FC2ブログ

“THMIS mama”~お洒落の小部屋~

読んで楽しや、見て楽しい♪お洒落の小部屋が綴る、ユーモアたっぷりに、笑って過ごせる「生活応援情報」ダイエット・エステ・ファッション・社会・ビジネスと、トコトン学んで笑って“ハイ!スマイル~~♪

可羊子、「凄い、みんなの…この表情。」

  1. 2019/06/23(日) 08:39:42_
  2. 友達、恋人、恋愛、結婚、家庭生活
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 その瞬間、可羊子、
「凄い、みんなの…この表情。」
鼻の下を伸ばしながら。

摩耶、
「な~~んでよ~~。」

菜穂子、
「そうだよ、そうだよ。」

可南子、目をパチクリさせて頭を傾げて、
「は…れ…???なんで…???」

弓香、
「…まぁ…。筧…さん…。嫌い…では…ないんだけど…。」
変顔で彩萌の右肩を左二の腕で押しながら、
「彩萌…。」

彩萌、
「ん…。ん~~。私に…言われても…困るん…だけど…。ねぇ…。史~~。」

可南子、
「はい…???」

園加、愛寿美、芽久。こちらも…変顔で…。

園加、
「ま~~ね~~。矢っ島~~。」

愛寿美、
「分かるでしょう~~。みんなの気持ち~~。」

可南子、
「はい…???」

彩萌、
「紗枝からも…怒られるよ~可南子~~。」

「い…いや…。なんで…???」

「なんでって…言われても…、困るんだけど~。」
茉優。
「見てる…とさ…。なんか、グィグィと…、引っ張るって言うか…。いや…。筧さん…???海野を…。」

可南子、
「うんうん。分かる分かる。凄いよ筧さん。」

弓香、
「海野君って…。そういう…タイプ…、どうかな…???…って…。」

その瞬間、可南子、
「あっ。」

「何々…。何か、思い当たるとか…???」
摩耶。

可南子、ふと思い出した、あの時の駅での航の言葉。
航、
「…でも、ああいぅ…タイプって、いるんだなぁ~~。」


「可南子は…。どうなのよ、海野の事…???」
菜穂子。

いきなり菜穂子から振られて、可南子、
「えっ…。いや…。えぇぇぇぇ。なんで…私…???いやいやいやいや。私なんて…、無理無理無理。璃子さんも海野君の事、好きだし。筧さんも…。」

彩萌、
「へっ…???璃子さんって、あの…ライズの…。横内さん…???」

可南子、
「うん。この前のステージの時、璃子さん、ステージの袖で最後まで…。その時、海野君、抱き締めて、大好きだよ~~って…。」

弓香、
「わお。」


試合は6回の裏、1点も取れないまま、2アウト。

信一、憲央、
「さすがに…、堅いよな~~多岐川…。」
「うん。なかなか…どうして…。ホーム、踏ませてくれねぇよな~~。」

「…っと~~。チェンジだ。変わらず、2点ビハインド~~。」
「仕方ない、次の裏…、期待しよ。」

史江、
「4対2…の、まんま…か…。」

駆け足でポジションに散らばる野球部員たち。マウンドでの投球練習。

キャッチャーからボールを受け取る航を見て可南子、いきなりドキン。
「わっ!!!」

航がマウンド上で自分を見たような気がしたのだった。
可南子、頭の中で…。そして照れながら、
「…な、事は…。ないよね~~。」

「さて。7回の表。なんとか凌いでくれ~~~。」
憲央。

一人目のバッター。カウント、ツーツーで打ち上げたファールボール、
ファーストがキャッチしてワンナウト。続く二人目のバッター。

「こいつがやばい。さっきタイムリーで2点、やられたんだよな~~。」
信一。

「さ~~て。どう出る~~海野~~。」
憲央。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》


庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で


※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。




トレーナー レディース スウェット トップス ジャージ b5


肩あきフリルデザインTOPS◆レディース スウェットトップス 肩あき 胸元 フリル オフホワイト/ベージュ



楽天ブログ



スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 

生活応援 ♪♪

マクロミルへ登録

ブログ内検索

プロフィール

“THMIS”mama

Author:“THMIS”mama
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

アクセス

ブロとも申請フォーム

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -