボン ウエストゴム ロングスカート フレアスカート ミモレ丈スカート 春夏 夏





楽天ブログ




若の左耳に、「イケメンね~。」

  1. 2018/06/10(日) 10:37:12_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「こんにちは~~。」
そう言ってベルモンドに入ってきたのが杏美である。
しかも若から手を引かれて。

そして、その後ろに健之。
「小坂さん…、お久し振りです~~。」
杏美。

洋造、
「けけけけ。まっ。随分見ない間に、またまたベッピンさんになっちゃったんじゃないのぉ~杏美ちゃん。旦那さん。その後どう。元気…???」

スツールに身を置きながら、
「はい。お蔭様で…。」
照れながら杏美、
「…と、言っても、ただいま、2週間、中国に出張中~~。」

「おやおや。」

「…で、今日は何故かしら…、うちの編集者、どなたもプライベートで忙しいらしくって…。」
「おやおや…それで…。」

「はい。…で、若に引っ張られて参りしました~と…。…で…。ん…???」
洋造の隣にカウンターに入ってきた男性の顔を見て…。
「小坂さん…???」

洋造、
「あ~こいつか…。うちで面倒を見る事になった、ワコウってんで。よろしく。」

「ワコウ…???」

「ベルモンドの新しい料理見習いの高梨和弘さん。物凄い、料理美味しいのぉ~。」
ニコニコと若。

和弘、
「初めまして。高梨と言います。」

杏美、ペコリとお辞儀して若の左耳に、
「イケメンね~。」
囁く。

若、
「ふふ…。でしょう~~。」
そして…、
「ねね、杏美さんのここも、イケメンで産まれてきて欲しいですよね~~。」

その若の声に、健之、そして洋造と和弘も…、
「えっ…???」

洋造、
「なんとまあ~~。杏美ちゃ~~ん。こりゃこりゃ、おめでたかい~~。」

杏美、いきなり、
「もう~~若~~。」

若、
「へへへへ。」

「へぇ~~。何か…。いや…、って~事は…3ヶ月って~ところか…。」
にこにこしながら洋造。

「はい。3ヶ月目に入りました。」
笑顔で杏美。

「そっか~~。そうだったんだぁ~。全く気付きませんでした…僕は…。」
健之。

「いや…、気付くはずない…かも…。分かったの…つい一昨日だから…。」
照れながら杏美。

「わお。なんとまぁ…。」
「しかも、まだ編集長と若しか知らないから。」

「かかか。…って~事は…若ちゃん、みんなに可愛がられてるね~~。」
笑いながら洋造。

にこにこしながら若、
「はい。」

そして注文したメニューを食べて杏美、
「ん~~。スゴッ。本当に美味しい~。へぇ~~。」

若、
「でしょう~~。」


そして数分後には若のメニュー、そして最後に健之にメニュー。

「わぁ。デスク…、小食~~。」
思わず杏美。

健之、
「ははは。また…説明しなきゃ…。」

そしてまたドアが開く。

洋造、
「おぅ。どうだった~~???」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 海をこえて


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




キャバチュニック レディース チュニック トップス Rvate レースアップ サマーニット ノースリーブ ニットトップス あす楽


ノースリーブサマーニットニット レディース サマーニット ノースリーブ トップス 夏 レイヤード ラウンドネック ハイネック インナー



楽天ブログ




「Ms floral(ミズ・フローラル)」

  1. 2018/06/09(土) 07:05:37_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5年と言う歳月の中で由香里は、ヒサコから紹介されてある男性と結婚している。
ヒサコの理解者のひとり、茂木悠宇(もてぎゆう)パタンナーである。
そして、ニューヨークで立ち上げたファッションメーカー、「セントラル・ムード」立ち上げ早々、
ニューヨーカーから絶大なる支持を得る事になる。
その中でもブランドとなる、「セントラル・ムード」は、販売からわずか一週間で完売になる有様。

そしていつしかその人気が海外を渡り、
遂に6年目にして日本上陸となった訳である。その際にアメリカから日本に戻り、
ファッションメーカー、「セントラル・ムード」として立ち上げた会社が、
麻布セントラル・ムードである。

ニューヨークでは話題沸騰となったブランドの、「セントラル・ムード」と共に、
日本では、日本人に受け入れやすいファッションをとイメージされたブランドが、
「Ms floral(ミズ・フローラル)」
このブランドでモデル、そしてファッションデザイナーとして、
またマーケティングまでも熟すとされる人物が、ヒサコの娘でもある、ルイ・マーラ(麻亜羅瑠偉)である。




「まさか…。そんな過去があったなんて…。いやはや…凄い。」
夕美子。

「ふふ~ん。」
由香里。

「あ…の…、由香里がね~~。」
「…って、まだ言うか、夕美子~~。」

「かかか。ごめん、ごめん。」
「な~んだか…凄い縁だよね~~。與門からMs floral(ミズ・フローラル)って聞いてピンと来なかったけど…。たちまち完売なんて凄いよね~~。」

「でも…、まだまだ日本ではこれから。まだ産声挙げたばっかりだし。…確かに、ネットでは注目は…集めていると思うけど…。それだけじゃ~~。」
「そうだよね~~。ふと、目に留まる場所に、そのものがあると言うイメージも大切だもんね~~。」

「だから…。ルイと一緒に探してたの。」
「なんだか、その…、ヒサコ・マーラにも…会いたくなってきたよね~。ねっ、信玄。」

信玄、
「……。」

「あんた。何さっきからデレーっとしてんのよ。」

その夕美子の声に信玄、
「はい!!!…あっ。…すみません。」

由香里、
「くくく。面白~い、上杉君だっけ…。今後とも、よろしく。」

「あ~~。はい。こちらこそ。よろしくお願いします。」
上ずりがちの声で信玄。

「かっかっかっか。ほら、シャキッとして、信玄。」
信玄の背中をドンと叩く夕美子。

「はい~~。」

くすくすと笑う由香里。
「じゃ、頼むよ夕美子~~。」

「うん。分かった。任せて。」





ベルモンドのドアが開いて、洋造、
「はい。いらっしゃ…。おや…。こりゃこりゃ、またまた…。」








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 きっと大丈夫


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




●SALE!!セール●袖フリルVネックTシャツ ryuryu/リュリュ 30代 40代 ファッション レディース アウトレット 在庫処分【SALE_180525】


【トップス Vネック Tシャツ きれいめ オフィス カットソー レディース 半袖 白 黒 綿 フリルスリーブ 袖フリル 無地 着回し フリル 春 夏 ノアル tops noahl 2018 basic sps ol】スリーブデザイントップス



楽天ブログ




アメリカ行き。

  1. 2018/06/08(金) 06:51:03_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
室内では夕美子と由香里、そして信玄の話が進められている。
実はこの茂木由香里と言う女性。
母親や姉と言うファッションの申し子のような人物とは全く異端な女性であり、
子供の頃から漫画が好きな女性。
ある意味、勉強はほったらかし。世間体もあり、何とか大学には入ったが、
それでも自分の目指すものが見つからず紆余曲折の日々。
しかも子供の頃から殆どその童顔は変らず、大学に入ったからと言っても、
殆どその容姿は変らず…。
どちらかと言えば、周囲からも煙たがれると言う存在。

ただ、子供の頃から好きだった漫画が、何かしら変化して由香里の描く絵だけは、
殆ど評価されないではあったが、観る人から言わせれば天性的なものがあったと言う。

大学時代もあまり見栄えのない性格、
そんな由香里にアメリカ行きを提案したのが母親の真理恵だった。

真理恵の大学時代の友人がアメリカのニューヨークに在住。
自分の知らない世界を身に付けるのも人生経験と言う訳で、
自分を見つけられないままの由香里も、その提案に乗ってそのまま渡米。

けれども、最初の2年は日本と同じように全く変わりなし。
ただ、わずかなりに母親の友人が営むお店に自分の絵を飾ったのが切っ掛けで、
お客様に少しずつ気に入られるようになる。
そしていつしか、その絵たちがある人物の目に留まった。

ニューヨークで急速に人気が出始めたファッションデザイナーの、
「ヒサコ・マーラ(麻亜羅比沙子)」である。
この頃は、まだある企業に在籍していたファッションデザイナーではあったが…。
自分の目指すブランドを立ち上げたいと言う野心が彼女にはあった。
そんなヒサコに必要だったのが、自分のイメージに合うスタッフ。

店で見たその絵にヒサコは惚れ込み、その作者を店に尋ねたと言う。
そして、そのヒサコのお声に掛かったのが由香里である。
この時点では全く見栄えのない由香里。
けれどもそんな由香里を見た瞬間にヒサコは由香里を思いっ切り抱きしめたと言う。

ヒサコ、
「ブラボ――――――ッ!!!!」

それが今の麻布セントラル・ムードに結びついている。


全く見栄えのない由香里も、それからは変貌。
童顔の顔もヒサコのお蔭でモデルにでもなれる容姿となり、
ファッションに対してもヒサコに指導を受けて。
そしていつしか自分の好きな絵がファッションで受け入れられるようになっていった。


5年の歳月が流れていた。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 3センチの中央線


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




今季の注目アイテム 綿100% ベイカーパンツ 無地 ウエストゴム 【Honeys ハニーズ】ベイカーテーパードパンツ


MACPHEE(マカフィー)TOMORROWLAND(トゥモローランド)ベイカーテーパードパンツ/カーキ



楽天ブログ




江ノ島夏のバーベキュー予約受付開始~~。

  1. 2018/06/08(金) 06:21:01_
  2. 地域、名所、旅行、国内外情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 今年も6月がスタートして、そろそろアウトドアも楽しくなってきました。
…で、これからの季節にアウトドアで楽しいのが、何と言っても、
「BBQ」そう、バーベキューですよね~~。

しかも…どうせなら良い場所でやりたい。なんて事もあります。
でも、中々簡単に良いところでの、「BBQ」出来る場所がないって場合も…、
あるんですよね~~。

そんな中で、今回のリリースですよ~~。
江ノ島夏のバーベキュー予約受付開始~。
「ちょっとヨットビーチマリーナ江の島」と言う施設があるんですよね~。

昨今の…禁止区域があったりと、そして道具の持ち運びや準備と言う…。
ある意味では、「BBQ」には、ちょっとマイナスな側面をぜ~んぶ取り払っちゃっての、
BBQの施設がある。

そして…嬉しいではありりませんか~。
準備も何もなし。全て整っている状態での、ゲストは来店するだけで、
しっかりとBBQが楽しめると言う画期的~~。

…で、海が見えるし、屋外でも屋根付きと言う事で家から、
今年は、嬉しや、楽しやのBBQが…しっかりと江の島でも出来ちゃう~と言う事で…。


さぁさ、今から是非~、「湘南でバーベキュー」予約しちゃいましょうか~~。。。


biid(ビード)が運営するちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島夏のバーベキュー予約受付を開始。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2018 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30